あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

豪雨の中、あえてカッパを着て走ってみた→やめたほうがいい

今朝は豪雨。


が、あえて走りに出ようとおもう。


マラソン本番が晴れとはかぎらない!とか、それっぽい名目をふりかざして。


2年くらい前にかったサイクルコート

f:id:you_key69:20170513223655j:plain

要は自転車用の雨ガッパであるが、まだ一度しか使っていなかったので久々に着てみようとおもう。


f:id:you_key69:20170513224131j:plain

雨雲レーダーはこんなあんばい。


f:id:you_key69:20170513224148j:plain

そとは横なぐりの雨。


走ってみた結果をお知らせしたい。


(1)視界が悪すぎる

レインコートのフードをかぶった状態で走るので、視界(特に左右)がさえぎられてものすごく危険である。


ただでさえ視界が悪いのに、クルマがこないかとか、水たまりがないかとか、いちいち気にしてしまい、スピードがぜんぜん出せなかった。

(2)むれる

サイクルコートは自転車用なので、ある程度通気性も考慮されている。


脇の下や背中に通気孔があいていたりと、そこそこのムレは軽減できるはずだった。


でもやっぱりランニングには向いていない。


季節的なこともあるだろうが、自転車をこぐのと自力で走るのとじゃあ、使うエネルギーがぜんぜん違うのだろう。


1.5kmくらい走ったらムレてきて不快になり、やめてしまった。


(3)家族にひかれる

 視界はわるいは、むれるはで散々だったあげく、帰ってると「パパ、べちゃべちゃだね」と家族にひかれる始末である。


レインコートを来ていなかったらもっとひどいことになっていただろうが、濡れたレインコートの処置をかんがえておらず、タオルでふいて干しておくくらいしかできなかった。


ちゃんと洗濯もできるコートだったようだが、あとから気づいた(明日洗濯しようかな…)。


よかったこと

豪雨の中はしるのは良くないことばかりなので、おすすめできない。


というか、やめたほうがいい。


ただ、良いこともあったんじゃないか…?


そこでポジティブにかんがえてみた結果、「今日は遅めの出発だったわりには、人があまり出歩いていない」というくらいしか絞りだせない。


でもマラソン当日が豪雨だったら本当にどうしよう…とちょっと真剣に考えさせられた。


それがいちばんの収穫かな…。

広告を非表示にする