あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

アンパンマン meets ロックマン

このブログのサブタイトルを忘れてはいやしないか。
 
曲作り、ときどき育児」だ。
 
ロックマンのボスキャラばかり描いてる場合ではない。
 
このままではブランドイメージを損ないかねない。
 
ということで挽回に出た。
 
 

ゆりかごから墓場まで

今年も『東京ゲームショー2014』が閉幕した。
 
ロックマン11の発表はなかったようだ。
 
今、ロックマンは下火なのか?
 
ともすれば、若い世代に媚を売っていかねばならない(大きなお世話)。
 
ヒントは、鉄の女マーガレット・サッチャーが支持した「ゆりかごから墓場まで」だ。
 
ゆりかごキャラとして外せないのは「アンパンマン」である。
 
妖怪ウォッチの趨勢も見過ごせないが、アンパンマンだって健在なのだ。
 
その力を借りると、こうなる。
 

f:id:you_key69:20140923213634p:plain

 
 
ゆりかご時代からロックマンに触れていれば、きっと墓場までロックマンを忘れることはないだろう。
 
あっぷりノートは常にこどもたちの味方である。
 
 

■ぼくがアンパンマンを描くなら

やなせたかし氏は、「アンパンマン」の形状をよくもまあ、こんなシンプルにできたものだ。
 
 
▼ぼくだったらきっとこんな風に描いていただろう

f:id:you_key69:20140922232924j:plain

 
あんパンってやっぱり黒ごまが乗ってるイメージじゃん?どんなに頭をひねっても、鼻とほっぺが突き出たキャラは考えつかない。
 
さすがは巨匠である。
 
最後に息子にどっちが好きか訊いてみた。
 
f:id:you_key69:20140923201756j:plain
 
結果、「いやや」と一蹴された。
 
 

f:id:you_key69:20140923201649j:plain

▲こんな顔で
 
 
ぼくは父親失格なのかもしれない。
 
 

■あっぷりへんしょん ~忘れていたサブタイトル~

はっきりいってこのブログにサブタイトルは要らない。
 
確かに音楽や子どものことをテーマに書くことはあるが、それにこだわってるわけでもない。
 
何でも書けるように、という意味で「あっぷりノート」とかいう意味のないタイトルにした。
だからサブテーマで間口を狭める必要はない。
 
なんかもっと形而上的なサブタイトルに変えようかな。

 

広告を非表示にする