あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

【観察日記22】おりがみでブラキオサウルスの全身骨格を織りなす

「お気に入りの傘を買う」というライフハックがある。

お気に入りの傘を一本持っていれば、雨の日だからこそ心は晴れて、嫌だった雨の日を楽しみに待つことができます ──

ぼくの好きな住職のひとり、名取芳彦氏のコトバである。


f:id:you_key69:20150822054744j:image


昨日、各パーツをスプレーで着色した。

が、一個一個のパーツが複雑な形状をしており、一日(60分)で塗りきることができなかった。

一日目では3回に分けて塗ったが、こんな有り様になる。

f:id:you_key69:20150822054755j:image

影の部分が不完全な状態。


なので二日目はさらにこまかい箇所に注力しよう。

…と、塗装していた矢先に塗料が尽きてしまった様子。

f:id:you_key69:20150822054905j:image

ブラキオサウルスの折り紙パーツを塗装するには、100mlの缶スプレーでは足りない」

世に一つのトリビアがうまれた瞬間である。


とにかくありったけの塗料でスプレーしきったが、予定時間よりもあまりにはやく終わってしまったので、また散歩。


今日もまた雨。


そこで、冒頭の氏のコトバをおもいだしたのである。

般若心経のいう「度一切苦厄」とは、つまり

事実は変えられない。が、解釈は変えられる ──

ということらしい。

逆境を楽しめるマインドセットが大事。

つまり、このスプレーが尽きた状態をどうとられるかが大事なのだ。

散歩しながら、考えた。


── まずは雨合羽をかおう。あと、スプレーも。


まだまだ精進もユーモアもたりないようである。


(続く)


■成果物
・塗装(70%程度)

■作業時間
・15分

広告を非表示にする