あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

コロナビールにあしらわれたアノ生き物は何か?


f:id:you_key69:20180214234512j:plain


コロナビールというビールがある。


メキシコ生まれのさわやかなビールだ。


なんかライムを指して飲むらしい。


何故かは、わからん。


なぜなら、ぼくはビールが飲めないからだ(自慢)!!



気になるラベルデザイン

f:id:you_key69:20180215000046j:plain


そんなビールが苦手なぼくでさえ、コロナビールには“気になること”がある。


それは、コロナビールのラベルにあしらわれている“謎の生き物”について。


f:id:you_key69:20180215000728j:plain

何これ、カメレオン?


息子はロンギスクアマだ!というが…


f:id:you_key69:20180215000620j:plain

川崎悟司・画


そんなマニアックな生物を採用するだろうか?


息子「じゃあキュネオサウルスだ」


私「何それ、知らない…」


f:id:you_key69:20180215000642j:plain

川崎悟司・画


じゃあ本当は何なのか、調べてみよう。



コロナとは?


その根拠をたどるにあたり、まずは「コロナ」について説明しておきたい。


まず、コロナ(corona)というのは、現地語(スペイン語)では「王冠」(crown)のことをさす。


f:id:you_key69:20180214234731j:plain


だからデザインにも「王冠」がしつらえてある。


ほら、皆既日食のときに太陽のまわりに漏れる光散乱(冠光)。


あれも、コロナという。


f:id:you_key69:20180214234816j:plain

参考


たしかに神々しい冠に見えなくもない。


ここまでは納得である。


きっとコロナビールの象徴は王冠なんだろう。


ただ、そんな横にロンギスクアマやキュネオサウルスなんてレイアウトするとは思えない。


ぼくはきっと権威の象徴なんだとおもう。



権威の象徴


かなり時間をかけてGoogle先生に尋ねて探しまわったが、日本語のサイトではまったく情報がつかめなかったので、英語で調べた。


すると有力な情報にたどりつく。


現在はすでにみつからないため、真偽は定かではないが、過去にコロナビールの公式サイト上で“Terms & Conditions”(ご利用規約のページに“Crown and Griffins Design”(王冠とグリフィンのデザイン)という説明があったという。


グリフィン。または、グリフォン


神話に出てくるライオンと鷲が融合した空想上の生き物だ。


f:id:you_key69:20180214235128j:plain

参考



鷲の翼と上半身ライオンの下半身をもつ。


お気づきだろうか?


百獣の王鳥類の頂点である。


すなわち、王家の象徴である、ということだ ──


グリフォンは、まさにコロナ(王冠)を護衛するのにふさわしい動物なのだ。


ということで、コロナビールのラベルにあしらわれた生き物は「グリフォン」と結論づけたい。



あっぷりへんしょん ~貢ぎ物としてのコロナビール


順序がおかしくなってしまったが、そもそもコロナビールが何故わが家にあるのかというと、妻の大好物だからである。


週8で呑むくらい好きなのだ。


それを知る友人・知人はわが家に訪れる際、貢ぎ物として献上していただくことがある。


f:id:you_key69:20180214235307j:plain

▲これは、先週末D太郎がケースで納品してきたもの(すでに8本なくなっている…)


彼はこれで夜通しでゲームやり放題の許可を得た。


秀吉さながらの調略である。


f:id:you_key69:20180214235542j:plain

おかげで久々のマリオカートスーファミ版)は、めちゃくちゃ燃えた。


f:id:you_key69:20180214235554j:plain

スーファミミニのやつです



たのしかったー


ありがとう、D太郎。


ありがとう、コロナビール