あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ぼくの好きな→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)の曲を3曲、紹介します

わが家にカホンがきてから、→Pia-no-jaC←ピアノジャックブームが訪れています。


ピアノジャックといえば、デビュー当時、ヴィレッジ・ヴァンガードでヘビロテしていた曲のイメージしかなかった。


四七抜き調やハーモニックマイナースケールを使った、どことなく邦楽風で悲壮感のあるような、そんなイメージだった。


しかし、それから約10年たった今、かれらの軌跡をあらためてふりかえると、ジャンルの垣根をこえたさまざまな楽曲にチャレンジしていることに気づかされる。


今回は、その中からぼく好みの曲を3曲、ピックアップして共有したい。



残月


→Pia-no-jaC←「残月」


終始、LOVE PHANTOM を彷彿とさせるパッセージが印象的な曲。


そのパーセッジを変形させながらモチーフやリフへと展開していくあたりはBuilding the Churchを想起させる。



Paradioso


【MV】→Pia-no-jaC← / Paradiso


パラディドルという両手を交互に連打させながら叩くドラミング・テクニックをピアノ奏法に採り入れた楽曲。


それがそのまま曲名の由来になってます。


パーカッシブでファンクっぽくもあり、変拍子やテンポが変わったりとプログレっぽい要素もあって、ぼくは好き。



ジムノペディ 第一番


【MV】→Pia-no-jaC← / Gymnopédies No.1 (Erik Satie)


先ほどの2曲のような疾走感やファンキーっぷりとはうってかわって、聴かせる曲となっている。


原曲はご存知、クラシック音楽であるが、モチーフにしつつも完全にピアノジャック色に染めあげている点が、さすが。


EAT A CLASSICシリーズのアルバムをいくつかリリースしているが、まさにクラシックを食ってしまうかのようなアレンジセンスである。



あっぷりへんしょん ~コピーするならまずは『残月』から?~

先日ピアノジャックのベスト盤を手にいれたんだが、『残月』以外の2曲は入っていない。

First Best

First Best

ピアノスコアも一緒に買ったが、もし演奏するとなると別のスコアを追加購入する必要がある。

ただ、まずは『残月』ができてからだろうなとおもう。


難易度は高いのかもしれないが、曲自体は3分台なので、ピアノジャックにしては短めでコピーしやすいはずだからだ。