あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

今こそ聴きたい!日本の至宝「Mr.Children」

ぼくの音楽ライフを語るうえで、Mr.Childrenミスチル)は切ってもきれない縁にある。


はじめて買ったCDはミスチルの『名もなき詩だったし、ギターをはじめたきっかけは『花 ~memento mori~』だった。


1983年生れのぼくにとっては『名もなき詩』(1996年)がまさに青春ドンピシャの世代なのである。


けど、そのまま時代はビジュアル系全盛期に突入し、その流れでぼくはHM/HRの世界をさまようことになり、10代後半以降はJ-POPと疎遠な関係になっていった。


ふりかえると、最後に買ったミスチルのシングルは『終わりなき旅』(1999年)。


それからミスチルとは20年ちかく距離をおいて生活をいとなんでいたことになる。


このままミスチルとの関係はうすれ、気をぬけば思い出すことさえなくなってしまうのか。


しかし、ラブストーリーは突然おとずれる。


先日、妻の兄(つまり義兄)とBOOK・OFFを徘徊していたときに、J-POPの棚から2枚のアルバムがぼくを呼ぶ声がしたのだ。


この2枚が。


f:id:you_key69:20171102223146j:plain

▲MICRO / MACRO



そのときは直感的な体験だったが、今おもえばセレンディピディとはこのことだったんじゃないか。


帰ってプレイヤーにかけてみると


箒星HANABI、くるみ、Sign、しるし、youthful days、エソラ…


怒濤のメロディ、歌詞の応酬である。


何がすごいって、この20年ちかくもの間、一切おとろえることのないそのクオリティと桜井和寿氏の才能が、とにかくすごいのである。


ぼくの中では、


TOMMPROW NEVER NOWS、シーソーゲーム、名もなき詩


あたりの時代が、ミスチルが隆盛をきわめた時期だと思っていた。


でも、ちがった。


彼らはあのクオリティを維持しつづけ、ファンを一層拡大して成長していた。


いや、ぼくが「成長」とかいうこと自体、おこがましいくらい。


それからぼくらは20年間の空白を埋めるかのように愛し合った。


毎晩、毎朝。


なんなら、今や妻のほうがハマっている。


おかげでもう家族全員で『エソラ』を歌えるほどに。


もし、ミスチルから離れて久しい諸兄諸姉がいらっしゃったら、これを機にきいてみてほしい。


彼らは日本の宝です ──


Mr.Children 2001-2005 〈micro〉(初回限定盤)(DVD付)

Mr.Children 2001-2005 〈micro〉(初回限定盤)(DVD付)

Mr.Children 2005-2010 〈macro〉(初回限定盤)(DVD付)

Mr.Children 2005-2010 〈macro〉(初回限定盤)(DVD付)