あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

足りない栄養は「味噌汁」で補う

昨年はコンビニコーヒーと一緒に陳列したクロナッツがブレイクした。
 
このように別の商品を組み合わせて活用シーンを提案するのは小売業の定石である。
 
流通用語で「クロスマーチャンダイジング」という。
 
組合せによるシナジーは、家庭の食卓にも効果的ではないだろうか。
 

f:id:you_key69:20150211194213j:plain

 
まわりくどい導入になってしまったが、丼ぶりスタイルに合う味噌汁を研究したので報告したい。
 
あくまで丼ぶりありきの味噌汁である。そして、むろん「洗い物の少ない」味噌汁である。
 
 
 
 

■丼ぶり料理に足りないものとは

今回の目的は、丼ぶりに不足しがちな栄養を味噌汁で補うことにある。
 
よって、丼ぶり料理の一週間の献立をおさらいしておこう。
 

f:id:you_key69:20150211212514p:plain

 
 
 
この献立を基に、丼ぶりメニューで不足しがちな栄養は何か、伝家の宝刀「まごわやさしい」でぶったぎって分析する。
 

f:id:you_key69:20150211212641p:plain

 
すると、不足しがちなのは豆類・キノコ類・イモ類であることが判る。
 
これを何とか味噌汁で補えないだろうか。
 
洗い物を少なく抑えたままで。
 
 
 

■丼ぶり料理を支える味噌汁レシピ

レシピというほどでもないが、手軽に味噌汁に投入できる材料を並べた。
 

f:id:you_key69:20150211193439j:plain

・万能ネギ
・カットわかめ
・干し椎茸
・豆腐(木綿)
・インスタント味噌汁
 
これらならお湯をぶっかけるだけで、れっきとした具材になってくれる。
 
特別な調理なんかは不要であるし、もちろん洗い物も少ない。
 
 
あと、ナイスアイデアと思ったのが、「卵白」を投入する味噌汁。
 
ぼくの丼ぶり料理は卵黄だけ使うことご多いので、よく余るのだ。
 
 
そして、さらに洗い物を減らすキッチンハックを一つ。
 
「豆腐はバターナイフで切ると良い」
 
包丁を使ったときよりも、洗うときのストレスがだいぶ軽減されるから。
 
 
 

■味噌汁は丼ぶりをフォローできるのか

味噌汁でいかに「まごわやさしい」が補えるかは、下図を見てほしい。
 

f:id:you_key69:20150211212726p:plain

 
8割くらいカバーできていることがわかる。
 
丼ぶりに合わせて、味噌汁の具材を調整すると良いのだ。
 
 
しらす丼」を例に挙げて、もっと視覚的に検証しよう。
 

f:id:you_key69:20150211194213j:plain

 
 
丼ぶりだけでは不足しがちだった数値が、味噌汁を足すことでバランスが良くなる。
 

f:id:you_key69:20150211212813p:plain

 
って、ただ単にレーダーチャートを作りたかっただけである。
 
お付き合いいただき、ありがとうございました。
 
 
 

■あっぷりへんしょん ~目指すは粗食「一汁一菜」~

質素で健康的な食事のフレームワークとして「一汁一菜」というのがある。
 
それでも十分質素だが、作る手間・片付ける手間を考えて、もっとシンプルにしたい。
 
ということで、究極の「一汁」というスタンスをとり続けている。
 
しかし、いまだに「イモ類」が不足しがちであることも事実。
 
よって、イモは…芋料理をもう1品プラスするべきなのか…
 
結局「一汁一菜」にたどり着いてしまうのかもしれない。
 
 
▼最後に「丼ぶり+味噌汁」の献立表を最新化して公開しておきます

f:id:you_key69:20150211212827p:plain

 

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...