あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ルーツをフレームワークで紐解いてみる

ルーツを遡ったところ、「っぽさ」が実は最先端を往っていることが判った。

 

f:id:you_key69:20130928232807j:plain

photo credit: oskay via photopin cc

 

前回、バックログでボサノヴァ・アレンジ《HarpaVerde》の源流をちょっとだけ遡った。それが意外におもしろくて、もしかするとジャンルとフレームワークの関わりについて踏み込めるのでは、なんて独善的な期待を寄せてしまい、今回さらに源泉まで遡ってみようと考えたわけである。

 

結果的に《かえるの合唱》にたどり着くのは百も承知だが、それまでに数々のジャンルを幾たびもフレームワークを組み換えて渡り歩いてきたんだと大げさに心酔してみたい。

 
そして、皆様におかれては「フレームワーク作曲法」はいいけど、じゃあ実際どうなの?という疑問に対して、コトバじゃなく体験として感じとっていただきたい。
 
 

▼ジャンルの変遷

せっかくなので、現在研究中のサンバから。

  

ボサノヴァ

  

ジャズ・プログレ

  

ゲーム音楽

  

チップチューン

 ※SoundCloud未投稿曲のため、ここから視聴→ [視聴] 
 
 

フレームワークの変遷

上述したように、

 

・サンバ
ボサノヴァ
・プログレ×ジャズ
ゲーム音楽
チップチューン

 

というようにふり返ってみると、まるで音楽の変遷を地で辿ってきたようである。

 

これは偶然ではない。隣り合うジャンルはフレームワークに親和性があるからこそ遷移しやすい。これは歴史が証明している。

 

しかし、この《かえるの合唱》変奏曲は一部のハイライトにすぎない。今回は特定のジャンルにのみスポットを当てたが、パンクやシンフォニックメタルの流れだってある。

 

つまり、これから私のミッションは2つのベクトルに向かうことができる。歴史を遡る方向と、逆に現代に進む方向。

 

前者はクラシックから古楽へ、もしくは民族音楽の方面である。一方の後者は、まだ触れたことのないベタなロックンロールやカントリーの領域を侵すこと。

 

されば、もっと引き出しの幅が広がることは間違いない。

 
 
 

▼あっぷりへんしょん ~「っぽさ」で時代の先端を往く~

フレームワークで考えるといろんなジャンルに応用がきく。

 

ただ、どれもあくまで「っぽい」ことを注として添えておきたい。厳密なジャンルを語るには知識も経験も足りなすぎるから。どうしても「サンバっぽい」「ジャズっぽい」に留まってしまう。

 

私はそれで良いと思っている。フレームワークが「天才っぽく振る舞うためのチェックリスト」だからだ。

 

最後にもう一つ、どれも7拍子である理由を挙げておこう。

 

「そんなのサンバじゃねえよ」と詰られたとき、「いや、サンバっぽいだけであって実際にはプログレッシブ・サンバだから。普通のサンバと一緒にされちゃ困るね」と保身するためだ。

 

私は常に時代の最先端を走っているのである。

 
 
Sincerely yours, Yuki AOYAMA.
広告を非表示にする