あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

桜の季節だからベタに花見をする

昨年からずーっと心待ちにしてた谷汲山。大垣から足を伸ばすこと1時間。
 
花見も紅葉狩りもなんやかんやあって頓挫してしまっていたが、ようやく今年実現。四季の訪れに感謝である。
 
ひょんなことから親子四世代で行くことに。

f:id:you_key69:20140408215704j:plain

祖父母に会うとなんだか正月やお盆の気分になってしまう。
 
西国三十三所の最終礼所、谷汲山華厳寺。参道はまるで桜のアーケード。

f:id:you_key69:20140406121213j:plain

 
1kmほど続く花道に軒を連ねる露店。平時はどうやって生活してんだろうと、いつもつまらぬ邪念が過る。
 
花道の終点に佇む華厳寺

f:id:you_key69:20140406115742j:plain

 
世界平和を懇願した後、お昼を食べに行こうと祖父に先導され、ついていく。
 
その先にはなんと、淡墨桜。樹齢1500年。満開!だけど寒い!

f:id:you_key69:20140406140904j:plain

 
山の天気は気まぐれ。雨降りそうだなあと構えていたら、まさかの雪!
 

f:id:you_key69:20140408210033j:plain

さすがにその気まぐれっぷりは度が過ぎたようで、翌朝の新聞にも取り上げられたほど(2014/4/7 中日新聞 朝刊)
 
 
心待ちにした甲斐があった谷汲山。こうやってちゃんと花見をするのは何年ぶりだろう。
 
次は紅葉の季節に訪れよう。
 
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする