あっぷりノート

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

2014年 読んだ中で一番良かった本

書籍
2014年を振り返ったとき、本読んでるわりにはアウトプットが少なかった。
 
読書に関する記事は、たった4つ…

アドリブにひるまないための3つの心構え - あっぷりノート

やっぱり小売業はオモシロイ - あっぷりノート

自分探しを『コロコロアニキ』にゆだねる - あっぷりノート

 
  
読書メモ的なものをとってなかったからなのか。
 
「ためになったねぇ」と思う本との出会いが少なかったからなのか。
 
いや、「めん読」してたからか。
 
 
 

■意外と一番は「小説」だ

記事にしたのは新書、雑誌、マンガ、ビジネス書という並びだったが、MediaMarkerを振り返ると今年は東野圭吾氏の著作をたくさん読んだ年だった。
 

f:id:you_key69:20141229212755p:plain


 
 
「白昼夢」も「鳥人計画」も面白かったけど、やっぱり「真夏の方程式」が抜群だった。
 
 
 
 
なんだか胸がいっぱいになるミステリー。今でもストーリーがありありと思い出せる。
 
書評はニガテだけど、読んですぐ同僚に薦め、友人には手許にあった本を「オモロイから、読め」と半強制的に渡して帰らせた。
 
ぼくの浅い小説人生において、珍しい逸品だったと思う。
 
ということで、東野圭吾著『真夏の方程式』を2014年のナンバーワンに認定します。
 
 
 
以上
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする