あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

愛を込めて!リーボック(Reebok)が優れていると思う理由を語ります


f:id:you_key69:20180216235436j:plain


幾度となく云ってますが、ぼくはリーボックReebokが好きです。



ランニンググッズはほとんどリーボックで揃えています。


その理由についてあまり語ることがなかったので、今回、大々的にリーボック愛を語っちゃおうとおもいます。


ついでに僕のランニンググッズも、すこしだけ紹介しますよー



(1)ロゴ


まず、ロゴがかっこいいです。


f:id:you_key69:20180216235449j:plain

リーボック デルタ ロゴ



なんか、三角形のロゴって惹かれるんですよね。


三本柱というか3拍子というか文殊の知恵というか。


少数精鋭で安定しているイメージがあるんです。


それがブランド名と一体になって、シンプルでスタリッシュかつスマートなシンボルになってるの思うのです。



(2)沿革


f:id:you_key69:20180216235931j:plain


ぼくが初めてリーボックに出逢ったのは、もう25年くらい前。


小3の頃でした。


デザインがかっこ良かったのも覚えていますが、スニーカーを履いたときのフィット感が良くて一発で気に入ったのです。


たしかその時、妹もリーボックのスニーカーを買ったとおもいます。


イギリス好きのわが家は、英国生まれというのも後押ししたかもしれません。


リーボックは1900年、イギリス発祥のメーカーですでに100年を越える歴史を築いています。


2005年にアディダスの傘下に入りましたが、同じくらいの時期にイギリス留学したとき、スポーツショップには日本と比較にならないほどリーボック製品がならんでいました。


さすが母国。


ちなみにリーボックReebok)は、サバンナを駆ける草食動物「ガゼル」を現地(アフリカ)で呼ぶときの呼び名だそうです。


その俊敏さのイメージもまたいいですね(ベタ褒め)。



(3)デザイン


f:id:you_key69:20180217000902j:plain


あと何と云っても、製品デザインが好きです。


決して派手すぎず主張しない、けれどグラフィカルで印象的なデザインの多いリーボックの製品。


個人的にモノクロ、イエロー、カモフラ柄を身につけるのが好きですが、そこに嗜好がピタッとフィットしたんだとおもいます。


今や、

・スニーカー
・ウェア(半袖)
・インナー(半袖)
・インナー(長袖)
・タイツ
・スパッツ
・ジャージ(下)

リーボックを愛用中です。


お気に入りのウェアを揃えると走るモチベーションが上がりますね。



リーボックの愛用品


いい機会なので、すこしばかり僕のリーボックの愛用品を紹介しましょう。


・スニーカー

f:id:you_key69:20180217001116j:plain


・ウェア(半袖)

f:id:you_key69:20180217000040j:plain


・インナー(長袖)

f:id:you_key69:20180217000118j:plain


・インナー(半袖)

f:id:you_key69:20180217000054j:plain


・スパッツ

f:id:you_key69:20180217000147j:plain


・タイツ

f:id:you_key69:20180217000201j:plain


・ジャージ(下)

f:id:you_key69:20180217000454j:plain


どうでしょう。


かっこ良くないですか?


少しでもリーボックの良さが伝われば幸いです。


あっぷりへんしょん ~なかなか品揃えが充実している店舗にめぐり逢えない~


イギリスではかなりの市民権を得ているリーボックですが、日本ではそんなに売り場が拡充されていない印象をうけます。


アウトレットの品揃えが充実していたジャズドリーム長島Reebokストアも閉店してしまいました。


それからいろんなReebokストアを探訪していますが、なかなか「これぞ」という店舗にめぐり逢えていません。


もっとリーボック製品がみんなの目に触れて、認められ、リーボック社が潤う日が来ることを願ってやみません。