あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

尊敬する人には“あえて”文具や本を贈る

f:id:you_key69:20190406223115j:plain


春は出逢いと別れの季節ですね。

新年度がはじまり、尊敬する上司・先輩が独立(転職)してしまう、という方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんな相手に“あえて”文具や本を贈ってみませんか?



文房具や本を贈るのは失礼?


通例では、目上の人に文房具や本を贈るのは失礼にあたるそうです。

「もっと勉強をしなさい」という暗喩になってしまうからだそうです。

なので、

  • 何を贈ればいいかわからないなァ
  • 無難にちょっと良さげな万年筆にしようかな
  • ハードカバーのビジネス書なら何でもいっか

というように中途半端な気持ちで贈るならやめておいたほうが賢明です。

それならまだネクタイやお酒とかのほうが無難です。


信頼関係があるならOK


ただ、おたがいが読書家であることを認識していたり、 「いい本があるんですよ~」とか話したことがあったりするなら、別に本を贈っても違和感はないとおもいます。

「このペンケースすごいんだよ」と自慢されたり、「これ書きやすいんですよ~」と薦めたことがあったりすると、別に文房具を贈っても自然だとおもうんです。

要は信頼関係が成り立ってれば、何を贈ってもOKなんですね。

尊敬する上司・先輩となら、そういう会話の一度や二度はかわしたことがあるんじゃないでしょうか。


エピソードを添える

f:id:you_key69:20190406223230j:plain

贈るものに印象的なエピソードがあり、見ただけですぐにメッセージが伝わるようなものなら説明不要でしょう。

でも片想いだったり、過去の他愛もないやりとりにまつわる贈り物なら、わたすときに一言そえるといいでしょう。

照れくさければ手紙をしたためても良いです。

そんなこと覚えてくれてたのか
そんな風におもってくれてたのか
と感激してもらえるかもしれません。


むしろ“あえて”攻めよう


慣習的は失礼とされるものを“あえて”贈ることで、インパクトを残しやすくなります。

失礼を承知の上で、それくらい贈りたかったんです、という強烈な想いがこめられるので。

「目上の人に文房具や本を贈るのは失礼」あくまで通例です。

あなたと相手の関係が、その常識の範囲内でしょうか?
それとも、それ以上の関係でしょうか?

その回答次第で、プレゼントの選択肢はかぎりなく広がることでしょう。


あっぷりへんしょん ~これはノンフィクションです~


これは実体験がもとになっています。

尊敬する上司、というか目標にしていた上司が転職を決断しました。

知ったときはすでに決意はかたく、ひるがえすことはできませんでしたが、一方で、転職を選択したことでさえ「さすが」と納得してしまった記憶があります。

さすが行動力があるな、と。

上司に相談にいくと、A4用紙の裏にササっと絵を描いて説明してくれるのがうれしくて、思い出で。

そのエピソードにからめて筆記具を贈りました。

貴殿のさらなる飛躍を祈念しています。

そして、スピリットはたしかに受け継ぎました!次世代につないでやりましょう。

ブログの休養日はTwitterでつぶやく

f:id:you_key69:20190404232354j:plain


先日、ブログの休養日は過去の記事をリライトすると提案しました。

ただし、休養日には2種類あります。

積極的に休む「アクティブ・レスト」と、時間がとれない、やむを得ない消極的休養

前者は過去記事をリライトするなり、環境を改善するなり、投稿以外の作業についやせばいいとおもいます。

でも一方で、どうしても時間がとれない後者のような状況では、書きたくても書けないんですよね。

なので、かわりにTwitterを投稿してみてはいかがでしょうか。



Twitterのメリット

文字数制限がある

Twitterは「簡易ブログ」と呼ばれることもあります。

140文字という制約がメリットになります。

ブログみたく3000文字とか書かなくてすむんです。

「簡易」たるゆえんです。

制限を逆手にとって、スピードを追求しましょう。


ブログの縮図となる

文字数が少ないだけでコンセプトはブログと一緒です。

“すこしでも人様のお役に立てる情報を”

そのスタンスは貫きたいですね。


ブログとの親和性

ブログと同じスタンスで投稿しておけば、つぶやきの内容を発展させて、さらにブログで深掘りしていくこともできます。

何も思いつかない…というときは、逆に過去のブログ記事に誘導しちゃえば、アウトプット欲も満たせて宣伝もできるで、一石二鳥じゃないでしょうか?

そう、ブログとTwitterの間でシナジー(相乗)効果が期待できるんです!


実例


ということで、ためしに投稿したのが下の2つ。


過去に記事にした内容を140字に凝縮しました。

Twitterを活用することで、そんな編集力も身につくかもしれませんね。



あっぷりへんしょん


もうすぐ時間がとれなくなる時期に入りそうです。

例の消防団の活動です。22時就寝・4時起床ってやつ。

なので、その布石として宣言してみました。

Twitterを活かして、ブログ更新ができない罪悪感に打ち克てるといいです。


最期までご高覧いただき、ありがとうございました!

市民ランナーこそ『SIT』でトレーニングすべき3つの理由

f:id:you_key69:20190403231431j:plain


先日のVO2maxの記事の中で、スプリント・インターバル・トレーニング(以下、SIT)がマラソン向きだと知りました。

そこで、今朝ためしに実践してみたところ、めっちゃ市民ランナー向けのトレーニングだと感じたので、報告させてください。



被験者の基本スペック


さっそくご報告したいところですが、その前に被験者(わたし)の基本スペックをのせておきます。

 年齢 35歳(♂)
 職業 システムエンジニア
 所在 岐阜県大垣市
 ランニング歴 3年
 ハーフマラソンPB 1:43'26"
 フルマラソンPB 4:24'30"
 ※PB=パーソナルベスト、自己ベストのことです

ランニングレベルは中庸といったところでしょうか。

そんな市民ランナーがSITに挑むとどうなるか、参考になれば幸いです。


計画


はじめにSITの内容をおさらいしておきましょう。

・(30秒 全力スプリント+4~5分 休止)×4~6回
・それを週4回
※全力スプリントで尽き果てるまで力を出しきるのがポイント
※転ばないように注意

いま全力でスプリントするとしたら、きっとVO2maxを測定したときのスピード4'00"/kmよりもはやく走ることになります。

30秒間なので、さらに早いスピードが出せるかもしれません。3'30"/kmくらいでしょうか。

一方の休止については、完全に立ち止まってもいいし、呼吸が整えられるペースでのジョグをしてもいいそうです。

全力ダッシュがどれだけの負荷になるかわかりませんが、ひとまず軽いジョグで休止することにしてみます。

休止ジョグのペースは、例のVO2max判定表回復ペース=5'43"/kmを目安にします。


(30秒ダッシュ+4分ジョグ)×5セット
のつもりですので、トータル22分30秒。

仮にダッシュのペースを3'30"/km、ジョグのペースを5'43"/kmとするなら、走行距離はだいたい4.2kmくらいになる計算です。


f:id:you_key69:20190403225854j:plain

▲というのを、Spread Sheetで計算しました


距離や時間だけみると特別なかんじはしませんが、より密度が濃いトレーニングであることの裏がえしなんだとおもいます。

油断は禁物。気をひき締めてまいりましょう。


実践

ステージ

f:id:you_key69:20190403225937j:plain

実践のステージは近所の堤防です。

f:id:you_key69:20190403225949j:plain

歩行者専用の道があるのでそこで走ってみます。

f:id:you_key69:20190403230028j:plain

走る場所を選ばないのがSITのいいところですね。


ランニングウォッチで手動ラップを取得する

はじめてランニングウォッチ(Garmin 230J)で手動でラップタイムを測りました。

本来、ラップというのは400mトラックを1周、2周...と走るときに1周分のタイムを測るためにつかいますが、今回は各インターバルを1ラップとして記録しました。

  • lap1. 30秒 ダッシュ
  • lap2. 4分 ジョグ
  • lap3. 30秒 ダッシュ
  • lap4. 4分 ジョグ

    :
というようにです。


記録開始はいつもどおりにアクティビティをスタートします。

f:id:you_key69:20190403230358j:plain

区切りの時間がおとずれたタイミングで…

f:id:you_key69:20190403230411j:plain

Garmin 230Jの場合は、戻る(矢印)ボタンを押すことでラップが切れます。


結果

所感と注意点

f:id:you_key69:20190403230457j:plain

予想どおり25分弱で4.2km、かなり濃厚な時間となりました。

ただ30秒という時間はあっという間にすぎてしまうので、ダッシュし始めに温存しようと卑しくかんがえてはいけません。

最初から全力でのぞまないと、最後まで力を使いきることができなくなります。

1セット目は限界まで出しつくすことに失敗しましたが、それでも4セット目以降のダッシュはかなり疲弊しました。

ダッシュのあともすぐにジョグに切り替えれず、歩いて呼吸を整えたりしていましたが、特に問題なくトレーニングはクロージングをむかえました。


ラップタイム

はじめての手動ラップに挑戦した結果、タイムはこのように記録されました。

f:id:you_key69:20190403230438j:plain

▲Garmin Connectアプリのキャプチャ


ペース

最速が2分台前半だせたのは意外でしたね。

f:id:you_key69:20190403230518j:plain

▲RunkeeperのGPSが作動しなかったので、ペースもGarmin Connect頼み


心拍数

もちろんMi band 3も装着し、心拍数も計測しました。

f:id:you_key69:20190403230838j:plain

もちろん運動強度は90%超ですが、ビルドアップやウェーブ走で追い込むときよりは心拍が上がらなかったのが意外でした。

これもSITのなせる業なんでしょうか。


効果は?

心肺機能がレベルアップしたかどうかは、効果検証をしてみないとわかりませんが、筋肉は応えてるような気がしています。

つい先ほど夜の筋トレタイムを終えたばかりですが、臀部からハムストリングスにかけてちゃんと筋肉痛になっていました。

すくなからずSITの負荷が筋肉を破壊してくれたんだととらえています。


SITが市民ランナーに向いてる3つの理由


はじめてのSITを経験して、すごく市民ランナーフレンドリーなトレーニングだとかんじたので、書き記しておきます。

(1)タイム計測だけでできる

正確な距離が必要なわけではないので、専用の競技用トラックがなくても、そのへんの道端でできます。

VO2maxを測るときは、正確な距離がわからず、Garmin 230J とRunkeeperから概算で計算しました。

その点、SITはタイムだけ測れればいい。

最悪、ストップウォッチさえ持っていればいいんです。

これは市民ランナーにはありがたいですね。


(2)汗をかかない(かきにくい)

最近また冷えこむようになり、今朝の大垣市の気温は6℃だったというのもありましたが、これだけ出しきったのに不思議と汗がふき出してきませんでした。

汗をかかない=朝シャワーが省ける(または、短時間ですむ)というメリットがあります。

これも朝いそがしい市民ランナーにはありがたいことです。

この時期でも10kmのビルドアップやウェーブを走れば、後半は汗をたれ流してるので、短期間にスパッとケリがつくSITは汗をながす暇さえあたえないのかもしれませんね。

現に心拍も限界値までは上がっていなかったので。


(3)時間の節約になる

今朝すこし寝坊してしまいましたが、7時過ぎからでもじゅうぶんトレーニングできました。

もし、これが10kmのスポット練習だと45分くらいは時間が拘束されてしまいます。

でも、SITならトータルで25分弱なので、トレーニング時間が単純に半分になります。

これも、朝いそがしい市民ランナーには大変ありがたいことですよね?


あっぷりへんしょん


これで本当にタイムが伸びるなら、SITほど市民ランナーに向いてるトレーニングはないんじゃないかと買いかぶっちゃいそうなくらいです。

まだ1回のトレーニングではなんとも云えないのですが、週2~3回ほどやってみて、2週間後にVO2maxを測ることで効果検証するつもりです。

このSITがSHITにならないことを祈って…!


最期までご高覧いただき、ありがとうございました!

有償版「はてなブログPro」へプランを変更しました!

昨日宣言したとおり、はてなブログの有料プラン「はてなブログPro」への申し込みが完了しましたので、ご報告いたします。

決断は早いほうがいい?

f:id:you_key69:20190402225330j:plain

はてなブログ Pro


移行はブログ開始から976日での決行です。

調べれば調べるほど、このまま続けていくには

  • 有償版に移行したほうがいい
  • しかも早ければ早いほどいい

という結論にみちびかれました。

その根拠は昨日お話ししたとおり、みんなにメリットがあると感じたからです。

ここからが新たなはじまりなので、行く末が本当に楽しみです。


さっそく設定変更へ


登録はあっさりするほどカンタンにおわり、完了と同時に設定変更画面へナビゲートしてくれたので、さっそく

  • 広告非表示
  • キーワード自動リンクOFF
  • ヘッダーOFF
  • フッターOFF

は設定変更しました。

f:id:you_key69:20190402225454j:plain

そうそう、こらがやりたかったの。

見た目も気持ちもスッキリしました。

あとは、

  • トップメニューの一覧形式化
  • 固定ページの作成(プロフィール等)

も追々ためしてみたいですね。

独自ドメインへの移行は…ブログの内容やテーマを整理しながらかんがえます。

未来は明るい!


f:id:you_key69:20190402225510j:plain

ちなみにプランは「1年コース」。

期間も金額もまぁ無難なコースなんじゃないでしょうか。

取り急ぎご報告まで!


おやすみなさい!

【宣誓】新時代はブログをパワーアップして駆けぬけます!

新年度、あけましておめでとうございます。

来る5月1日からの元号も発表されたことですし、気持ちをあらたに仕事や学業、ライフワークに臨まれるかたもいらっしゃったんじゃないでしょうか。

私もその一人です。


新年度の目標


私のライフワークは今年度中に
ハーフマラソン サブ100(1時間40分切り)
・フルマラソン サブ4

を達成できるようにがんばります!

心拍計測をはじめてから、トレーニングの仕方もかわってきました。

ただガムシャラに頑張るのではなく、愚直に論理的にアプローチしていきたいとおもいます!

── という宣言をここ(ブログ上)でするのって大事だとおもってまして。


ブログあってのランニング

f:id:you_key69:20190401224947j:plain

思えばランニングをつづけてこられたのも、このブログがあってこそです。
・スロージョギング
からはじまり、
・景観遺産めぐり
ハーフマラソンへの参戦
・補給食やギアの研究
東京マラソンへの参戦
心拍計の導入

等々

事あるごとに、ここに宣言・実践し、検証をした結果を記録してきました。

ブログなしではここまでたどり着けなかったとおもってるんですね。

ただ、それはあくまで自分のためにあるブログでした。

これからは、せっかくブログに載せるんなら、もっと人様の役に立ちたい。


「大きなお世話」ではなく「役に立つブログ」を


いっときから「大きなお世話を、小さなお世話に」をサブテーマに据えて、すこしずつ読み手の目線を意識しはじめました。

でも、まだまだなんです。

ラソンと同じでまだまだ改善の余地があります。

そこで、

  • もっと読みやすくするために
  • もっと読んでもらうために

どうすればいいか、試行錯誤の末にたどりついたのが

有償版の『はてなブログPro』と契約する


という答えでした。


はてなブログPro』に期待する3つのメリット


唐突とかんじられるかもしれません。

でも、ちゃんと根拠はあるんです。

有償版の『はてなブログPro』を契約することで、3つのメリットを期待できるとかんがえました。

  1. 読者の皆さんへのメリット
  2. 自分へのメリット
  3. 運営会社へのメリット

の「三方良し」です。

すこし解説をそえさせてください。


読者の皆さんへ

まず期待できることの1つとして「読みやすさ」があげられます。

有償版Proにすることで読者フレンドリーな設定ができます。

たとえば、

等ができるようになります

設定変更することで、雑音となる情報をできるだけ省けるようになるんじゃないかと期待しています。


自分へ

つぎに自分にたいするメリットとして「投資」としたの側面があると期待しています。

冒頭で述べたように、私のランニングはブログとともに成長してきました。

走ることで精神や肉体を鍛え、書くことで論理力を養います。

ただ書くだけじゃなくって、本を読んだり、計画を立てたりした結果をアウトプットする。

成長の影にロジックありです。

ブログにもっと投資すれば、巡りめぐってランニングにリターンがあるんじゃないかと淡い期待をよせています。


運営会社へ

そして3つ目は運営(はてなブログ)にたいする「感謝」を形にできることです。

  • ブログを書く楽しさ、
  • ライフワークであるランニングを楽しむ場、

を提供してくれるプラットフォームとして、はてなブログには大変お世話になっています。

たとえ、投資対効果がうまれなくてもいい。

はてなブログが末永く発展できるようにサポートするための寄付金だとおもえば、痛くもかゆくもありません。

いつもありがとうございます。


あっぷりへんしょん

ということで、令和元年は「はてなブログPro」でスタートを切りたいとおもいます。

ランニングとブログの両輪があってこそのライフワークですからね。

どちらが欠けても成立しません。


今年度もどうぞ、よろしくお願いいたします!

【まとめ】大垣市周辺の“季節の花リスト”を公開します

f:id:you_key69:20190331233152j:plain


桜の花は儚いですね。

もう数日たつと散ってしまう、季節の花の尊さ。

桜舞う季節はすこし切なくなってしまいます。

でも、大丈夫!

花見は桜の花以外でもできます!

その季節にしか拝めない花は他にもたくさんあるんです。

せっかく日本に住んでいるんだから、四季を年中、全身で感じていきましょう。

ということで、今までたくさん季節の花をジョギングで愛でてきたので、リストにまとめたいとおもいます。

大垣市近郊にお住まいの方々も、そうじゃない方も。

どうぞ、ジョギングやピクニックの参考にご活用あれ!






あっぷりへんしょん


あらためて一覧化してみると11月・12月に季節の花ジョギングを敢行していないことに気づかされます。
(今回はむりやり紅葉をリストにいれましたが。)

次年度の課題ですね。

今までジョギングでたくさんの季節の花を愛でてきたので、備忘と共有のためにリストを公開することにしました。

自利利他の精神です。

「ジョギングでどこに走りに行こうかなァ」
「大垣周辺で散策したいなァ」


そんなとき、このリストを参考にしていただければ幸いです。


最後までご高覧いただき、ありがとうございました。


改元前に!かつて元号になった“養老”をウェーブ走で詣でる

f:id:you_key69:20190330233323j:plain


いよいよ、元号が4月1日に発表されますね。

首相官邸SNSをも駆使して発表するとの報道があり、少し話題になっていました。

1989年、元号が「平成」に制定されたとき、岐阜県関市(旧武儀町)にある平成(へなり)地区が大フィーバーに沸いたそうです。

同じように今回の改元で、おもわぬ幸運に恵まれる町があるかもしれません。

そうそう、古来の元号にゆかりのある町が近所にあるので、改元前の記念企画として一目みておこうとひとっ走りしてきました。



養老町

その元号にゆかりのある町というのがわが大垣市の隣町、養老町です。

西暦717年から724年が、養老元年~養老8年だったのです。

日本史で云うと藤原不比等とか墾田永年私財法の時代です。

なので、2017年には改元1300周年といって少しフィーバーしていました。

そう、その「養老」は、この養老町が由来だったからです。


養老の由来

f:id:you_key69:20190330233408j:plain

詳しくは、案内板をご覧いただきたいですが、簡単にいうと、

昔、この界隈で青年が瓢箪(ひょうたん)に水をくんで父を養っている事実を、時の天皇元正天皇)が耳にし、実際に訪問してその泉水に感銘を受けたことから元号を改められた

ということです。



f:id:you_key69:20190330233427j:plain

その水(酒とも云われる)を汲んだ場所が「養老の滝」と命名され、

f:id:you_key69:20190330233443j:plain

養老町ではその青年が携えていたとされる瓢箪も名物になっています。


さて、その養老町には何度かジョギングで訪れたことはあります。

改めて訪れるとしたら、どこにしようか──

回答に迷いはありませんでした。


新しい息吹

養老といえば──

養老駅

前々から「ランニングで行ってみたいとこリスト」にも載せてたんですよね。

養老鉄道の駅をめぐるラン、やってみたかったんです。

ふつうに行くんじゃつまらないので、ウェーブ走をしながら訪れることにしました。

今までこういうのってLSDでやってました。

でも、心拍ランを始めてから、もっと追い込むべきなんじゃないかと疑問におもい、負荷を上げて行こうと決意したわけです。


ウェーブ走

この企画を立ち上げた当初、2kmごとに5'30"と4'30"/kmのペースを交互にくりかえそうかと目論んでいました。

が、5kmほど走ってみて、これはまったくウェーブ走の意味をなしていないことに気づきます。

  • 4'30"では高強度の負荷にはならないし、
  • 5'30"では落としすぎてダレてしまう
  • 心拍も140bpm(少しキツイ)程度

なので、1km間隔で4'00"と5'00"の緩急をつけよう。

ゼーハーいうトレーニングで行きたいところに行ければ、持久力も鍛えられるし、楽しいし一石二鳥だと思いました。

しかしながら、それさえ破綻してしまうことになるのです。


ウェーブ走を阻む障害

何がウェーブ走を阻むかというと、走りながらも途中途中で、

  • 信号で停まる
  • 道に迷う
  • 写真を撮る

というアクシデントが起きるからです。

やはりウェーブ走は信号のない堤防や、せめて歩道が完備された道で走らなきゃダメですね。

他にも、

f:id:you_key69:20190330233602j:plain

歩道が急になくなって恐怖におちいったり

f:id:you_key69:20190330233621j:plain

どこに続くかわからない裏路地に入ったり

f:id:you_key69:20190330233659j:plain

写真を撮るのは、まぁ故意にやってますけど。

できるだけウェーブ走の波を崩さぬように目的地まで走りました。


養老駅

片道約8km。

f:id:you_key69:20190330233716j:plain

たどり着いたのは桜が五分咲きほどの養老駅


f:id:you_key69:20190330233323j:plain

いやぁ、めっちゃ良い雰囲気出てます。


f:id:you_key69:20190330233817j:plain
f:id:you_key69:20190330233831j:plain

構内はこんな感じ。


f:id:you_key69:20190330233850j:plain

公園もあるよ。


f:id:you_key69:20190330233909j:plain

西濃地方を開拓した立川勇次郎という人を称える石碑もありました。


近年では養老ICもできたりして、養老町の中心地は別のほうへ移ってしまっていますが、ありし日の養老時代にふれられた気がして、満足です。


ウェーブ走の結果

f:id:you_key69:20190330233948j:plain

帰りに「養老新橋」という橋を通るコースを選択したところ、ものすごく走りやすくて気持ちよかったです。

往路もこっちから行けば迷うこともなく、ずっと歩道を走れたのに。


f:id:you_key69:20190330234002j:plain

あと桜もキレイでした。

次回から養老町を訪れるときはこのコースにしようと心に決めたのでした。


f:id:you_key69:20190330234300j:plain

トータル約16km。


f:id:you_key69:20190330234341j:plain

ウェーブ走のペースはこんな感じ。

まぁ、それなりに緩急はつけられたんじゃないでしょうか。

何より結構サブ100に近いペースで走れてる。
いいぞいいぞ。


f:id:you_key69:20190330234429j:plain

心拍数は後半にいくにつれ、最大心拍数をブッちぎってました。


ナイスラン!


あっぷりへんしょん~次なる元号フィーバーは?~

今回も同じようにフィーバーする地域があるのでしょうか。

元号さえも、ランニングのネタにできればとおもってます。

楽しみです。


最後までご高覧いただき、ありがとうございました!