あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

アイロンビーズでポケモングッズを作る

ゲームをやったことがないくせに、子どもがポケモンにハマっている。


最近の日課といえば、私が息子の指定するポケモンの絵を描き、息子が色を塗る ── ということの繰り返しだ。


親としてそんな受け身でいいのだろうか。


ここはしっかりと主体的に行動したい。


f:id:you_key69:20180411231134j:plain

▲かつては151匹だったはずなのに、今や802+αということにビビる



アイロンビーズをひっぱり出す


f:id:you_key69:20180411231121j:plain


ということで、肥やしになっていたアイロンビーズをひっぱり出してきて、生活に役立つポケモングッズを作っていきたいと思う。


これでも20数年前(赤・緑の時代)は151匹集めたポケモンマスターである。


以前から申し上げているとおり、『スーパーマリオ3』『ロックマン』に続いて、ポケモンのドット絵は個人的に好きな部類に入る。


よってポケモンには何ら抵抗はない。


久しくポケモン界に戻るきっかけがなく、敬遠していたが、今こそ再びそのドアをノックする時なのだ ──


ということで、まずは図案から描いてみた。


f:id:you_key69:20180411231009j:plain


子どもがポケモントレーナーになりきるための必須アイテムモンスターボールである。


f:id:you_key69:20180411231040j:plain

これを、だいぶ前に買い足してきて未開封だったアイロンビーズとともに作っていくことにします。


(続く)