あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

たまにはPUNKを作ってテンションを上げよう

メタル&プログレ好きの私ではありますが、単純にテンションが上がるジャンルに「PUNK(パンク)」があります。
 
今回はそんな聴いて楽しい、弾いて楽しいPUNKを作っちゃおう!企画です。
 
 

▼聴いててテンションが上がるPUNK!

朝のやることリストに「朝PUNKを聴く」というのを入れていたことがあり、寝起きの悪い私はPUNKで血圧を上げていました。また、旅のBGMにすると楽しみが倍増したりもします。
 
それだけ私にとってのPUNKは、モチベーションをかき立てる効果があるんだと思います。
 
そんな効用を期待して、以前オリジナルでこんなコンピレーション・アルバムを作ったくらいです↓

PUNKO the compilation

 
今でこそPUNKのムーブメントについては詳しく知りませんが、相変わらずSUM41, GoodCharlotte, theOffspring, Zebraheadは私の中で四強です。
 

Does This Look Infected

Does This Look Infected

Young & the Hopeless

Young & the Hopeless

コンスピラシー・オヴ・ワン

コンスピラシー・オヴ・ワン

Playmate of the Year

Playmate of the Year

 

▼弾いてて楽しいPUNK!

私が所属しているバンドをもう一つ紹介しましょう。
 
高校時代から紆余曲折があったものの、なんとか活動を続けている名もなきバンドです。過去にポップスやV系に手を出したりもしましたが、基本『アイドル曲のPUNKアレンジ』に落ち着いた感があります。
 
たとえば、こんな曲たちを毎度、初心者でも弾けるレベルにPUNKアレンジし直します。
 
浪漫 / モー娘。
 
泣き虫少年 / BUONO
 
言い訳Maybe / AKB48
 
 

▼作ってみたいPUNK!

これだけPUNKを聴いたり、弾いたりするのが好きなくせに、作ったことがないというのはちょっとしたフラストレーションではありました。
 
なので、この『あっぷりノート』の場を借りて野望を実現しよう、と思い立ったのです。
 
お手本は先述した四強たち。
 
Tatoo of Lotus

やっぱり7拍子は譲れなくてプログレ・パンクになってしまいました。
 
その他、メロディとリズムはシンコペーションを使いまくって。
コード進行は《WantYouBad》と同じく「E - C#m - A - B」をパワーコードで。
ベースはやや遊ばせてみたしたが、相川七瀬っぽくなっちゃったかも?
 
少しはアレンジしてきた経験が活かせたかな?
 
もともとPUNKは社会に対する反骨精神の賜物でした。今回はインスト版ですが、歌詞とかパッケージで表現できるようVerUpできるといいですね。
 
 

▼あっぷりへんしょん ~PUNKで"破"してストレス解消~

結局は「守破離」ということでしょうか。
 
聴く・弾くという「守」から、アレンジする「破」を超えて、ようやく作るという「離」のフェーズに突入しました。
 
GREENDAYなんかが良い例ですが、PUNKは最低限スリーピースバンドで実現できるのも魅力の一つであり、また我がバンドのように初心者向けにアレンジしやすいって特徴もあります。
 
しかしながら、「シンプルなものほど難しい」という大自然の定理があります。卵焼きと一緒でシンプルなほど実力の差があらわになるのです。
 
まだ「離」に入ったばかりなので、鍛錬を怠らず精進していかねばなりますまい。
 
 
sincerely yours, YukiAOYAMA
広告を非表示にする