あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

馴染みの旅先として山中温泉を再訪する

冒険家を卒業せよ


33際を過ぎたら、冒険家を卒業しよう。そろそろ馴染みのメニューと旅先をつくろう。

(中略)

30代は遊びも仕事も深める年代である。「外れクジ」ばかり引いている暇はない。

とは、『あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール』からの引用である。


ということで、8月に来た山中温泉にまた来てます。


地元の方が「11月はもっといいですよ」と教えてくれたからだ。


そしてその意味が来てみてすぐにわかった。


鶴仙渓の紅葉が格別なのだ。


f:id:you_key69:20171105231440j:plain


同じ宿泊先、東尋坊、恐竜博物館もふくめて馴染みのコースにしよう。

年2で来たいね ──


家族でそういう話になった。

輪之内町の町章とビルドアップ走

f:id:you_key69:20171104205106j:plain


来週11/12はいびがわマラソン本番


つまり今週末は最後の追いこみとなる。


なので、初の輪之内町入りを試みることにした。


一周22km。


もちろん、めざすは“輪之内町”である。




輪之内町

町章をめざすので、安八町輪之内町安八郡)の境に挑むことにした。


f:id:you_key69:20171104205205j:plain

そこまでちょうど片道11km


輪之内町入りするのははじめてだし、そこに至るまでの


f:id:you_key69:20171104205305j:plain

堤防や


f:id:you_key69:20171104205322j:plain

橋もはじめて走る。



たのしい。



f:id:you_key69:20171104205357j:plain

大垣市輪之内町の境は残念ながら町章がかかげられていません。


f:id:you_key69:20171104205421j:plain

揖斐川をわたり、めでたく輪之内町入り。


そして、町境のある県道220号に合流。

f:id:you_key69:20171104205455j:plain


町章の参拝者のために(?)歩道がしっかりと整備されています。

f:id:you_key69:20171104205512j:plain


エフピコを通り抜ける頃、急に雲行きがあやしくなってきたが…

f:id:you_key69:20171104205533j:plain


ん、あれはもしや?!

f:id:you_key69:20171104205614j:plain





f:id:you_key69:20171104205649j:plain

安八町の町章である。



ということは、反対側には ──

f:id:you_key69:20171104205730j:plain



f:id:you_key69:20171104205753j:plain

輪之内町の町章だ!

「ワの内」の意匠化で、円形は融和団結と希望に満ちた平和を印象づけ、更に下部の剣尖で向上を、上部の飛鳥で町勢の飛雄発展を象徴しています。


f:id:you_key69:20171104205818j:plain

輪之内町ホームページより


シンプルで意味づけがよく整理されたシンボルといえる。


個人的に好きな部類である。



さて、晴れて目的を達成したところで、帰りは北のルートを反時計回りにはしって戻ります。



ビルドアップ走

f:id:you_key69:20171104210428j:plain


じつは、今回のランニングにはもうひとつ目的があった。


このまま帰っては、ただの町章ランニングである。


来週は本番だというのに、楽しんでばかりはいられない。


ここからはストイックにいこう。


追いこまれてから、人はどれくらい底ヂカラを発揮できるのか


本番を想定して、15km付近からペースを上げてはしる「ビルドアップ走」をためしてみたい。


ここまでは5:40/kmくらいのペースで走ってきた。


後半は少しずつペースを上げてゴール(自宅)を目指すことにする。


と、スイッチを入れ直し、大垣大橋をわたり気合いを入れる。

f:id:you_key69:20171104210056j:plain


しかし、大垣市に入ったとたん急に大雨に見舞われた。

f:id:you_key69:20171104210113j:plain


急にカラダが冷える。


でも、止まったら敗けだ ──


雨に降られたら  乾いてた街が

滲んできれいな光を放つ

心さえ乾いてなければ

どんな景色も宝石に変わる


(『エソラ』より)


ミスチルの一節を口ずさみながら、ペースを上げた。



ランニングはフォームが命

街が放った光に視覚が刺激され、それが脳に伝わり、ぼくのランニングフォームがかわる。


胸をはり、腕をもっと引いて、大股で走るようになった。


するとどうだろう、今までよりもラクになったにも関わらず、軽い力でグンとスピードが上がったのだ。


この半年間はフォームとの闘いだった。


ランニングからくる、有痛性外頸骨、肩こり、こむらがえり


いろんな痛みに悩まされたが、フォームを治すことですべて改善された


カラダをいたわるためにもフォームは大事だが、より速く、もっとラクに走るためには絶対フォームはおざなりにできない。


走っている途中でフォームを変えると、まさに“トランスフォーム”するかのように、走りが変わる。


それまで使っていた筋肉とちがう筋肉が動き出すような気がするのだ。


ビルドアップ走においてトランスフォームを使うことで、疲労しているにもかかわらず後半はかなりペースを上げることができた。

f:id:you_key69:20171104210345j:plain


これは大きな収穫といえよう。


来週の本番がたのしみになってきたッ!!

アイデアを練るために左手で絵を描く

f:id:you_key69:20171103235020j:plain


絵を左手で描いてみた。


アルバートサウルスです。


イデアを練るために左手で描く

ブログの更新頻度をあげるために何かネタがないか、考えていた。


イデアがわかない。


そんなとき、どうするか?


佐藤伝氏の著書『夢をかなえる メモの習慣』(中経出版, 2008)で、「アイディアが出ないときは、利き手は使わない」と提言されていたのを思い出した。


読み返すと、こうある。

ある実験で、左の手を使って人物を模写したところ、右の手で描いたときよりも圧倒的にリアルで上手な人物模写となった

左手の神経は右脳につながっているため、左手を使うと右脳が活性化していく

左手を使ったイラストでメモする習慣を身につける


だまされたと思って描いたのが、冒頭のアルバートサウルスだ。


お手本はぼくの大好きな恐竜画家、川崎悟司


「もしも?」の図鑑 恐竜の飼い方

「もしも?」の図鑑 恐竜の飼い方


慣れない手による微妙な震えが味になるのか、狙っていない素直さが具現化されたような、そんな印象をあたえる。


絵を描くこと自体、右脳の活性化に効果てきめんときいたことはあるが、そもそも「左手で絵を描くこと」自体がネタになった。


ああ、よかった。

今こそ聴きたい!日本の至宝「Mr.Children」

ぼくの音楽ライフを語るうえで、Mr.Childrenミスチル)は切ってもきれない縁にある。


はじめて買ったCDはミスチルの『名もなき詩だったし、ギターをはじめたきっかけは『花 ~memento mori~』だった。


1983年生れのぼくにとっては『名もなき詩』(1996年)がまさに青春ドンピシャの世代なのである。


けど、そのまま時代はビジュアル系全盛期に突入し、その流れでぼくはHM/HRの世界をさまようことになり、10代後半以降はJ-POPと疎遠な関係になっていった。


ふりかえると、最後に買ったミスチルのシングルは『終わりなき旅』(1999年)。


それからミスチルとは20年ちかく距離をおいて生活をいとなんでいたことになる。


このままミスチルとの関係はうすれ、気をぬけば思い出すことさえなくなってしまうのか。


しかし、ラブストーリーは突然おとずれる。


先日、妻の兄(つまり義兄)とBOOK・OFFを徘徊していたときに、J-POPの棚から2枚のアルバムがぼくを呼ぶ声がしたのだ。


この2枚が。


f:id:you_key69:20171102223146j:plain

▲MICRO / MACRO



そのときは直感的な体験だったが、今おもえばセレンディピディとはこのことだったんじゃないか。


帰ってプレイヤーにかけてみると


箒星HANABI、くるみ、Sign、しるし、youthful days、エソラ…


怒濤のメロディ、歌詞の応酬である。


何がすごいって、この20年ちかくもの間、一切おとろえることのないそのクオリティと桜井和寿氏の才能が、とにかくすごいのである。


ぼくの中では、


TOMMPROW NEVER NOWS、シーソーゲーム、名もなき詩


あたりの時代が、ミスチルが隆盛をきわめた時期だと思っていた。


でも、ちがった。


彼らはあのクオリティを維持しつづけ、ファンを一層拡大して成長していた。


いや、ぼくが「成長」とかいうこと自体、おこがましいくらい。


それからぼくらは20年間の空白を埋めるかのように愛し合った。


毎晩、毎朝。


なんなら、今や妻のほうがハマっている。


おかげでもう家族全員で『エソラ』を歌えるほどに。


もし、ミスチルから離れて久しい諸兄諸姉がいらっしゃったら、これを機にきいてみてほしい。


彼らは日本の宝です ──


Mr.Children 2001-2005 〈micro〉(初回限定盤)(DVD付)

Mr.Children 2001-2005 〈micro〉(初回限定盤)(DVD付)

Mr.Children 2005-2010 〈macro〉(初回限定盤)(DVD付)

Mr.Children 2005-2010 〈macro〉(初回限定盤)(DVD付)

ブログで「量より質より更新頻度」を追求する

f:id:you_key69:20171101210249j:plain


最近ブログの更新頻度がおちている。


書くテーマも週末に走ったランニングネタばかりになってきている。


好きで書いてるはずなのになぜか足がとおのいている…


本当は好きじゃないのか??


疑心暗鬼になりそう ── とおもっていたころ、最近ブログ界隈でよく目にする「量より質より更新頻度」というキーワードが気になった。


ぼくの知るかぎり、おそらくプロブロガーの立花岳志氏が発信しはじめたコトバである。


ただ長いだけじゃ、ブログの意味がない。


質が高いにこしたことはない。


でも、質を目指して更新が億劫になってしまっては元も子もない。


だから、まずはとにかくガンガン投稿しまくろう、という提言だ。


たぶん。


中身は気にせず、とにかく更新頻度を上げて、ブログ脳を鍛える。


更新していく中で、きっとしっくりくるテーマに出逢えるはず。


“質”はそれから意識していけばいい。


そんな“更新頻度”を上げるための取り組みとして、立花氏は

・1日7記事投稿する

・10行ブログを投稿する

など、具体的なアクションも推進されている。


ぼくは文章が長ったらしくなってり、書いてるうちに結論がボヤけたり、しまいには投稿を諦めたりしてしまうことがある。


もっとシンプルに、コンパクトに整理して、読みやすい記事をガシガシ書けるように追求したい。


以上、短いですが(これでも長い?)、あらためて意思表明でした。

毎週末の雨…本番目前だけど、走る?走らない?

f:id:you_key69:20171029003930j:plain


先週末は台風21号で、今週末は22号。


いびがわマラソンを2週間後にひかえた今、貴重な週末が雨で追いこみできなくなるのは痛手である。


雨のなか、走る?走らない?


走るでしょ!


目的意識は雨をも凌ぐ

f:id:you_key69:20171029003500j:plain


リオ五輪でカヌースラロームの銅メダリスト、羽根田卓也選手は学生時代に、雨で部活の練習が休みになると

休んでる間にライバルに抜かれてしまう ──

と、自主トレを敢行したそうである。


ばくが部活をやってたときは、雨の日に練習が休みになるとよろこんでいたタチだった。


でも、大人になった今、やるか/やらないかはすべて自分自身の意思である。


毎回が自主トレなのだ。


過去に霧雨のなかはしったり、大雨でも2, 3キロはしったことはある。


でも、そんなんじゃない。


21km。


雨のなか、ハーフマラソンの距離をがっつり走るのだ。


この日に走らなかったら後悔する」という思いもあったが、本番が雨かもしれない。


雨の日のトレーニングは雨の日にしかできない」という思いを胸に、走ることにした。


これはけっして「ぼくも成長したなァ」なんて呑気なこと云いたいわけではない。


目的は人を変える」ということなのだ。


リスクヘッジのため外周コースを走る

いつ豪雨になって帰宅を余儀なくされてもいいように、例のお気に入りの外周コースを走ることにした。


雨のおかげで体温が上がりすぎることなく、負担が小さかった気がする。


f:id:you_key69:20171029004102j:plain

おかげで平均ペース5:11/kmの自己ベストが出た。


いびがわマラソンのコースはアップダウンがあるので、ここまでペースはキープできないかもしれないが、視界不良や滑りやすさにさえ気をつければ良いタイムが期待できるかもしれない。


大雨だったけど、走ってよかったと思う。


あっぷりへんしょん ~たとえ中止でもムダにはならない~

さすがに台風が来てしまうと走れないので、先週も今週も台風直撃の前日に21kmランを決行した。


本日(10/29)開催の横浜マラソンは中止になってしまったそう。


残念だったと思いますが、安全第一なのでしょうがない。


この調子だと来週は23号で、いびがわマラソン当日は24号が来るかもしれない。


油断はならないけど、たとえ中止になったとしても、その努力はムダにはならないはず…!

近場の気になる稲荷神社と六社神社をめぐる │ 神社ジョギング


f:id:you_key69:20171024222759j:plain


最近あみだした外周ランニング


その外周コースに気になる神社がふたつある。


f:id:you_key69:20171024222828j:plain

①稲荷神社②六社神社(大明神)だ。


水曜日の疲れがとれていないので、今回は軽めに走りたい。


※10/21(土)のジョギング記録です


稲荷神社

田んぼのまん中にほつんと腰をすえる神社があります。

f:id:you_key69:20171024222850j:plain


「稲荷(いなり)」は、「稲(イネ)が生る(ナル)」が由来だという説が有力である。


まわりの稲はきっと恵まれていることだろう。


f:id:you_key69:20171024223015j:plain


総本山は京都の伏見稲荷大社


f:id:you_key69:20171024222930j:plain


朱塗りなのは、魔力に対抗する色ともされていているが、とくに稲荷神社では豊穣や商売繁盛を表す色とされている


また朱の原材料は水銀で、これは昔から木材の防腐剤として使われてきたそう。


f:id:you_key69:20171024222957j:plain


総本山をはじめ、鳥居がたくさんあるのは、願い事が「通る」或いは「通った」御礼の意味から、鳥居を奉納する習慣が江戸時代以降に広がった結果とのこと。


f:id:you_key69:20171024223033j:plain


シンプルに拝殿がたたずむ境内でした。



六社神社(大明神)

f:id:you_key69:20171024223100j:plain


六社神社といえば普通は、六人の神様を祀っているケースが多いのですが、ここの神社についてはきっぱりと、

伊弉諾尊イザナギノミコト)

伊弉冉尊イザナミノミコト)

の二人だけ!


〈参考〉岐阜県神社町のサイト


わがニッポンを創られたこの二人だけ。


潔いのです。

f:id:you_key69:20171024223142j:plain


残念ながら手水舎の水は止まっていました。

f:id:you_key69:20171024223213j:plain



あっぷりへんしょん ~巡礼ジョギング~

外周ランニングはとにかくストイックにペースを保ちタイムを追求するトレーニングなので、なかなか神社を参拝しながらというわけにはいかない。


とはいえ、ずっと気になっていたんです。


そして、ちょっと後ろめたかったんです。


たったの一度も参拝せずに、ただひたすら素通りしまくることに。


今回はようやくそのもやもやをクリアできてよかった。


f:id:you_key69:20171024223244j:plain


いわゆる巡礼ってやつだろうか。


結果が出る前のお礼参りといっていいかもしれない。


f:id:you_key69:20171024223255j:plain

短めのジョギングだったし、心身ともにリフレッシュできてよかったです。