あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ジョギングの目的地に神社がちょうどいい!そのワケとは?

神社ならどこにでもあるから


全国のコンビニよりも多い神社

f:id:you_key69:20170108214310j:plain


コンビニよりも多いといわれる神社


全国に8万社ほどあるそう。


沖縄は極端にすくないが、各都道府県には少なくとも500社、多ければ3000社以上ある。

http://todo-ran.com/ts/kiji/14357


だから自宅からほどよい距離のところに神社の1つや2つ、いや3つ4つはあるんじゃないだろうか。


この「どこにでもある」はジョギングの目的にとって強い味方になる。


さらに、どこにでもあるというのに加えて、たくさんある、というのも強みである。


1つ行ったら、次はまたべつの神社を詣でる。


その次はもうちょっと足をのばしてちがう神社へ、というプランを練ることができるのだ。


ランニングを飽きさせないためシステムが、ごくかんたんに構築できるのである。


これはもはや神の御加護としか云えないだろう。


そして、目的地でリフレッシュできるというのもいい。


手洗いや参拝をして気をなごませたり、木々にかこまれてマイナスイオンあびるなんてことも期待できる。



コンビニ・ジョギングでもいいかもしれない

冒頭でコンビニの多さにもふれたが、目的地がコンビニでもいいのでは?とおもった。


コンビニも全国に55,000店舗ほどあるらしい(2016年3月時点)。

http://uub.jp/pdr/m/c.html


なので、コンビニもどこにでもあるっちゃあ、ある。


コンビニめざして走っていき、軽くドリンクと羊羹でも補給してもどってきてもいい。


目的地でリフレッシュしてかえってくるという点では神社とおなじである。


つまり、ジョギングの目的地でとしてふさわしいのは

・各地にたくさんあって
・リフレッシュできるところ

ということになるだろうか。


そういうスポットをかんがえながら、つぎのジョギング計画をたてるとワクワクする。


これも走る楽しみのひとつなのである。

広告を非表示にする