あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

サムピックについて話してみる

昨日はJAMSの初ライブでした。
 
聴いてくださった方々に感謝!カフェ「K-onn」のアットホームな雰囲気に後押しされ、幸先の良い?デビューが飾れたのでは。
 
また新レパートリーを引っ提げて挑みたい、3カ月後にね。
 
敬意を表してリンク貼っとく。
 
 
愛知県春日井市の音楽/英会話教室、楽器店、ライブカフェ music space K-onn/Cafe Comodo
飛び入りライブ。

 
JAMSのおかげで最近アコギをよく弾くようになった。今までこだわってこなかったちょっとしたことも、ちゃんと追求していきたいと思う。
 
今回はそのちょっとしたこと。ピックである。
 
 

▼サムピックについて

今「サムピック」がめちゃくちゃ気になっている。
 
その理由をたどると、JAMSのメンバー構成に行き着く。
 
JAMSはボーカル、ベース、ギターのトリオ。で、ドラムがいない。
 
やっぱり太鼓があるのとないのでは、ノリがぜんぜん違う。
 
そこで、パーカッシブなギターに挑戦したいと思ってる。
 
こんな感じ↓
 
いや、こういう人はソロでやっていただいて…。
 
肝心のぼくはラスゲアードとかギャロッピングすら未経験なんだけど、とにかくボディを叩くならフラットピックを握るのを辞めて、人差し指を解放してやらなければやらない。
 
そこで、サムピックがめちゃくちゃ気になる、という論理なのである。
 
ピックを使わずに弾けば良いじゃないか、というクリティカルシンキングがよぎったが、フィンガーピッキングだけではぼくレベルではアタック音が稼げなかったので昨日もやむなく鼈甲ピックの世話になったとこだ。
 

f:id:you_key69:20140223220325j:plain

 
 

▼お蔵からサムピック発掘

そして今日実家に寄る機会があったので、往年のコレクションから使っていなかったサムピックをチョイス。
 

f:id:you_key69:20140223220131j:plain

 
サムピックのメリットとしては、
・爪を伸ばしたり手入れしなくてもいい
・5本指がフリーになる
・ピックを落とすリスクがなくなる
等いろいろあるはずなんだが…
 
それを補って余りあるくらい弾きにくい。
 
ピックとしては致命的だ。
 
サムピックって自分の意志で握ってるわけじゃないからどこか違和感をおぼえる。
 
そんな違和感を払拭するために、サムピックを自分好みに削って使ってる人も多いみたい。
 
試しに使ってみて、削るなり、新しいの物色するなり、オーダーするなり、選択の余地はまだありそうなので、ラスゲアード練習しながら追求していきたい。
 
TAB サムピック TP105-BK×BK TAB Special タブスペシャル

TAB サムピック TP105-BK×BK TAB Special タブスペシャル

 

 

 

▼あっぷりへんしょん ~アコギ装備の今後~

ひとまずカポはレギュラー入り。
 
ピックの他に、弦やシールドの類いも気になる。今はエレキ用の使ってるから。
 
アコギ専用の装備を選定してみよう。
 
あとはもう本体?いやいや、それは欲張りすぎだ。まだまだ畏れ多い。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...