あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

楽曲はモチーフでブランディングする

ブランドの語源は「焼き印」に由来します。世にはばかる「ブランディング」とは要するに自分印を刻むことを云います。

f:id:you_key69:20130411234137j:plain

photo credit: TheFalcon via photopin cc
 
先日、モチーフには思い入れがあって語り尽くせないと言いましたが、この場を借りて少しでも想いが伝えられたらと思っています。
 

▼モチーフとは

先の青島氏の定義を引用するなら
 
 モチーフとは、2小節の音型(フレーズ)
 
を意味します。つまり2小節に収まるフレーズなら何でもモチーフになり得るんです。
 
但し、いくら2小節のフレーズであっても、あくまでモチーフになり得る可能性があるだけであって、モチーフだと断定できるわけではありません。
 
モチーフをモチーフたらしめるには、その2小節のフレーズを繰り返し使ったりアレンジして転用したりする必要があります。
 
 

▼モチーフの事例

じゃあ具体的にモチーフって何なの?とお思いの貴兄、よく聴けい。
分かりやすいモチーフはインスト系の曲のほとんとで聴けると思います。
 
クラシックや映画、ゲーム音楽やオペラなどなど、ストーリーやシリーズの全編に亘って所々に流れる同じ音型をした二小節のフレーズです。
 
メジャーどころですと、FFVIIのテーマとかはワールドマップでも飛空艇でも回想シーンでも聴けますし、

ファイナルファンタジー7 「F.F.VII メインテーマ」 - YouTube
 
スーパーマリオワールドのBGMも地上や地下、水中問わず流れます

Super Mario World Speed Run (10:11) - YouTube
 
ゲームの各所で同じメロディもしくは変形したメロディを耳にすることができます。
 
徹底してるなあ、と感心したのは《スーパーマリオランド2 6つの金貨》です。


Super Mario Land 2: 6 Golden Coins TAS by ...

 
ラスボス戦も含めてほぼ全てのBGMに同じモチーフが使われています。もはや「ゲーム音楽の変奏曲やぁー!」の域です。妻にはアホっぽい音楽だとdisられたこともありましたが…
 
歌謡曲でももちろん耳にできます。個人的にモチーフの使い方が巧いと思ってるのはLUNA SEAですね。《END OF SORROW》や《I FOR YOU》の前奏やギターソロのなんと洗練されたことか!

PERIOD

PERIOD

 
あと、忘れちゃいけない、わが師の傑作。

メトロポリス・パート2 : シーンズ・フロム・ア・メモリー

メトロポリス・パート2 : シーンズ・フロム・ア・メモリー

 
コンセプトアルバムの雄。全編に亘って同じフレーズが聴けます。これはもはやパッサカリアに近いものを感じます。
 
 

▼モチーフの効能

さて、ここが肝ですが「なぜモチーフが要るか?」という命題についてです。
 
結論からいうと「心の琴線に触れるため」だと私は思っています。
 
で、そのために昨今、猫も杓子も鎬を削っているのが「ブランディング(ブランド化)」というやつなんです。たぶん。
 
自論ですが、ブランディングというのは常に2つの意味があると認識しています。仮に「A」をブランド化するとして
 
(1)Aといえば、何を思い浮かべるか?
(2)どんな時に、Aを想起してもらえるか?
 
という2つの意味です。「A」を会社名や商品名にするとより分かりやすいかもしれません。
 
モチーフで言い換えるところの、
 
(1)このモチーフを聴けば、何を思い浮かべるか?
(2)どんな時に、このモチーフが頭の中に流れるか?
 
ということです。
 
例えば、上の問いをこのBGMに対して投げかけてみます。
 
 
 
こんなふうに、人の心に入り込むために・印象に残るためにモチーフが効果的!って思ってるんです。
 
 

▼結論

で、色々想いを巡らせた結果、別に印象的なフレーズって2小節に限らないのでは?って疑問もあると思います。そしてその問に対する解は、その通りとしか云いようがありませぬ。
 
では、なぜ2小節(モチーフ)にこだわるかというと、「2小節が印象に残る最小単位」だからです。
 
もちろんそれ以上長くてもOKですが、それ以上短いときっと判別が難しくなってきます。インパクトを残す意味では2小節がちょうどいい。そして、何より大事なことがあります。私の云わんとしていることが察知できた方は、かなりの理解者でしょう。
 
そう、2小節の良いところは「アジャイルに実現できる」点です。
 
牛丼と一緒です。美味くて早くて安いんです!
 
ぜひモチーフを取り入れて、作品「自分印」を刻みましょう!
 
 
まだまだ語りたいことは山山あるんですが、キリがないので、もっと話したい方はオフラインで…
理解不能という方もオフラインで…
 
以上!
広告を非表示にする