あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

企業団地?音楽ジャンル?テクノメタルを走破する

f:id:you_key69:20160807074242j:plain

企業団地の話から最終的に音楽の話になります。
 
 
 

テクノポリスって興奮しませんか?

テクノポリスというんだろうか、企業団地っていうんだろうか。
 
浜松の都田にあるようなシンプルな建造物と適度に緑化された地区のことをいいたい。
 
 
▼浜松の都田テクノポリス工業地区

f:id:you_key69:20160816233410j:plain

 
 
おそらく行政が推進するから地域の景観を守ろうという計らいなんだとおもう。
 
見事である。
 
よく海辺にあるでっかい工業地帯とは違う(あれはあれで武骨でワクワクするが)、シンプルモダンでスタイリッシュな景観。
 
クルマで通りすぎるだけでもいいが、近辺を散策なんかしてると、なおのことワクワクする。
 
外壁から中をのぞんで、ここで色んなものが作られてるんだなあ、と漠然と想いを馳せる。
 
何が作られてるかも知らずに。
 
そこにギャラリーがあったりなんかするといっそうテンションが上がる。
 
市場に出せなかったB級品が販売されてるなら、それはもう、失神ものである。
 
…と興奮してしまったが、ややテンションをおとしていこう。
 
大垣にもテクノポリスというと大げさだが、もっとこじんまりとした企業団地?がある。
 
その名も「大垣テクノメタル」。
 
もう、その名称で白米がおかわりできるだろう。
 
ジョギングがてら散策してみたので紹介したい。
 
 
 

大垣テクノメタル

場所は環状線(県道)沿いのこの看板が目印。
 

f:id:you_key69:20160807074223j:plain

 
いや、東伸のほうが目立つか。
 
入口には(かすれて見にくいが)テクノメタルに所属する企業名が掲げられていた。
 

f:id:you_key69:20160807074317j:plain

 
1.組合会館
2.株式会社 東伸
3.株式会社 アレックカワイ
5.河合シャーリング 株式会社
6.西濃機電 株式会社
7.伊藤鉄工 株式会社
(4番が採番されていないのが日本的である)
 
 
簡単にメンバー紹介といこう。
 
 

2.株式会社 東伸

f:id:you_key69:20160807074401j:plain

 
大垣テクノメタルの一等地(幹線道路側)に位置する「東伸」。
スリッターやリワインダーを製造している企業らしいが、そのスリッターやリワインダーが何なのかぜんぜんわからない。
 
 

3.株式会社 アレックカワイ

f:id:you_key69:20160807074516j:plain

 
土木や建築につかう鋼の棒や板を作っている企業みたいです(稚拙な説明ですみません)。
 
 

5.河合シャーリング 株式会社

f:id:you_key69:20160807074557j:plain

 
切断機や溶断機のメーカー。シャーリングというのが板金加工の工程で鋼材を切断することのよう(へぇ)。
 
 

6.西濃機電 株式会社

f:id:you_key69:20160807074632j:plain

 
バイオマス発電、小水力発電太陽光発電に長けているメーカー。
お?鉄鋼(メタル)関係ないんじゃね?(関係あったらすみません)
 
 
 

7.伊藤鉄工 株式会社

f:id:you_key69:20160807074501j:plain

 
排水金具やマンホールのふた、バルブなんかを造っている会社。
身近な製品が多くていちばんスッと頭に入ってきた(ありがとうございます)
 
 
          * * * 
 
 
せっかくなので企業の説明書きを添えてみたが、ぼくの無知が露呈してしまう結果となった。
 
やめときゃよかったとおもう。
 
でも、テクノメタル内でマーケットが競合してなさそうなことが確認できて、なんだかホッとした。
 
いっそのこと各企業が手をとりあって、何かひとつのプロダクトをつくりあげる、みたいなプロジェクトが推進されてたらおもしろい。
 
いずれにせよ、これからも鋼鉄のチカラで大垣を支えていっていただければと願う。
 
 
 

音楽としてのテクノメタル

いつも「テクノメタル」の立て看板をみて気になっていたので今回突入してみたわけだが、「テクノメタル」ときくとどうしても拭いきれないわだかまりがあった。
 
それは突入したあとも変わらないどころか、むしろ一層しこりは大きくなってしまったようであった。
 
── テクノメタル
 
もし音楽ジャンルだったらどんな曲だろう ──
 
というわだかまりである。
 
 
ディスコサウンド×メタルならSTATIC-Xあたりを思い浮かべるかもしれない。
 
 
でもテクノじゃないよなあ…
 
というふうに、ザ・テクノメタルみたいな曲ないかなーとYouTubeを徘徊していたら、そうそうこれこれ!というバンドを発見したので紹介しておきたい。
 
まずはお聴きください(限定公開)。
 
 
 
Turn Back Time
 
 
テクノメタルでしょう。
 
もう1曲、どうぞ。
 
 
As We Were Once
 
 
かっこよくないすか?
 
彼らの名は「Escape the Day」。
 

f:id:you_key69:20160816233524j:plain

 
調べれど情報がすくなく、まだインディーズ?のようで今どんな活動しているのかわからない。
 
が、インディーズにしてはクオリティ高すぎるよね?
 
最近のインディーズ事情はメジャーに遜色ないのだろうか。
 
せめてWikipediaにくらい載っていてくれてもいいとおもうが、見あたらない。
 
なんせ公式サイトがFacebookのページくらいしかなく、Facebookをやっていないぼくとしては深堀するのが困難なのである。
 
しかし、スウェーデン出身ということは読みとれて、とくに根拠もなく「さすが」とおもったことだけ添えておきたい。
 
今後ヒットする保証もないし、チェックしていくつもりもないが、もし何らかのカタチで彼らがスマッシュヒットをとばしたときは、「おれ、前から目ェつけてたんだぜ」と周りに自慢したいとおもう。
 
 
いや、もし世の中に存在しないなら、ぼくが先駆者となってテクノメタルをつくってもいいかとおもっていたが、すでに完成されたテクノメタルを拝聴してしまったので、出る幕なしかなと。
 

f:id:you_key69:20160807074703j:plain

▲大垣テクノメタルに敷地があまっていたので、もし出番があればテクノメタル(鋼鉄音楽)製造工場の「STEELWORKS AOYAMA」として出店したい
 
 
広告を非表示にする