あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

海のない岐阜県民は福井県に海水浴へ行く

夏だ!

f:id:you_key69:20160820005126j:plain

海だ!

f:id:you_key69:20160820005203j:plain

海水浴だ!

f:id:you_key69:20160820005233j:plain

すこし前の話であるが、10年ぶりくらいの海水浴にいってきた。

海嫌いのぼくも、去年湘南の砂浜でテンション上がりまくりだった息子をみて、来年こそは!と誓った海水浴。

それがついに実った。

岐阜には海がないので、みんな福井に泳ぎにいくらしい。

福井?とおもったが1時間でつくので、なるほど、そんなに遠くない。

こどもたちは初海水浴とはおもえないくらい、おおはしゃぎ。

そんな姿をみてしまうと、また来ようと思わざるをえなかった。

■あっぷりへんしょん ~マリンシューズがほしい!~

今回おとずれたのは、同僚から子連れにオススメと聞いていた「気比の松原」。

たしかにこども向けの遊具があったり、家族連れが多く、サーファーやカップルもいないし、こどもの初海水浴にはうってつけである。

だが、唯一の欠点は砂利が大きいこと。

砂浜はサラサラの砂ではなく、まさにジャリジャリの砂利というかんじなので、裸足で歩き続けるともう足の裏がイタイ。

後半のぼくはもうポンコツでした。

そんなぼくをみて、妻が「泳げる靴」があるらしいことを教えてくれた。

何その情報!

いちばん欲しいやつじゃん。

帰ってから調べてみると、その「泳げる靴」とやらは、マリンシューズやらウォーターシューズ、アクアシューズなんて呼ばれるらしい。

しかも海にかぎらずサンダル代わりに街履きもイケるらしい。

何それ!

めっちゃほしい。

来年の海までに、ぜひとも手に入れておきたいアイテムである。

(つまり、来年も行く気満々になったのである)

広告を非表示にする