あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

本当にやりたいことかを早起きして検証する

 

松山真之助著の《早朝起業》を再読していて、今までは何とも思っていなかった一文が目を惹いた
 
 ――やりたいことのために早起きをする
 
早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法

早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法


周りを眺めてみても、本を鑑みても、早起きの人はおしなべてその日が楽しみで早起きしてしまっているような気がします。
 
やりたいことを決めてから眠ってみる。
そして翌朝起きれなければ、それは本当になりたいことではなかったことになる
 
最近読んだ《スマホ時代のタスク管理「超」入門》でも同じくハッとさせられることがありました。
 
 ――「ハワイへ移住したい」というのが人生の目的であれば、
   起きてすぐにごはんを食べている生活には改善の余地があります
 

スマホ時代のタスク管理「超」入門

スマホ時代のタスク管理「超」入門

 
睡眠よりも食事よりもやりたいこと、大切なこととは何か。
早起きしてまでやりたいこととは何だろう?
 
毎朝が検証のチャンスだと、思ったのでありました。

 

広告を非表示にする