あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

赤坂町でタイムスリップする

大垣市は赤坂という町は不思議な町だ。
 
中山道の宿場町を抜けると、

f:id:you_key69:20140622165741j:plain

 
急に中生代にタイムスリップしたかのような面持をあらわす。

f:id:you_key69:20140622155301j:plain

 
ちょうど雨が止んだので、男二人で無目的に旅に出た。
 
 

▼赤坂宿

中山道第56番目の宿場町。

f:id:you_key69:20140622162704j:plain

 
杭瀬川が流れ、養老街道・谷汲街道が交わる、まさに交通の拠点にふさわしい。
 
もとい、ふさわしかった。かつては。

f:id:you_key69:20140622163212j:plain

でも今は本陣もこんな感じ。
 
東海道にも同名の宿場があるので、お間違いのないよう。
 
 

▼金生山

日本の古生物発祥の地「金生山」。陸貝なんかの化石がザックザク掘れるらしい。
 
そんな名所に控えめにたたずむ金生山化石館。
 
外から中全体が見渡せる親切な施設。

f:id:you_key69:20140622155535j:plain

 
大人100円。なんて良心的。
 
入館せず化石だけもらって帰る。

f:id:you_key69:20140622210939j:plain

何の化石なんだろう?息子は「だいじ」だって。
 
 

▼あっぷりへんしょん ~男旅に備えて戦闘力を高めねば~

やばい、体力の衰えが著しすぎる。
 
宿場を歩いて山登っただけなのに、今ふくらはぎがパンパンだ。

f:id:you_key69:20140622163024j:plain

修行しなきゃ。このままじゃ、ますますエネルギッシュになる男旅に耐えられなくなってしまう。
 
自転車こぐだけじゃ足りない。
 
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする