あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

ラーメンズのコントは何度か見るうちに伏線が回収できるらしい


今日の新年会で仕入れたネタ。


ラーメンズのコントは何度か観るうちに伏線が回収できる」とのことですので、ご連絡いたします。


コント職人「ラーメンズ


f:id:you_key69:20180105233320j:plain


かつて、NHK爆笑オンエアバトル」ではよく拝見していたラーメンズ


ただ、どことなくアーティスティックな世界観が漂っていて入りこめなかったラーメンズ


実は、1回こっきり観た程度では、その作品の意図は伝わらないらしい。


それは短編の映画のように、コント内にさまざまな伏線がはられていて終盤に向かうにつれ回収されていくというように、計算が張りめぐらされてされているらしい。


ただ、1回目ではその伏線に気づかない。


何回か見ているうちに理解できるようなのだ。


だから、ライブでコントを初めて観ても楽しめないと同僚は云う。


DVDで何度かくりかえし観ているうちに味が出てくるんだ、と。


YouTubeの公式アカウントで公演が観れるらしいので、週末、要チェックです。

美濃国分寺跡の山茶花(サザンカ) │ 四季の里ジョギング

当ブログでちょくちょく出てくるワード「四季の里」。


今の時期(12月~2月)は美濃国分寺跡で山茶花サザンカ)が拝めるらしいので、共有しておきます。


大垣市のページ


今夜は眠いので、以上です。


おやすみなさい。

左手で、ドローイングペンで“描き初め”する


f:id:you_key69:20180103223227j:plain


昨年、右脳の活性化という名目でためしてみた左手でのデッサン


意外と味のある絵に仕上がったので、ふたたびチャレンジ。


前回はシャープペンだったが、色がうすく存在感もうすくなってしまったため、今回はドローイングペンでやってみた。


ペンはコピックのマルチライナー0.8mmです。


f:id:you_key69:20180103222827j:plain


愛器、SV5470を愛でるために、モデルになってもらいました。


f:id:you_key69:20180103222859j:plain


性懲りもせず、また色付けしたら台無しになってしまいました。


でも、左手で塗ったので…と言い訳できるのが、レフトハンド・ドローイング(いきなり勝手に命名)のいいところでもあります。


正月三が日の間に、“描き初め”しておきたかったので、とりあえず達成できてよかったです。


本年はSVともども、よろしくお願いいたします。

壁掛けギターハンガーをつくる ~計画編~


f:id:you_key69:20180102221756j:plain


昨日、2018年は音楽にもあらためて注力したい、みたいなことを云った。


たしかに云った。


が、具体的な“計”はない。


ただ、今音楽をはじめるにあたって、あまりいい環境とはいえない。


なぜか?


ギターの定位置がないのだ。


いや、ないことはないが、HERCULESのギタースタンドにはすでにエレアコが鎮座している。


f:id:you_key69:20180102221642j:plain


これは、今ハマりにはまっているミスチル弾き語り用だ。


この牙城を崩す気はない。


ぼくの云ってるギターとは、エレキのほうである。


Ibanez(SV)のほうの。


引っ越してからほぼ1年、ケースに入ったままだった。


これはいけない。


SVに定位置をつくってやりたい。


アクセスしやすい環境をととのえないと、捗るものもはかどらない。


希望としては、書斎兼スタジオにギターハンガーをつけたい。


子どもたちに荒らされないように、壁掛けで。


f:id:you_key69:20180102221756j:plain

ということで、材料をかき集めた。


これで、SVに王座を取り戻してやりたいのだ。


あまりDIYにむかない季節ですが、こうやって少しずつ音楽ライフをリブートいこうとおもいます。



あっぷりへんしょん ~とにかく記事にすることで何か形になる~


とにかく、今回は眠ったままのSVを開けられたことが大きい。


f:id:you_key69:20180102221923j:plain


すこし弾いてみて、弾きやすさが健在であることは確かめられた。


サビついてしまった弦は替えてやらないとなァ。


そうやって口に出すと、とりあえずネタのために動くらしい。


具体的な計はなかったが、そうやって謀(はかりごと)が成果につながるといい。

謹賀新年!2018年は音楽でも再起をはかりたい

新年、明けましておめでとうございます。


本年もよろしくお願いいたします。



f:id:you_key69:20180101091344j:plain

朝、近所の神社へジョギング兼初詣にむかい、懲りもせず神社をスケッチして帰ってこようとおもいましたが、雨がひどく降ってきて、お参りだけすませて退散してきました。 


何か、今年一年の予兆でしょうか ──


と、不安になりかけましたが、帰り際に立派な虹を拝むことができました

f:id:you_key69:20180101091426j:plain


がんばれば報われる」というご託宣だといいですね。



さて、今年もランニングはもちろん、アートやDIYなどのものづくりも引き続きこなしていきたいですが、やっぱ“音楽”もいいなって思うのです。


いや、昨日ね、大晦日にね、十数年ぶりに紅白歌合戦を観てしまったわけです。


そこで久々に音楽のもつパワーに圧倒されてしまいましてね。


やっぱ音楽はすごい


好きだなぁ、って。


演者なのか、裏方なのか、どのような立場から携わるかは決めかねていますが、細々とつづけていきたいと思わされました。


需要の有無にかかわらず、このブログでもまた曲作りの報告なんかができるといいです。


まず2月までは精一杯はしって、東京マラソンを完走して、それから身の振かた(大げさ?)を模索していきたいと思います。


今年もおもしろい年にするぞ!


どうぞ、よろしくお願いします!

ジョギングに行った先でサッと風景画を描いてくる


f:id:you_key69:20171231210152j:plain

新年にかこつけて、年明けから新しいことを始めてはいけない。


新しいことを始めるなら、“今”始めよう。


とは、ぼくの言葉である。


しかしながら、云うだけ云ってぼく自身が何も新しいことをはじめられていないので、年が明ける前に実践してきた。



今こそスケッチ・ジョギングの時


ぼくのやりたいことリストに“ジョギングに行った先で風景画を描いてくる”というアイデアがしばらく眠ったままになっていた。


でもかなしいかな、いざやろうとしても、


寒いし、とか


描くものなんて持ち運べないし、とか


先延ばしにする理由をいくらでも思いつけてしまう。


いつかやろう…


これじゃあその“いつか”は、いつまでたってもやって来ない。


2017年が明ける前に実現しよう!


と、年内に実践することを決めてから、ふとひらめいたことがある。


その逆境、逆に利用できるんじゃないか ──


なぜなら、もしうまくいかなかったときに


道具がなくて…とか

手がかじかんで…とか

走り疲れてしまって…とか


いろいろ言い訳ができる。


これはチャンスだ!



持ちもの


大晦日の前日、ジョギングに持っていけそうなスケッチグッズをMy道具箱からピックアップしてみた。


f:id:you_key69:20171231204737j:plain


しかし、ランニングパンツにしのばせていくには、少々荷が重すぎる。


なので、選りすぐりの3アイテムだけを携帯することにした。


f:id:you_key69:20171231204656j:plain

  • クリアケース A7
  • メッセージカード
  • サクラ ピグマ 0.3mm


さいわい、3つともマルチポケットパンツにちょうど入る大きさだった。


カードとペンはかならず要るものだが、クリアケースを持っていったのは、ファインプレーだった。


ポケットのながでぐしゃぐしゃにならないし、描くときに画板としてもつかえた。


この3点セットは必携である。


もしもの時のために覚えておいてほしい。



まずはジョギングでウォームアップ


描くなら景観遺産ランナーとして、景観遺産を描きたかった


なおかつ、まず手軽にはじめるなら近場がいいだろう。


ならば目指すは「宝光院」である。


※景観遺産めぐりをしていた過去のレポートはこちらからどうぞ



自宅からはジョギングで行けば2kmにも満たない距離ではあるが、今回は絵を描くことがミッションである。


ここで大事なことを云っておきます。


真冬のこの時期(しかも早朝)に、ランニングの格好をして絵を描くなんざ、はっきり言って自傷行為にひとしいことである。


気温は2℃とか3℃である。


でも、レース仕様なので上着は着ない。


寒すぎるのだ。


だから、カラダを温めておく必要がある


少なくとも20分くらいウォームアップはしておきたい。


f:id:you_key69:20171231204938j:plain

ということで、おおきく迂回して臨むルートを採用する。



大谷川の堤防からスタートします。


f:id:you_key69:20171231204828j:plain

▲薄く雪化粧した養老山脈が艶やか



f:id:you_key69:20171231211602j:plain

ウォームアップのつもりだったが、寒かったのでレースペースで走ってしまった。



やはり杭瀬川の堤防は気持ちいい。


f:id:you_key69:20171231204857j:plain

▲水都大橋からは厚化粧した伊吹山が望めます



そして20分(4km強)走った先に見えてきたのが、大垣市の誇る景観遺産「宝光院」である。



f:id:you_key69:20171231204916j:plain

▲右手に見えるのが、宝光院です



宝光院を描こう


宝光院についてのレポートはくだんの記事をご覧いただきたいが、信長や家康にゆかりのある寺院である。


f:id:you_key69:20171231205008j:plain


今ちょうど司馬遼太郎の『国盗り物語』『新太閤記』を読んでいるので、テンションが上がっちゃう。


しかし、あまり感傷にひたっている猶予はない。


なぜならせっかく温まったカラダが冷えてしまうからだ。



ということで、おもむろにスケッチ3点セットを取り出し、描く。


f:id:you_key69:20171231205024j:plain

▲被写体は、これです



とりあえず、サッと1分くらいで描く!



そして描きあげた景観遺産が、これだ ──




f:id:you_key69:20171231204113j:plain


…寛大にみてほしい。


いろんなバックグラウンドやストーリー性があるということで、多目にみていただければ幸いである。


f:id:you_key69:20171231205124j:plain


そうそう、今回の目的は風景画かもしれないが、ぼくの最終目的は東京マラソンだから…と言い訳して帰路についた。


帰宅してから、本来持参したかった水彩絵の具で仕上げてみたが…


f:id:you_key69:20171231210242j:plain


走りはまあいいとして、いずれにしても絵画のウデはもっと鍛えねばならないようだ。



あっぷりへんしょん ~明日できることは今日やろう~


最終的にスケッチの技術が必須であるというごく当たり前のことを痛感したが、とても有意義なジョギングになったことは間違いない。


2017年の最終日にやりたかったことをやれて良かった。


また来年も新しいことにチャレンジできそうである。


皆様は悔いのない2017年をすごせたでしょうか?


来年はより有意義な年になりますように!


よいお年を!

“プチ遠征”の下見に行く ~浅中公園 編~

昨日、プチ遠征先のスポーツ公園の目星をつけました。


今日はその中から一件、「浅中公園」へ下見に行ってきました。


その結果、遠征先を選定する条件に、ひとつ大事なことが漏れていたことに気づいたので、報告したいとおもいます。


どうぞ。



浅中公園


f:id:you_key69:20171230210707j:plain


浅中公園は過去にもツツジを愛でに、何度か訪れたことのある公園です。

2017年版
2016年版


事前調査では、距離8.7km、クルマで16分でしたが、早朝ということもあり、10分程度で着きました。


f:id:you_key69:20171230210638j:plain

▲到着時は一番乗りでしたが、帰る頃にはサイクリング集団がぞろぞろと集いはじめ、クルマからロードバイクをおろしている「シックスホイール」を間近で拝見することができました



f:id:you_key69:20171230210621j:plain

コースは浅中公園の外周をまわる約5km。



まずは、公園内の競技場を一周走ってウォーミングアップします。


f:id:you_key69:20171230210603j:plain


公園内にランニングコースがあるというのは、やはりスポーツ公園のお家芸ですね。


ここで一旦、浅中公園の評価をつけておきます。

  • 駐車場 ★★★★★
  • トイレ ★★★☆☆
  • 手洗い場 ★★★☆☆
  • 公園内のランニングコース ★★★★☆
  • 休憩スペース ★★★☆☆


ぎふ清流国体の会場にも選ばれただけあって、なかなか設備は整っています。


そしてカラダが温まったあとは、ウィンドブレーカーをクルマに脱ぎ捨て、いざ出陣です!



遠征先としての最重要条件


出陣して早々、ある大事なことに気づかされたのです。


浅中公園のまわりは、信号が多い。


そして、交差点もおおい。


これはトレーニングとしては致命的です。


渡る前に一旦ペースをおとし、左右を確認してからまたペースを戻す。


これは、ストレスです。


思うようにペース管理ができないからです。


これはまさに本末転倒でした。


設備の条件ばかりにとらわれて、ランニングコースへの配慮をおろそかにしてしまっていたのです。


これではランナー失格ですね。


もちろん、実際に走って検証してみるまでは評価できませんが、近くに交差点や車通りがすくないか、くらいは想定できます。


あわよくば堤防に面しているような公園が望ましいでしょう。


そういう意味では、第1回目「杭瀬川スポーツ公園」はプチ遠征先として、かなりの好条件がそろった拠点といえるでしょう。


浅中公園、公園内の設備は及第点でしたが、公園をとび出して、外を走ろうと思うとちょっとクルマに気をつけなきゃいけない難点がありました。

  • 外周コースの走りやすさ ★☆☆☆☆


惜しい!


次はどこの公園を下見しようかな?


f:id:you_key69:20171230210740j:plain

▲浅中公園には親切に大垣市内のスポーツ施設マップが掲げられていました(永久保存版ですね)