あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ブログで「量より質より更新頻度」を追求する

f:id:you_key69:20171101210249j:plain


最近ブログの更新頻度がおちている。


書くテーマも週末に走ったランニングネタばかりになってきている。


好きで書いてるはずなのになぜか足がとおのいている…


本当は好きじゃないのか??


疑心暗鬼になりそう ── とおもっていたころ、最近ブログ界隈でよく目にする「量より質より更新頻度」というキーワードが気になった。


ぼくの知るかぎり、おそらくプロブロガーの立花岳志氏が発信しはじめたコトバである。


ただ長いだけじゃ、ブログの意味がない。


質が高いにこしたことはない。


でも、質を目指して更新が億劫になってしまっては元も子もない。


だから、まずはとにかくガンガン投稿しまくろう、という提言だ。


たぶん。


中身は気にせず、とにかく更新頻度を上げて、ブログ脳を鍛える。


更新していく中で、きっとしっくりくるテーマに出逢えるはず。


“質”はそれから意識していけばいい。


そんな“更新頻度”を上げるための取り組みとして、立花氏は

・1日7記事投稿する

・10行ブログを投稿する

など、具体的なアクションも推進されている。


ぼくは文章が長ったらしくなってり、書いてるうちに結論がボヤけたり、しまいには投稿を諦めたりしてしまうことがある。


もっとシンプルに、コンパクトに整理して、読みやすい記事をガシガシ書けるように追求したい。


以上、短いですが(これでも長い?)、あらためて意思表明でした。