あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

バトル曲万歳!FF × 吹奏楽の『BRA★BRA 2018』愛知公演に行ってきました


f:id:you_key69:20180502211353j:plain


今年も行ってまいりました、FINAL FANTASY meets 吹奏楽『BRA★BRA 2018』


告知したとおり、今回はFF7しばり


FF7はやっぱりバトル曲がカッコいい、というかオーケストラに向いています。


植松氏もゲーム音楽のターニングポイントになった作品とおっしゃっていましたが、プレステになった分、音源の幅が一気にひろがりました。


より生音に近く ── を意識されたのか、バトル曲の構成やリズムパターンがFF6までのそれとは大幅にかわりました。


そこが今回、如実に表れていたようにおもいます。


BRAVO!


第一部の後半に演奏されたバトル曲メドレーはもっと尺を使ってもよかったとおもうくらい良かったです。


残念ながらCD音源には収録されてないようですが。


そして、第二部のラスト。


クライマックスに向かうかのように3曲連続でバトル曲の応酬。


たまりませんでした。


植松氏はFF8しばりをほのめかしていましたが、個人的には“バトルしばり”でもいいんじゃないかとおもってます。


演者が大変かもしれませんが…


FF6以前とFF7以降のバトル曲の違いなんかが感じとれて面白そうですが、いかがでしょう?




あっぷりへんしょん ~やっぱ生音はいい~


個人的な感想としては、前回のFF5のテーマソングにかないませんでしたが、FF7しばりでもじゅうぶん鳥肌立ちまくれました。


あの生音を訊いたときの鳥肌ってなんなんでしょうね。


独特の感動があります。


来年の公演については今回ふれられませんでしたが、きっとやってくれることでしょう!


また、行きたい。


そして、FF meets 吹奏楽、僭越ながらぼくもつくってみたい。


そう、今年の抱負は「音楽」だったんです、そういえば。