あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

未来の自分に期待しない

2013年12月27日。このブログを書き始めて1年になる。

 

ちょうど去年の今ごろ、「来年こそは!」という想いに反吐が出そうになり、年明けを待たずして立ち上げた。

 

f:id:you_key69:20131227205034j:plain

 

▼未来の自分に期待しない

佐々木正悟著の《先送りせずにすぐやる人に変わる方法》に「未来の自分に期待しない」という項がある。

 

ここに痛いところを突かれた。

 

── 未来の自分はつねに今の自分より素晴らしいと人は錯覚しがち

 
しかしその未来が「今」になったとき、目の前にあるのは「大きく変わっていない自分」である

 

1年前これを読んでハッとさせられ、「来年からじゃない。今でしょ。」という気持ちになったのを昨日のことのように覚思い出せる。

 

この1年で息子は離乳して、走り回り、「あんぱん」を連呼できるまで成長した。

 

ぼくは何ができるようになったのだろう。

 
 

▼文章と音楽とドケルバン病

当初は別に続くと思ってなかったし、周りもまたどうせ三日坊主でしょ?という反応だったに違いない。

 

もちろん途中で挫けそうにもなったが、ある時、ユダヤ人富豪の言葉に触発され、気を持ち直した。

 

── 自分の好きなことを日常的に少しずつやること。小さい頃から自分が好きだったことを思い出して、それをやってみることだ

 

そう、ぼくは音楽が好きだ。だから少しずつでも毎日やらなければいけない。

 

啓示を受けた気分で曲作りの方法をいっぱい論じてきたし、実践もしてきた。

 

しかしこれだけ音楽ネタを書いたところで、2013年の一番人気はドケルバン病(腱鞘炎)ネタだったのである。

 

えてしてプロダクトとマーケットはすれ違いがちである。
そして、なんと健康に悩む人の多いことか。

 
 

▼あっぷりへんしょん ~未来に期待するのではなく、今に情熱を注ぐ~

最近読んだタリーズコーヒー社長の松田公太著《すべては一杯のコーヒーから》にまたぼく自身にグサッとくる一言があった。

 

── あらゆる仕事にいえることだが、最も大切なのは「情熱」だ。

 

キラーフレーズである。

 

この本を読むと、著者がどれだけ情熱的なのか、会ったことがなくてもぎゅんぎゅん伝わってくる。

 

そして逆にそこまで情熱がないと起業なんかしちゃダメだ、とも考えさせられる。

 
 

年末はつい来年の抱負を語りがちだが、来年からではなく今から情熱を注ごう。

 

年末にどれだけ情熱を注いだかで、2014年の自分に差が出るはずだ。

 
 

▼参考文献

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
広告を非表示にする