あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【思考は現実化する #2】夢を分けあう同志にめぐり逢うための6つのステップ

f:id:you_key69:20161117210728j:plain

成功するためにエンスージアズム(熱意)が必要なのはわかった。

でも、それだけでは足りないという。

成果に結びつけるためには「マスターマインド」の力を借りなければならないやようだ。


マスターマインドとは

知識を集めることや、またそれによって行動を起こしていこうとするには、とても一人だけの努力では困難だということがわかる。しかし、もしその計画が具体的かつ明確であって、そのうえ、ある程度以上の規模を持つものなら、必ず人々が集まってきて協力してくれるものである。


たしかにひとりでやれることには限界がある。

あなたは別の人(複数でも)との間に調和を感じるときがある。そのときというのは、心と心の波長がぴったり合ったときだ。そして、そこに計り知れない貴重な価値が生まれるのだ。

マスターマインドというのは、このような二人以上の、何らかの願望や目標を持った人間の集まりのことであり、また、それらの人々の間で行き交う、波長の合った思考のバイブレーションのことである。


どうやらマスターマインドというのは、同じ志をもった波長のあう仲間のことらしい。

なんとなく洗脳っぽい響きがしたけどちがうのか。

でも、単なる仲良しグループともちがう。


先の

もしその計画が具体的かつ明確であって、そのうえ、ある程度以上の規模を持つものなら

という条件がある。

エンスージアズムのときもそうだったが、あくまで「具体的な計画」「明確な目的」が前提にある。

それがないと、波はおこせないし、仲間もあつまってこないということだろう。


マスターマインドの作りかた

僕にはまだ早いかもしれないが、『思考は現実化する』には、マスターマインドの作りかたと維持のしかたも載っているので、参考までにしるしておきたい。

(1)気心の知れた人と協調グループをつくる

まず二、三人の気心の知れた人に声をかける。そしてこの計画に参加してもらう。

(2)討論クラブになってはいけない

政治、宗教など、議論を呼びそうな微妙な話題を、このグループのミーティングには含めないこと。

(3)話の内容は部外秘にすること

されを承知していれば、メンバーは自由に話ができる

(4)グループは成長する

新メンバーの受け入れは全員一致の原則で決める

(5)仮入会の期間を設ける

新入りメンバーは一ヶ月ないし適当な期間は仮の入会とする。新入りメンバーが、他のメンバーと調和がとれるかどうかを見守る必要がある

(6)議長を参加メンバーの回り持ちにする

各メンバーは、交互に議長を務めること。議長は、メンバー全員が話し合いに参加しているか、などに気を配る。
また、あらかじめ決めてある制限時間内に納まるように計らう。


コミュニケーション能力が高くなくても、目標さえ高ければ、まわりがついてきてくれるんじゃないか、と信じて熱意を高めたいものである。

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき

広告を非表示にする