あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

Twitterを見直して入浴時間を有意義にする

2013年は元日から息子と入浴するようになりました。
まだ乳児なので10分で全身を洗い流して妻にバトンパス。
このスピード感は私のライフスタイルにない新しい息吹でした。
そこでこれは年初めのいいきっかけだと思い、入浴時間を見直すことを決意したのです。
 
というのも、以前は半身浴とかいって90分くらい平気で浸かっていることもしばしば。
入浴中に読書したりSNSしたりは確かにしていましたが、とりわけ生産的な時間とは程遠いすごし方をしていたものです。
 
まず見直したのは、浴室に本を持ち込むのをやめること。
スマホだけ持ち込んで、作業はTwitter1本に絞ることにしました。
(もちろん長風呂しないようにTogglで時間計測も)
 

f:id:you_key69:20130115003820j:plain

photo credit: Johan Larsson via photopin cc
 
私はブログで飯を食ってるわけでもなければ、アイドルでもありません。
これといってTwitterに使命感はないのです。
ただ個人的に「面白い!」と思った情報はネタにしていきたかったので、使い方を見直すようにしました。
 
Twitterだけならスマホで十分ですが、広がりのある情報は
・長文や映像など大画面で見たいものはPocketに入れておく
・使えそうなものはハッシュタグでEvernoteのInboxに飛ばす
ということをしているものですから、Twitterから多くの情報を取り入れすぎると、自ら自分への課題を増やし、首を絞めてしまいかねないのです。
また、それをやるか/やらないかレビューする時間がまた蝕まれます。
 
だからTwitterから収集する情報は最小限にする必要があります。
根本を削減して、本日よりよい環境を目指して
・ブラウザ用に「TweetDeck」
・スマホ用に「Serca2」
を導入しました。
 
これでTLで気になる情報だけを絞り込んでいきたい思っています。
 
今後の課題は、
・必要な情報だけ受信できる仕組みをつくる
・Pocketに入れる情報、タグ付けして発信する情報を厳選する
です。
 
削られた入浴時間から生まれ変わった風呂上りのひとときは、牛乳飲みながら読書の時間や子どもをあやす時間に充てたいと思っています。
 
 
広告を非表示にする