あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【シューズ探訪⑥】asicsシューズ(イエロー系)のスペックを比較する


さて、現状把握をした結果、揺らいでしまっているランニングシューズ探訪ですが、次は外的なマーケットを把握して、最適なプロダクトを選定したい ──


なんか遠回しな表現になってしまいましたが、要はasicsシューズのラインナップを、重さ別・レベル別に一覧化してみようとおもいます。


あと、あくまでデザインがイエロー系であることが前提となっているので、ご了承願います。



asics(イエロー系)ランニングシューズ一覧


f:id:you_key69:20180305210915j:plain


今回は軽量なシューズを求めているので、重い順に並べています。


見出しのEASY・ROAD・FASTasicsがカテゴライズしているランナーのレベルです。


記載しているg(グラム)表記は片足26~27cmの目安。


タイムは参考値です。



EASY

まずは初心者、ジョギング、マラソン完走目的の方向けのラインナップです。



ゲルカヤノ

f:id:you_key69:20180305205835j:plain

asicsの代表格。初心者向きで長距離ランを豊富なクッションでサポート。

・355g

・サブ4

・クッション性:中



ゲルニンバス

f:id:you_key69:20180305205905j:plain

カヤノと同じくasicsを代表するシューズ。フルマラソン完走をアシスト。

・334g

・サブ4

・クッション性:大



GT2000 New york 6

f:id:you_key69:20180305205936j:plain

初心者から中級者まで幅広いランナーに対応したシューズ。クッション性を抑える代わりに軽量化を図ってます。

・315g

・サブ5

・クッション性:小



ROAD

フルマラソンのサブ4(4時間以内)を目指す人向けのラインナップを紹介します。



DSトレーナー

f:id:you_key69:20180305210010j:plain

セパレートソール。歩幅の広いストライド走法向き。

・245g

・サブ4



ゲルフェザーグライド

f:id:you_key69:20180305210035j:plain

一般的なセパレート型のソールに対し、フラット型なのが特徴。歩幅の短いピッチ走法やミッドフット着地向き。

・240g

・サブ4


FAST

そして最後にフルマラソン、サブ3を目指すエリートランナー向けです。



ターサージール

f:id:you_key69:20180305210113j:plain

軽量だけど反発性の高いソールとアーチサポートを搭載。

・165g

・サブ3



ソーティマジック

f:id:you_key69:20180305210157j:plain

ターサージールよりもさらに薄く小さくスリムにまとまったシューズ。

・158g

・サブ2.5



あっぷりへんしょん ~イエロー好きにはたまらない比較表~


何度も云いますが、今回の比較対象はイエロー系が前提です。


たとえばコスパが高くてもデザインの観点からゲルアンフィニ(195g)やライトレーサー(210g)等は除外せざるを得ませんでした。


なので、上記の比較結果はあくまでイエロー好きの方にのみ参考になるでしょう。


それ以外の方におかれましては、重さ順にソートされたわかりやすいサイトもあるので、ご参照ください。


https://retu27.com/runshoes_li.html?ma=asics


当記事も執筆にあたってだいぶ参考にさせていただきました。


この場を借りて御礼申し上げます。