あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

第2回『勝手なロックマンのボスキャラ作り』

前回の続き。
 
牛乳パッククラフトの後、脱線してD太郎と創作していたことが、掲題のコンテンツ。
 
またまたロックマンのボスキャラを描きまくっていたのだ。
 

f:id:you_key69:20140914210705j:plain

▲D太郎からもらったnano blockのロックマン
 
 
偶然の産物だが、単なる親父ギャグが新たなビジネスモデルを提唱す結果となった。
 
以下にその一部を紹介しよう。
 
 

■まずは、ぼくが描いたのを

 

▼パリサンジェル・マン

f:id:you_key69:20140914001717j:plain

特殊武器:パリジャンショット
 
フランスのサッカーチームがモチーフ。武器の名前は今の今まで考えてたけど、思いつかなかった。
 
 

▼サラリー・マン

f:id:you_key69:20140914005400j:plain

特殊武器:社会保険バリア
 
時間を切り売りする組織の歯車。動きは素早い。
 
 

▼ピー・マン

f:id:you_key69:20140914022212j:plain

特殊武器:ぺパージュース

 

子どもが大好きなのに、子どもからは煙たがられている。
 
 

■D太郎の描いたやつ

D太郎が描いた中で、ぼくのお気に入りは、これ。
 

▼キッコー・マン

f:id:you_key69:20140914015252j:plain
特殊武器:Sビーム
 
 
色付けは水彩絵の具という凝りよう。
 
ぼく好みに寄せるのは不本意だったらしいが、道は間違ってないと思う。
 
やや18禁だけど。
 
 

■あっぷりへんしょん ~これはただの親父ギャグではない~

もしカプコン社が物分かりの良い会社であれば、ぼくらにも一縷の望みはあるかもしれない。
 
しかも、自分で云うのもなんだが──この企画は示唆に富んでいる。
 
世の中のいろんな「◯◯マン」たちをロックマンのボスキャラに登場させて、相乗効果を図れないか、という示唆である。
 
キッコーマンやワークマンのような企業がスポンサーになってもいいし、アンパンマンキン肉マンなんかとコラボしたっていい。
 
サラ・ブライトマンマーティ・フリードマンがプロモーションに利用すれば面白いと思う。
 
要は、新しいビジネスモデルの提案なのである。
 

 

 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする