あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

お年賀に!LEGOで来年の干支「サル」をつくる

先日、息子にレゴを占有されてるがためにやむなく折り紙でサルを折った旨をご報告した。

しかし、今回。うまいこと息子をまき込んで、レゴで猿(けっしてゴリラではない)がつくれたので報告させていただきたい。



■レゴでサルをつくる

まずは完成図から。

f:id:you_key69:20151216191052j:image

サルです。ゴリラではなく。

茶色が足りなかったり、うすだいだいがなかったりしたので、赤と白を採用した。

お年賀用なので縁起よく紅白である。


上から見るとこんなかんじ。

f:id:you_key69:20151216191108j:image

あえて真っ直ぐにくみ合わせないことで躍動感を表現した ── とか巨匠っぽく云ってみたい。



■借りるのではなく、共有する

冒頭で、息子を「まき込んで」とのべたが、正確には「とり入って」というほうが実態にあっていたかもしれない。

息子がレゴであそび始めたのを見計らって、「一緒にあそぼ」作戦を決行した。

息子があそぶ傍らでぼくもあそばせてもらうスタンスである。

それにより「親が息子の玩具を強奪する」構図を免れることができたのだ。


結果、息子の飛行機づくりにも貢献できたようだ。

f:id:you_key69:20151216191405j:image

先日飛行機にはじめてのってから俄然、飛行機にも興味がわいたらしい。



■過去の関連記事はコチラ



広告を非表示にする