あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ウォーキングを続けるための3つのルール

最近、朝にウォーキングをするようになった。

f:id:you_key69:20150124221327j:image

3つのルールのおかげである。

その3つとは。

(1)30分以内にすること
(2)休日だけにすること
(3)最中はウォーキングだけに集中すること



■手段を目的化したいタイプの悩み

「天気がいいのにろくに日光浴びてないなあ」「カラダ動かしたいなあ」と悶々と考えていた。

じゃあ、フットサルでもやろうか。早朝ランニングを再開しようか、いろいろ逡巡していた。

いや、ハードルを上げるとぜったい三日坊主に終わる。

ホノルルマラソンに出る」とか「○kg痩せるぞ」みたいな目標がないぼくにとっては動機が弱すぎる。

単に「日光浴びたい」「運動したい」というだけ。手段を目的化したいタイプなのだ。

そんなタイプにはやっぱりミニマムスタートがうってつけである。

ということで、冒頭のルールを決めた。


って、別にルールを決める必要はない。ペナルティもないし。

ただ、「ルールを決めてるんだ」と語れると自律してる人っぽいだろう。だからそういうことにさせていただく。

f:id:you_key69:20150124221453j:image



■休日ウォーキングのための3つのルール

(1)30分以内とすること
30分以内なら何km歩いてもよい。

遠くまで行きたいときは歩くスピードを上げる。

だいたい15分で折り返せば30分で戻って来られる。


(2)休日だけにすること
平日&日光を浴びるにはおのずと早朝ウォーキングになってしまう。

これでは早起きするとか他のハードルが増えてしまう。

休日の時間があるときに外に出ればいい。時間帯はいつでもかまわない。 


(3)最中はウォーキングだけに集中すること
やるからにはちゃんと「運動してるんだ」と意識することにしている。

ウォーミングアップもクールダウンもする。

単なる散歩とは違う。

大股で歩く。

太ももやふくらはぎを鍛えてるとカラダに言い聞かせる。

するとカラダもちゃんと応えてくれるのだ。



■あっぷりへんしょん ~休日ウォーキングでスモールスタート~

「ランニングしよう」とか、「平日早起きしよう」とか、「ウェアを買ってからにしよう」とか云ってると、すぐ挫けてしまう。「来月こそは」と云うのも同じ。

スモールスタートを切るなら、「休日に30分ウォーキング」がちょうどいい。

f:id:you_key69:20150124221629j:image

石田淳氏は『すごい実行力』で、営業マンは契約数を目標にするのではなく、訪問数を目標にすることを推奨していた。

それのウォーキング版である。

早朝ランニングを目標にするのではなく、まずは休日ウォーキングをする。

それが、早朝ランニングや市民マラソンなんかに連鎖していけばいい。

すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)

すごい「実行力」 (知的生きかた文庫)



ただ、生憎もうすぐ花粉症の季節…

「花粉の時期は無理しないこと」という4つ目のルールが加わるかもしれない。
広告を非表示にする