あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【シューズ探訪③】なぜランニングシューズは2足持っておくといいか?


新たなランニングシューズを探しています。


週末に長距離をゆっくり走る(LSD)のと、平日に短い距離をダッシュするのとでは、向いているシューズは違うようです。


長くゆっくりならクッション性を重視し、短く速くなら軽さを重視。


前者はすでにリーボックので事足りているので、後者のスピード重視型シューズを追加したいとおもいます。


スピード重視なので、ソールが薄く軽いやつを ──


と、前回お話したようにいま物色している段階ではありますが、そもそもシューズが2足あると、何かと便利なんじゃないかと思い至ったのでここに書き留めておきます。



(1)雨対策


f:id:you_key69:20180301230012j:plain


最近だと雨や雪の日に走った翌日はシューズが乾ききらなかったがために走るのを断念するなんてことがありました。


そうなってもいいように予備としてももう一足“使える”シューズがあるといいです。



(2)洗いがえ

日頃お世話になってるシューズは定期的に洗ってあげたい。


でも一度洗うと、雨の日同様に乾くまで履けなくなってしまいます。


なので、(1)の理由と同じく予備が役に立つのです。



(3)使い分け

これが理想の活用法です。


スピードや距離、練習用・レース用というような使い分けができるといいです。


軽いシューズを履きすぎて、足を痛めないように注意したいですね。




(続く)