あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

遮光シートを買い替えて、車のサイドを守る

つい最近まで冬のような寒さだったのに、あっという間に夏日が続くようになった。

 

ともなれば、みんなクルマのために遮光シート(サンシェード)をひっぱり出してくるだろう。

 
 

今日はそんな遮光シートを「GWの前に、買い替えませんか?」という提案をさせていただきたい。(という下書きのままGWに突入してしまった)

 

とは云っても、決して使い古したシートを破棄するようなことはしない。

 

有効活用するのである。

 

このように。

 

f:id:you_key69:20150426182039j:plain

 
 
 

■古い遮光シートの活用法

もし、今フロントガラス用の遮光シートしか使っていないなら、読み進めていただきたい。

 
 

(1)入れ替える

まず、フロントガラス用の遮光シートを新しいのに替える。

 

f:id:you_key69:20150426182039j:plain

 

そこそこ良いやつでも700円くらいで手に入る。

 

古いほうは再利用のため、手許に置いておく。

 
 

(2)古い方のシートを裁断する

そして、前部座席の窓を採寸して、古いほうの遮光シートを裁断する。

 

f:id:you_key69:20150426175444j:plain

 

回りは養生テープで補強して。

 
 

(3)装着する

あとは吸盤で装着するだけ。

 

f:id:you_key69:20150426173250j:plain

 

外した後はこうやって折りたためる。

 
 
 

■あっぷりへんしょん ~真夏の車内対策に向けて~

後部座席やリアガラスは遮光加工が施してある。

 

でも、前部座席にはそれがない。(運転中の前部ウィンドウの視界妨害は、2014年11月の道交法で正式に謳われるようになったが、意外と最近まで野放しだった。)

 

フロントガラスだけ対策を打っても、前部座席の両サイドから突破されることが、ままある。だから、もしフロントガラスしか遮光していないならサイドも防御しよう。

 

それで、少しはマシになる。

 

今、娘は3ヶ月なのでその少しの違いが大きい。

 
 

真夏の車内は60℃近くになる。

 
 

サイドを守ったからと云って、くれぐれもお子様を車内に放置せぬよう。

 

有意義なGWを過ごしていただきたい。

 
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする