あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【日曜大工】押し入れを本棚にカスタマイズする

f:id:you_key69:20170831232514j:plain


だいぶ時間がたってしまったが、日曜大工のご報告です。

どうぞ。


理想の本棚ってなかなかないんです

わが家の音楽室には押し入れ(クローゼット)がある。


押し入れといっても、間仕切りとなる棚はいっさい入れなかった


f:id:you_key69:20170831232619j:plain


というのも、楽譜を収納する本棚を入れようと思っていたからだ。


そのため、しばらく楽譜を収納するにふさわしい本棚をさがしていた。


けど、相応のものになかなか巡りあわない。


楽譜は一般の書籍にくらべてサイズも大きく重いので、全面的に並べようとおもうと本棚には相当の耐久性が必要になる。


棚の厚みを分厚くするか、棚の幅をせまくするか。


そんじょそこらの柔い棚では、重みですぐに棚がしなってきてしまうのだ。


そして、ただ強ければいいというものではない。


そのクローゼットにぴったりハマるサイズも大事である。


そりゃ、そうそう見つからんだろう。


オーダーメイドするか?


えっ。


オーダーメイドするなら、もう自分でつくればいいじゃん。


そうだね、そうしよう。


ないものは、つくろう

ということで、使った材料はこれだけ。

f:id:you_key69:20170831233116j:plain


基本SPF材でつくります。

材料

・1 × 6材

・1 × 2材

・1 × 1材


棚受け

・1 × 1材

・L字棚受け(銅製)


その他

・ビス(3.3 * 30mm のビスはものすごく重宝します!)

f:id:you_key69:20170831232104j:plain


作り方(というより構造)

重みでゆがむのは避けたいので、背面全体に1 × 1材の棚受けをとおします。

f:id:you_key69:20170831230123j:plain

棚受けはもちろん、マグネットやどこ太を駆使して下地を探り、下地に打ち込みました。


前面も1 × 2材で補強します。

f:id:you_key69:20170831230335j:plain


最後に銅製の棚受けを追加。

f:id:you_key69:20170831230510j:plain


というわけで、できあがり。


f:id:you_key69:20170831232514j:plain


これで歪むようなら、その間に2本棚受けを追加すればいい。


今回は報告が目的ですが、作り方や寸法なんかの要望があれば、おこたえします。



あっぷりへんしょん ~次は念願のMyデスク作成へ~

ぼくの日曜大工は棚系ばかりだが、作るにつれて工具や材料が充実してきて楽しくなってきた。


これで弾みをつけて、次はMyデスクを自作してみようと思います!