あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

妄想した結果をミニマる

前回のエントリーで触れた「妄想力」に感化されて、ファンファーレとゲームオーバーのデモ曲を追加で作ることにしました。
 

▼まずはチップチューンなミニマルでお届け

ファンファーレやゲームオーバーは大曲である必要がないため、まさに「ミニマル・ミュージック」が相応しそうです。
以下2曲、おいおい音色は考えますが、まずはチップチューンでお披露目。

ファンファーレ 《WinningJump》
 
前半のコード進行はスーパーマリオのゴールBGMを、後半はDAITA氏の《Triptych》を借用して、またまた《かえるの合唱》をモチーフに乗せて作ってみました。
 
 
ゲームオーバー 《ToppleDown》
 
バトル曲のモチーフと《蝦蟇のオスティナート》をゆっくりめテンポで表現してみました。
 
 

▼今後をデザインする

その他、オープニングの対となるエンディング曲の必要性にも駆られましたが、エンディングは大抵ストーリー中に出てきた色んなテーマ曲の融合だったりするので、もっと貯めてからの着手としたいです。まさしく、モジュールによる作曲が本領発揮する場ですね。
 
究極は制作発表会用のBGM。これを創らせるには、もはや病的と言える妄想力が必要でしょう。中二的な。
 
広告を非表示にする