あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

大公開!ジョギング時間を記録して定着をめざす

ランニング

f:id:you_key69:20160111220147j:image

朝のジョギング習慣が確立されつつあるので、ここいらでその行動記録を大公開をしてしまおう。
(確立されつつのであって、定着したわけではありません)

6:30 目覚ましが鳴る。が、二度寝する
6:40 スヌーズが鳴る。が、あの船井氏でも「起きるときはツラい」と云ってたもんなあと思い、あと10分だけ…と甘えて、また寝る
6:50   2度目のスヌーズが鳴る。「3週間続ければ習慣になる」と思いなおし、起床する
7:00  準備(洗面、着替え etc.)
7:10  出発~ジョギング
7:25  クールダウン~帰宅~朝食

なかなかのていたらくっぷりだろう。

しかし、こんな行動記録でもふりかえると、起床して20分あれば走りにでられるということがわかる。

ジョギングとクールダウンで20分だから、朝食の40分前におきれば、走りにでる余裕があるかもわかる。

起床してからの準備は、走る/走らないにかかわらずすることも含まれてるので30分くらい早起きすれば15分ジョギングの時間はじゅうぶん確保できることになるのだ。



■朝ジョギングするためのたったひとつの決め事

もったいぶってもだれも得しないので、まず結論からいってしまおう。

それは「ジョギング時間を最低限の15分にする」こと。

ジョギングのために早寝早起きする必要はない。

早起きではなく、五度寝を三度寝にするくらいでいいのだ。

そうすれば15分ぶんの時間は優に確保できる。

逆に15分以上走ろうとおもってはいけない。

15分以上走ろうとすると、もっと早起きしなければならないし、二度寝するともう時間確保できないからいいや、とあきらめてしまうおそれがある。

少々余裕のある週末なんかは、ごほうびとして30分以上走ってもいいことにしているけど。

この「二度寝、三度寝しても走れる15分」という時間設定はかなり絶妙なのである。


四度寝、五度寝しても、ジョギングを15分以内にすればいいじゃないか、とお思いかもしれない。

その問いにたいしては、NOだ。

なぜなら有酸素運動をしたいから。けっこうわがままなんです。



■走れない理由をけずる

かつては「走ってる自分が好き」という男らしさが走る動因となっていたが、冬にたいする意志はあまりにもろく「寒いからやめとこう」と音をたててくずれ去った。

しかし、今冬はウインドブレーカーを手にいれたことにより言い訳はできなくなった。

現に寒さのなかで走ることがまったく苦痛じゃなくなった。

もうくじける理由か見当たらなくなったんじゃないか。

すばらしい。

この行動ログをふりかえりつつ、3週間後には定着していることをいのりたい。


どうですか。まずは15分だけ、一緒に走りませんか。

広告を非表示にする