あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

『池井戸潤2』

池井戸潤原作のTVドラマ花咲舞が黙ってないと小説『ロスジェネの逆襲』について、すこし。



花咲舞が黙ってない


先日リサーチした通り、『花咲舞が黙ってない』を観はじめました。

花咲舞が黙ってない DVD-BOX

花咲舞が黙ってない DVD-BOX

一話完結型で、毎回しめくくりが気持ちいいです。


今まで観てきたTBS系日曜劇場の“半沢直樹チーム”がつくる「モヤっと感」はそれはそれで盛り上がりましたが、局も製作スタッフも音楽もまったく違うからか、「スカッと感」がすごいです。


いざという時に“お言葉をお返し”できるといいけど、そもそもあんなに機転の利いた正論が思いつきません。


「それは慣例ではなく、惰性ではないでしょうか ──」



ロスジェネの逆襲

小説、半沢直樹シリーズの第三巻。


半沢が命じられた出向先の東京セントラル証券が舞台です。


彼のキレっぷりは相変わらずですが、今回は部下(ロスジェネ世代)もなかなかの機転の利く子です。


次第に解き明かされていく謎、そしていつもクライマックスに向けて掛けあがっていくスリルがたまらんですね。


「戦え、森山」


寝る間も惜しんで読んでしまいます。



あっぷりへんしょん ~続編も期待~


花咲舞はシーズン2(2015年版)もあるみたいですし、ロスジェネの逆襲の次には銀翼のイカロスも控えています。

銀翼のイカロス (文春文庫)

銀翼のイカロス (文春文庫)

しばらくの間は池井戸ロスから免れられそうです。