あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ランチで食べる量を減らす3つのメリット


f:id:you_key69:20180605215442j:plain


最近、ランチで食べる量を減らしたことで、3つのメリットを感じたのでシェアします。


(1)ダイエット効果

とくに糖質を減らすと食事制限になっていいです。


(2)コスト節約

当たり前ですが食べる量を減らす=食材の調達量も減るので、多少コストも下がります。


(3)午後眠くならない

これがいちばん云いたかったことです。


ランチを抑えるのは、睡魔防止のためです。


5月から毎朝4時起きの生活がはじまったせいで、昼食べた後、ものすごい睡魔に襲われることが多くなりました。


そこで、妻に(愛妻弁当の)白米の量をすこし減らしてもらったところ、これが奏功して午後の集中力が上がるようになった気がするのです。


仕事もはかどるし、健康も維持できて、節約効果もあるなんて、一石三鳥じゃないでしょうか?



あっぷりへんしょん ~量を減らした分、ゆっくり食べましょう~


量が減るので食べる時間も早くなりますが、その分ゆっくりたくさん噛んで消化しやすくすることをオススメします。


そうすることで血液が胃に回ることを抑え、アタマが空っぽになりにくい状態を維持することができます。


何より消化しやすいことでカラダへの負担も減りますしね。


早起きのせいで昼過ぎにどうしても眠くなるという方は、ぜひお試しあれ。