あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

「セレンディピティ」を味方につける

たまたまというのか、偶然と云う名の必然というのか、こうゆうの欲しいなあと思ったタイミングに、これ使えるじゃん!ってのが重なることがあります。 
 
そんな偶然の産物はこれ。
 
PhacophorusArboreus ~森に棲む者~
 
 

▼きっかけはやっぱり「レビュー」

欲しいなあって思ってたのはこれ。
 
モデルの体型を鑑みて、自分のヘルスメーターを確認しておく - あっぷりノート
理想と現実のギャップについて

 
その中のダンジョン系(森)の曲です。苦手分野だったので。
 
そして、これ使えるじゃん!て思ったネタがこれ。
 
以前、タンゴ系の循環和音として作ったデモ曲
 
何となく作ったものの、使途不明だなあ、何とかしたいなあって5月のレビュー(レトロプロスペクティブ)で思ってたときに、使えんじゃね?とひらめいたのがきっかけでした。
 
結局まったく別のアレンジになってしまいましたが…基本のモチーフはそのままです。
 
 

フレームワークで彩る

使えるとは言え、まだモチーフとコード進行しか決まっていないチップチューン状態だったので。
 
例によってお手本から【Tone】と【Rythm】をいただきました。
 
 
(最近《Xenoblade》のOSTばっか聴きこんでしまってます。ゲームやったことないのに…)
 
お手本を色濃く受け継いでしまったので、プロトタイプ版とは変わってしまいましたが、前述したように基本は変えてませんよ。
 
 

▼それとも「セレンディピティ」ってやつ?

カラーバス効果ってやつでしょうか?カクテルパーティー効果っていうんでしょうか?
 
意識してると自然に向こうから飛び込んでくるんですよね。引き寄せの法則
 
まあ、アカデミックな見解はさて置き、要するに「探せ。さらば見つからん」ということです。
 
にしても、モンスターとのエンカウント曲が「セレンディピティ」って、何かお洒落じゃありませんか?
 
 

▽参考記事

 
 
 
広告を非表示にする