あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

手作りにうってつけ!クリアファイルでステンシルプレートを作る

ステンシルプレートを作った。

 

f:id:you_key69:20150606012957p:plain

 

クリアファイルで。

 

コスパがもの凄く良かったので、皆さんにもお伝えしておきたい。

 
 
 

■ステンシルプレートにうってつけなクリアファイル

ステンシルプレートとは、ステンシルするための「型」である。

 

先日、ピクセル系のフォントを作ったとき、ステンシルプレートは紙製だった。

 

f:id:you_key69:20150604012347j:plain

 

というか名刺サイズのカードをくりぬいただけ。

 

何回も使っているとだんだん塗料が混ざってくるし、染みてきて思うようにステンシルできなくなる。

 

紙はボロボロになるし

f:id:you_key69:20150605234911j:plain

 

仕上がりも滲んでしまう

f:id:you_key69:20150605235147j:plain

 

これはマズイ。

 

「デザインは体を表す」というので(持論)、このままではボヤけた人間だと思われてしまう。

 

違うぞ、ぼくは芯のある人間のはず(持論)だ…

 
 

なので、もっと強靭なプレートに仕立てあげたい。

 

ならば、どんな素材がいいのか。

 

確かに金属だと強靭だが、湾曲した面にできない。

 

そこでちょうどいいのを見つけた。

 

f:id:you_key69:20150605210602j:plain

 

クリアファイルである。

 
 

手に入れやすいし、加工もしやすい。

 

まさに手作りにはうってつけである。

 

家に一枚くらいなら、要らないクリアファイルがあるだろう。

 

しかも、やってみてわかったのが、「透明」という点が、ものすごくポイントが高いのである(理由は後述)。

 

というわけで、手作りにうってつけな「クリアファイルをステンシルプレートにする方法」を大公開してしまおう。

 
 
 

■ステンシルプレートの作り方

用意するもの
・下書き用紙
・クリアファイル
・デザインナイフ(カッター)

 

(1)ステンシル型を下書きする

f:id:you_key69:20150605210344j:plain

ぼくはピクシル派なので方眼紙に書く。

 

【参考】「ピクシル」とは

 

下書きがめんどくさければフリーフォントや画像を印刷してもよい。

 
 

(2)クリアファイルに下書きを貼り付ける

f:id:you_key69:20150605212037j:plain

テープで留めてもいいし、のりで貼ってしまってもいい。

 

はがせるノリがちょうどよい。

 
 
 

(3)なぞりながら切り落とす

透明なのがいいのは、云わずもがな、なぞれるからだ。

 

クリアファイルの質にもよるが、薄いと切り落としやすくていい。

 

f:id:you_key69:20150605234131j:plain

クリアファイル版ステンシルプレートの完成だ!

 
 

「AOYAMA」が生まれ変わった。

f:id:you_key69:20150606000325j:plain

 

で、気づく。クリアファイルならまた洗って使い回せる!

 

なんて高スペックなんだ、クリアファイル・ステンシルプレート。

 
 
 
 

■あっぷりへんしょん ~ステンシルプレートは男のクラフトになり得るか~

余計なお世話とは思いつつ、義兄さんへのプレゼントにステンシルプレートを作ってみた。明日来るというので。

 

f:id:you_key69:20150606005130j:plain

 

昔、某氏にポップアップカードを渡して引かれた経験があったが、男のクラフトとしては、ステンシルプレートのほうが“漢”らしいかもしれない ──

 

という期待も込めて。

 

あげてみた後の反応は、またどこかで報告させていただきます。

 
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする