あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

子連れの飲み会はファミレスで催す

JAMS+宴会部長(元JAMSマネージャー)はぼくを除いて全員のんべえである。

バンド練習のあとはみんな呑みたい(らしい)。

でもさすがに1歳児を紫煙が漂うバーに連れていくわけにもいかない…

という葛藤に苛まれていた昨年末、デニーズで夕食をとっている最中に「ファミレスで飲めばいいじゃん」という啓示を受けたのであった。たぶん酒の神バッカスからのお告げだ。

嗚呼、「探せば見つかる」を地で叶えし酒の亡者たちよ…

ということで、今回からぼくは運転手で他のメンバーを自宅 or 駅まで送迎する方法にシフトしたのである。


▼今回お世話になったのは「サイゼリア
スタジオと目と鼻の先のサイゼリア

子どもが小さいから…と気を遣わなくていい安心感。スタッフさんの慣れた接客感。

同じ境遇の方々がこぞって集っているのだろう。

f:id:you_key69:20140125184450j:plain
妻のビールも息子の離乳食も同じ卓上に居合わせちゃうオールマイティー感↑

特にお手頃価格なサイゼリア。味もそれなり、ドリンクバーは、まあ…。

のんべえたちは「お客様 ご意見カード」みたいなものがあったら「サイコーです」って書きたいと、従業員にとっては至福のコメントを寄せていた。

総じてコストパフォーマンスは極大なのである。

何より息子が上機嫌。めでたしである。

次は「グラッチェ・ガーデンズ」に行きたい。だってアンパンマンだもん。


▼そうか、これが「ファミレス」か!
子どもたちはお子様プレートをほうばり、ママはワインを嗜み、パパは珈琲をすすり、ファミリーは皆好き勝手に腹を満たす。

これが「ファミリーレストラン」たる所以か、と本来の意図を今更ながら噛みしめることができた出来事であった。

学生時代、昼間っから入り浸ってすみませんでした。騒がしく夜を明かしてしまってすみませんでした。

あの頃のほくらは…お呼びじゃなかったんですね。

これからは改めてよろしくお願い申し上げます。

広告を非表示にする