あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

リーボック好きが、あえてリーボックではないランニングギアを紹介します

昨日、リーボック愛を語りました


僕が愛用しているリーボックのランニングギアを紹介しました。


ただ、改めて自分の愛用品を棚卸してみると、リーボック製ではないグッズもいくつか使っていることに気づかされます。


このリーボック好きの僕が他社製品をつかうということは、それはすなわち、Reebokブランドを凌ぐほどの魅力があるからなんじゃないだろうか ──


ということで、今回はノン・リーボックの逸品たちを紹介したいと思います。



ランニングパンツ


いつしかご紹介しましたnumberのマルチポケットパンツ


これはReebokのランニングパンツがいくらオシャレでも、機能性で優位に立つことはできません。


今やコレ無しではマラソンはおろか、LSDも考えられません。



ソックス


ソックスは消耗品なので、ふだんの短距離には500円~1000円くらいの価格帯を、LSDには2000円前後のガチものを履いています。


f:id:you_key69:20180217234413j:plain

が、今のとこ、このCROSSPROのソックスが最強だと思ってます。


アーチサポートと、滑り止め、2つとも欲しい機能が備わってる優れものなのです。



グローブ


f:id:you_key69:20180217235754j:plain


これも過去に紹介しましたが、VATERのドラムグローブです。


そもそもランニング用ではないことがポイントです。


ランニング用のグローブをいくつか試着してみましたが、温かすぎるのです。


汗かきの僕は走り出すとアッという間に蒸れてしまうとおもうので、薄くて通気性の高い、ドラムグローブくらいがちょうど良いのです。


装着したままスマホも操作できるというのは副次的にですが、メリットでした。



インナーウェア


同じく過去にご紹介しましたが、VISION QUESTのインナー(ノースリーブ)です。


Reebok製のインナーも持ってますが、このVQの方が速乾性に優れていて、徳に夏場は愛用しています。


このインナーのおかげで夏のランニングは乗り切れたと云っても過言ではありません。



あっぷりへんしょん ~脱Reebokこそ真価を発揮するとき~


リーボックは僕にとって「ブランド」です。


リーボックのデザインに自己を投影できるし、リーボックの理念に共感できる。


リーボックなら安心。信頼できる。


リーボックでライフスタイルを彩りたい。


そんな想いを揺るがす新興ブランドは本当に優れたブランドなんだと思います。


食わず嫌いせず、良いモノは積極的に採り入れていきたいですね。