あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ジョギングで景観遺産を詣でる

ランナーの人たちのブログを読んでると、みんな東京タワーや皇居、迎賓館なんかを撮って、この辺はしりましたとか投稿されている。

かっこいい。真似したい。

岐阜県大垣市でもシンボル的な建築物をめざして走れるだろうか。



大垣市の景観遺産68号

そんな憧れを現実のものとするためには、まずそもそも

大垣市のシンボル的建築物は何か?
・それは走っていける距離にあるのか?

という2つの課題をクリアせねばならなかった。

が、建築物についてはすぐに目星はついた。

大垣市景観遺産」である。

景観遺産とは、

大垣市の近代化を支えた産業・文化等の近代遺産や、宿場町の歴史・文化の蓄積をかんじさせる建造物を始めとする「後世に伝承すべき景観を有する建造物等」

のことである(大垣市Webページより)。



2016年2月6日現在で72件が認定されている。

問題は自宅から走っていける距離にあるのか、である。

片道15分でたどり着けるとして、2km圏内にあるスポットが理想だ。

あった。

杭瀬川町の歩道橋

自宅から約2km。ちょうどいい。

2016年1月に指定されたばかりのスポットだ。

歩道橋という時点で一抹の不安をおぼえたが、百聞は一見に如かず。

行ってみた。

それが、これだ ──


f:id:you_key69:20160208005331j:image


カッコイイ…

という感情は、一切わきおこってこなかった。おせじにも。

いや、上ってみると何か見つかるかもしれない。


f:id:you_key69:20160208005348j:image

うむむ


反対側に廻ってみた。


f:id:you_key69:20160208005403j:image

うむむ



橋桁を支えるアーチ構造が市内唯一で、市内に現存する歩道橋では最も古い年代のもの

とのこと。

まあ、そう云われれば珍しいかもしれないけど。

まだ71件ある、出直そう。

f:id:you_key69:20160208005531j:image



■あっぷりへんしょん ~目的地があるとメリハリがつく~

いつも目的もなくだらだらジョギングしている。

畦道や堤防、住宅地なんかを気まぐれに走っていき、7, 8分たったら折りかえす。

そんな走り方だから、たまにこうやって目標物があると、達成感がうまれる。

今回は都会のランナーみたいなかっこよさとはほど遠い結果におわったが、引き続き景観遺産もめぐっていきたい。


広告を非表示にする