あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

男としてスーツを着たまま遊ぶ

リコーダーとピコピコ音のセッションがとても気に入ってしまいました。どちらも小学生時代に慣れ親しんだ音色だからかもしれません。
 
そんなノスタルジーに浸りながら、遊び心を取り入れて《FarBeyondtheBridge》をアップデートしました。
 
Far Beyond the Bridge 2.0
 
 
ぜひステレオサウンドでお聴きください。
 
 

▼アップデート概要

【Melody】
・コード進行は《あの丘を越えて》の後半部分を拝借↓
 Am - Dm7 - Gm - Bbm -- F - Dm - Bbmaj7 - Gm7, C7

・《CrestOfLotus》で使ったモチーフを採用(もちろん元は「かえるの合唱」)
 
 
【Tone】
・音色はピアノを追加。《FFVII MainTheme》を意識して。プレイ当時のチョコボに乗ってワールドマップを徘徊していたドキドキ・ワクワクを思い出しながら作りました
 
・空間系。なかなかPANのメーター振り切るってことできないですからね、これを機に振り切ってみました。ピコピコ音であれば、超人芸も可能ですし
 
 
【Rythm】
・地に足付かない浮遊感を漂わせるためにリズム隊も省きました
・アップデート前よりテンポもやや抑えています(92bpm)
 
 
たたき台の記事はコチラ↓
「たたき台」は一旦公開してから、叩いてもらう - あっぷりノート
叩かれるどころか、目にも掛けてもらえなかったエントリー

 
 

▼編集後記

男はスーツを着た子どもにすぎない」って坂口憲二がやってた缶コーヒーのCMが好きです。
 
息子が生まれるもっと昔のこと。妻に「子どもは男の子3人がいいな。もう既に1人いるけど」って云われたことがあります。私が「長男」の座に鎮座していたがために、息子は生まれながらにして「次男」のような存在らしいです。
 
ま、否定はしませんが…アホな発想とか創作意欲もどこか「子どもっぽい」ところが源泉だったりするような気がします。
 
今回の《Far Beyond the Bridge》も童心に返って、子どものように遊んでみたことから生まれました。曲名にもそんな想いを込めています。
 
完成度こそ高くはありませんが、夢がいっぱい詰まった作品なんです。
 
ちなみに曲名はインギーのこれとは何ら関係はありません↓

Yngwie Malmsteen + New Japan Philharmonic/Far ...