あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

修行!自宅の外周をひたすら走る3つのメリット/デメリット

ぼくにとってはイレギュラーだけど、超規則的なトレーニングをためしてみた。


自宅の外周を走るトレーニングです。


どうぞ。



外周ランニングへの挑戦

もう、すっかり秋である。


9月にはいってから急に明け方は涼しくなり、空も高くなった。


f:id:you_key69:20170902225644j:plain


天高く馬肥ゆる秋である。


先週は温泉街をゆるりと走るだけのごほうびを与えてしまったので、今週はすこしばかり追いこみたい。


駅伝部の学生たちは、ひたすら競技場の中を何十週も走りつづけるというじつに禁欲的なトレーニングをするらしい。


ぼくも中高生のころはよく走らされた。


それから20年近くたった今、その負荷を自らに課そうというのだ。


ドMである。


ということで、自宅の外周を走ってみた。


f:id:you_key69:20170902225748j:plain


1周約4km、堤防と県道を走るコースである。


それを5周=20km走った結果、感じたメリットとデメリットを以下に記録しておきたい。


メリット

(1)とことんペースだけを追求できる

ふだん写真を撮ったり、史跡を散策したりと走る以外にも足を止めがちである。


が、外周を走るだけとなると、ひたすら走る以外にすることがない


走るしかないのだ。


だから、ただペースだけを追求することができる


逆にいうと言い訳できなくなる


素の力が露骨に出るのだ。


今回は涼しさも手伝ってか、20kmを6分/km以内で走りきることができた。よかった。



(2)いつでも帰れる

家の周りを走るので、いつでも帰れる安心感がある


いつも10km以上先の目的地にいくと、その先で何か故障でもしたときに、帰ってこれるか不安になることがある


それが一切ない。


もし、有事の際に誰かから呼び出しがあっても、すぐに駆けつけることができるのだ。


とにかく自宅なので、何でもできるのである。


で、走ってみて思ったが、自宅を給水ポイントにしておけばよかった


そうすれば、ドリンク持って走る必要もなくなる


(3)ZONE(無我)の境地

これは100%保障されたメリットではないが、同じコースをひたすら走っていると、いつの間にか無意識に走っていることがある。


無意識=集中している状態である。


いわゆるゾーン状態である。


アスリートとしては理想的だろう。


そして、この集中している状況下では思わぬアイディアをひらめいたりする


走ることによりその恩恵にあずかれる確率が上がるらしいが、集中しやすい状態をつくることで、さらに天からのギフトを享受しやすくなるはずだ。



デメリット

(1)いつでもギブアップしそうになる

自宅に近いことが逆にデメリットにもなる。


というのも、自宅がものすごく誘惑してくるのだ。


もう挫折してもいいよ、と。


4周目のときは危うかった。


あと1周走れば20kmだが、4周でも16kmだから、もうやめてもいいんじゃない?と、自宅が誘惑してくるのだ。


この外周ランニングには、それに打ち克つぐらいのストイックさが求められるのである。


これが意外と精神的にキツかった。


(2)無我のリスク

無我の境地に入ることが逆にデメリットになることもある。


マラソンランナーがコースを間違えてしまったという珍事を耳にすることがある。


集中しすぎるあまりに周りが見えなくなってしまうからだ。


素人でも同じようなことが起こる。


あれ?いつの間にこんなとこまで走ったっけ?ってなことがあり、われにかえった瞬間、自分でもちょっと怖くなる。


トレーニング中に自転車にひかれたりしない?


赤信号に気づいてなかったりしたらどうする?


これは走る場所にもうすこし配慮する必要がありそうだ


(3)マンネリ

分かっていたことだが、同じコースを走り続けるせいで、過ぎ行く風景に飽きてしまう


変化といえば、さっきの周より交通量が増えたなァとか、高架の影の位置がかわったなァとか、そういう程度ある。


あまりに単調なサイクルがつづくので、最後の方は堤防の芝生を走り出す奇行に出たりして、無理やり変化をもたせようと努めたくらいなのだ。


もともと史跡や季節の花をめぐるランニングをライフワークしていたぼくにとっては、かなり苦行であった。



あっぷりへんしょん ~外周ランニングはいざというときのトレーニングに~

外周ランニングはメリットもあるが、苦行の側面が多くあり、これを目的にしたりコンスタントにおこなうことを考えると、走ることに挫折してしまう気がする。


この修行は、月に一回程度でじゅうぶん。

いや、2ヶ月に1回でもいいくらいだ。


なので、いざというときの飛び道具として隠し持っておきたい。

たぶんココ!文化財『柏尾廃寺跡』のありかを推測します

今年の7月に当ブログで、養老町文化財「柏尾廃寺跡」を探しにいったが、見つけることができなかったとご報告したのは、まだ記憶に新しいこととおもう。

(もちろん、覚えてるよね?)


もちろん覚えてるが、念のためおさらいしておきたい、という方はコチラをどうぞ。


あの探索から1ヶ月半たつが、なんと突如として有力な情報がまいこんできたのである。


しかも、大垣市直々に、だ。



『咲楽』の養老改元1300年特集

大垣市から毎月、フリーの情報誌として『大垣市 咲楽』が届く。


数少ない大垣市にまつわる情報源としてぼくは重宝していて、ひそかに毎月たのしみにしているのだ。


f:id:you_key69:20170901234659j:plain


その『咲楽』2017年9月号では、養老町を特集している。


というのも、奈良時代元正天皇が養老の地をおとずれて感銘をうけ、西暦717年には元号を「養老」に改元されたというから驚きである。


そのため、2017年が改元1300年となる節目の年となり、すこしばかり盛り上がっているというわけだ。


そんな特集の中の1テーマ、「名所めぐり」のページに“それ”はあった。


f:id:you_key69:20170901234532j:plain


右下の ──


f:id:you_key69:20170901234511j:plain


千体仏(柏尾寺跡)


あくまで千体仏がメインだし、「廃」の字は抜けているものの、これはまぎれもなくあの「柏尾廃寺跡」のことであろう。


こんなところにあったのか。



さっそく7/15のジョギング実績を見返したところ ──


f:id:you_key69:20170901234431j:plain


惜しい。手前まで来ている。


道路をこえて、さらに奥(西側)だったのだ。


なるほど。


今週末は事情があって探索はできないが、近いうちにぜひリベンジしたい。


f:id:you_key69:20170901234942j:plain


自宅から片道7kmなので、少し遠回りして養老公園に寄ってかえってくるというようなルートもおもしろいかもしれない。


以上、意外なところから「柏尾廃寺跡」のありかが明るみになりかけています、という報告でした。

【日曜大工】押し入れを本棚にカスタマイズする

f:id:you_key69:20170831232514j:plain


だいぶ時間がたってしまったが、日曜大工のご報告です。

どうぞ。


理想の本棚ってなかなかないんです

わが家の音楽室には押し入れ(クローゼット)がある。


押し入れといっても、間仕切りとなる棚はいっさい入れなかった


f:id:you_key69:20170831232619j:plain


というのも、楽譜を収納する本棚を入れようと思っていたからだ。


そのため、しばらく楽譜を収納するにふさわしい本棚をさがしていた。


けど、相応のものになかなか巡りあわない。


楽譜は一般の書籍にくらべてサイズも大きく重いので、全面的に並べようとおもうと本棚には相当の耐久性が必要になる。


棚の厚みを分厚くするか、棚の幅をせまくするか。


そんじょそこらの柔い棚では、重みですぐに棚がしなってきてしまうのだ。


そして、ただ強ければいいというものではない。


そのクローゼットにぴったりハマるサイズも大事である。


そりゃ、そうそう見つからんだろう。


オーダーメイドするか?


えっ。


オーダーメイドするなら、もう自分でつくればいいじゃん。


そうだね、そうしよう。


ないものは、つくろう

ということで、使った材料はこれだけ。

f:id:you_key69:20170831233116j:plain


基本SPF材でつくります。

材料

・1 × 6材

・1 × 2材

・1 × 1材


棚受け

・1 × 1材

・L字棚受け(銅製)


その他

・ビス(3.3 * 30mm のビスはものすごく重宝します!)

f:id:you_key69:20170831232104j:plain


作り方(というより構造)

重みでゆがむのは避けたいので、背面全体に1 × 1材の棚受けをとおします。

f:id:you_key69:20170831230123j:plain

棚受けはもちろん、マグネットやどこ太を駆使して下地を探り、下地に打ち込みました。


前面も1 × 2材で補強します。

f:id:you_key69:20170831230335j:plain


最後に銅製の棚受けを追加。

f:id:you_key69:20170831230510j:plain


というわけで、できあがり。


f:id:you_key69:20170831232514j:plain


これで歪むようなら、その間に2本棚受けを追加すればいい。


今回は報告が目的ですが、作り方や寸法なんかの要望があれば、おこたえします。



あっぷりへんしょん ~次は念願のMyデスク作成へ~

ぼくの日曜大工は棚系ばかりだが、作るにつれて工具や材料が充実してきて楽しくなってきた。


これで弾みをつけて、次はMyデスクを自作してみようと思います!

温泉街を走ってリコンディショニングする │ 山中温泉ジョギング

山中温泉にいってきた。


川沿いに温泉街がよこたわるザ・温泉街にいきたくて、はじめて訪れたが、リピート確定したので報告したい。


といっても、結局ランニングレポートですが、どうぞ。


山中温泉

石川県は加賀市にある山中温泉


8月25日の朝はとにかく涼しかった。


昨晩の大雨が打ち水効果で一気に気温を下げてくれたようである。


f:id:you_key69:20170829224414j:plain

大聖寺川(だいしょうじがわ)沿いに旅館が軒をつらねます



涼しさの中走ると、秋の訪れをもうすぐそこに感じる。



f:id:you_key69:20170829224359j:plain

▲ゆげ街道



そよぐ風は心地よいけど、


f:id:you_key69:20170829224331j:plain

▲ゆげ街道


夏の終わりが少しさみしくもあります。



f:id:you_key69:20170829224257j:plain

▲菊の湯(男湯)



今年も暑かったけど、いっぱい遊んだもんなあ。



f:id:you_key69:20170829224212j:plain

▲菊の湯(女湯)と山中座


温泉街の中心部には、昨晩の夏祭りのなごりが残ってます。


走り足りないので、ここからすこし離れた白山神社までダッシュします。


f:id:you_key69:20170829224102j:plain

ここにも夏祭りの名残が。


f:id:you_key69:20170829224156j:plain


復路は別のルートでかえりましょう。


そういえば、山中温泉松尾芭蕉のゆかりの地でもある。


f:id:you_key69:20170829223918j:plain

奥の細道


なんでも温泉ぎらいの芭蕉でさえ、その名湯を気に入り、長居をしてしまったというから、すごい。


奥の細道結びの地、大垣からおとずれた僕としてはとても親近感がわく。


この山中温泉で愛弟子、曽良くんと別れ、芭蕉は大垣をめざしたのである。


f:id:you_key69:20170829223853j:plain

▲ 松尾芭蕉(左)、曽良(右)


曽良くんがここにとどまった理由が“腹痛”らしいが、本当なのか?



名所「あやとり橋」をわたり、名勝「鶴仙渓」をめざします。


f:id:you_key69:20170829223529j:plain

▲あやとり橋


f:id:you_key69:20170829223556j:plain

鶴仙渓(かくせんけい)



ここからはジョギングというより、トレッキングです。

f:id:you_key69:20170829223613j:plain


昨夜の大雨で濁流になってしまっているが、通常は川床でお茶がたのしめるらしいです。

f:id:you_key69:20170829223630j:plain


秋はそれはもう紅葉がまぶしいらしいです。


地元の方曰く、11月頃がいちばん観光客が多いとのこと。


紅葉も拝めるし、名湯にひたれるし、そりゃそうかもなあ。


景勝をぬけると、気になる門扉が。

f:id:you_key69:20170829223455j:plain

▲無限庵


武家書院を改築した博物館(石川県指定文化財)らしい。


午前中の散策に訪れること決定である。


渓谷をくだり、こおろぎばしを渡って、ゴール。


f:id:you_key69:20170829223419j:plain

▲こおろぎばし



かつて、大聖寺川をわたる渓谷が難関で行き交うことが危険だったことから「行路危」とされ、それが転じて「こおろぎ」となったらしい。


朝は昨晩入らなかった露天風呂にゆっくりつかりたかったので、はやめに宿へもどります。


f:id:you_key69:20170829223309j:plain

黄色のヒガンバナが生けてあるステキな旅館でした。



ちなみに。


もちろん帰りは、勝山の福井県立恐竜博物館によってかえりました。

f:id:you_key69:20170829223403j:plain


毎年このルートで旅したい。


あっぷりへんしょん  ~リコンディショニングのために山中温泉へ再来しよう~

f:id:you_key69:20170829223113j:plain


約6km程度ではあったが、ゆるりと走り観光しつつ、リフレッシュできる快適なジョギングであった。


f:id:you_key69:20170829222748j:plain

当初は点在する白山神社を結ぶジョギングにするつもりだったが、見所が多くていつしか目的を見うしなってしまっていた。


ただ、また来年も来ると決めたので、ま、いっか。


毎週末、追いこんで長距離を走り続けるようにしていたが、たまには“リコンディショニング期”としてゆるく走る期間をつくったほうがいいらしい。


そこにこじつけて、観光ジョギングと名湯リフレッシュということにしてみた。


毎回旅行に来るとおもうことだが、「旅先で朝っぱらから走る」というのが、ジョギングをしていて一番よかったと思える時間である。

年中泳ぎたい!ランナーもプールの恩恵にあずかろう

リフレッシュにも、クロストレーニングにも、うってつけ。


プールの効用について体験談をまじえながらご報告いたします。


新たなプールの開拓

f:id:you_key69:20170823220057j:plain

本巣市のホームページより


今年は昨年につづき、鈴鹿のアクア・アドベンチャー犬山のモンプルとお気に入りのプールに行けた。


一方で大垣市民プール長島スパーランドなんかの人が多いプールは敬遠することにした。


もう、ほとんどの屋外プールは8月末で終幕をむかえる。


あと一回!


今夏の締めとして、ちょうどいいところを発掘したい。


来年につなげられるようなプール、どこかないだろうか?


ふと、ぼくが幼いころ、祖父につれていってもらった記憶のあるプールが近くにあったことを思い出した。


糸貫川プール」だ。



糸貫川プール

f:id:you_key69:20170823220042j:plain


くわしくは本巣市のホームページをご参照されたいが、大人400円流れるプールもスライダーも25mプールも泳げるなんて最高じゃないか。


でも市民プールならそんなもんかもしれない。


大事なのは、“混雑度”である。


大垣市からクルマで約30分のところに、そのオアシスはあった。


結論からいうと、最高だった


日曜日にもかかわらず、大垣市民プールほど人がいなくて、場所取りも余裕


カラダをのびのびと動かして泳げる


またまた家族全員で気に入ったプールであった。


来年、もし土日に来るならここに来ようと思わされるプールであった。



プールの効用

f:id:you_key69:20170823220121j:plain

本巣市のホームページより


以前も書いたが、プールで泳ぐことによって肩こりが解消された、というのはぼくの中では衝撃的だった。


常日頃から肩こりに悩まされているからだ。


そして、今回はさらに衝撃的な恩恵を享受することになった。


足の筋肉痛が一気に軽減されたのだ。


前日に24kmランを終え、当日の朝はものすごい筋肉痛だった。


手すりなしじゃ階段を下りられないくらい、相当な筋肉痛だった。


が、プールで遊泳後、気づくのすら遅れてしまうくらい、足の筋肉痛がまったく疼かなくなっていたのである。


そういえば、ランニングコーチの青山剛氏は著書『仕事ができる人の「走り方」』の中で、「水の恩恵を上手に受けよう」と提言されていた。


その内容を簡単にまとめると ──

・水中は陸上の10分の1の重力となるため、足腰に不安があっても負担を軽減して動ける

・水中は約12倍の抵抗があるので、短時間で負荷を与えることができる

・水中は空気中に比べて約100倍の圧がかかるので、血液循環を促進し、疲労回復効果が期待できる

・水中では体温な下がるので、カロリー消費が上がり、暑い時期にはクーリングダウン効果も得られる

・泳ぐことで肩甲骨の使い方が滑らかになり、ランニングフォームが改善される


仮にどこか痛めて走れなくなったとしても、「走れなくても泳ぐことはできる」のである。


そしてそれが、結果的にランニングへいい影響をもたらすようだ。


何よりトレーニングへのいいアクセントとなり、モチベーションを維持する効果も望めるという。


プールが疲労回復に役立つというのは科学的な根拠があるのだ。


くだんの青山氏は「レース後に確実にやっておきたいこと」として、大胆なアドバイスをされている。

一番のオススメは、レース後にプールに入って泳いだり歩いたりしてカラダをクールダウンさせ、しっかりと筋肉をほぐしておくことです。


相当なスイム信者である。


ホノルルマラソンのあとはその足でビーチで水に浸かったりするらしい。


同じ“青山”として見習いたいものである。


屋内の温水プール


屋外のプールはほとんど8月いっぱいをもって営業終了してしまう。


でもこんな快適な設備が期間限定でしか使えないなんてもったいなすぎる


せっかくプールの良さに気づけたのに、またの利用は一年後なんてせつなすぎる。


ということで、近場で年中入れるプールを探してみたので、備忘もかねて記しておきます。


・大野町のゆ~みんぐ

http://www.seino-kankyo.jp/yuming/



養老町スポーツプラザ

http://www.yorokko.jp/facility/yoro_kosodate/sports/



岐阜市(だけどほぼ本巣)のプラザ掛洞

http://www.kk-giken.jp/kakebora/



家族で、またはクロストレーニングに、定期的にかよってみたい施設である。


あっぷりへんしょん ~プール嫌いが一転、プール信者に!~

思えば子どもがうまれるまでは、まったくプールなんて興味がなかった。


むしろ濡れることを毛嫌いするようなタイプだった。


けれど子どもが水遊びをするようになってプールの愉しさを知り、ランニングをするようになってプールの恩恵を実感し、すっかりプール好きになってしまった。


プールグッズがそろってきたのも大きいとおもう。


もう季節の問わず泳いでいきたい。


今、プールをさがしていたら、来年行ってみたい穴場?的な屋外プールを発見した。


朝倉運動公園 町民プール

http://www.town.tarui.lg.jp/docs/2014121500187/


来夏、是非ここにもチャレンジしてみたい。

今年は2か所!平町と墨俣のヒマワリ畑を巡る │ 季節の花ジョギング

2017年大垣のひまわりは、平町墨俣に植えられています。


2か所ともめぐってきたので、8月19日(土)時点の開花状況をお知らせします。



大垣ひまわり畑 2017

f:id:you_key69:20170821224250j:plain

http://www.ogakikanko.jp/event/himawari/



大垣市、今年のひまわり畑は2ヶ所に植えられている。


場所は

大垣市平町地内(東前町955-1付近)

大垣市墨俣町地内(墨俣町上宿473-1)

の2ヶ所。



位置関係はこんな感じ。

f:id:you_key69:20170821224335j:plain

ひまわり畑ネットより



去年(2016年)は、平町国分寺のほうだったが、今年は墨俣と逆方面だ。


墨俣のひまわり畑には今までいったことがないが、そこまでは片道11km。


走ってみるか!



平町のひまわり畑


平町のひまわり畑もとおり道にあるので、ついでに見ていこう。


f:id:you_key69:20170821224404j:plain


台風5号の影響で、半分くらいなぎ倒されてしまったらしい。


f:id:you_key69:20170821224419j:plain


ペースをおとしてはいけないので、ササッと間をとおりぬける程度に。


墨俣を目指して大安大橋をわたります。

f:id:you_key69:20170821224439j:plain


この橋、新しくて好き。



墨俣のひまわり畑


墨俣町上宿なら大垣マラソンの給水ポイントだったから場所は何となく、覚えている。


ここだー!


f:id:you_key69:20170821224506j:plain


ん!?


あれ?


f:id:you_key69:20170821224526j:plain



ひさびさである。季節の花を愛でにきたのに、咲いていないというこの感覚。


見事に一輪も咲いておらず、すべてまだツボミだった。



でも、こんなことではくじけない。


目的はあくまで、トレーニングだ!


走れたからいいじゃないか。


帰りはすこし遠回りをして揖斐大橋をわたります。


f:id:you_key69:20170821224615j:plain


そういえば、この橋は景観遺産だったなァ。


しくしく。



あっぷりへんしょん ~初フルマラソンまであと半年!課題と反省~

遠回りして距離をかせいだこともあり、帰ってみれば24km走っていた。


f:id:you_key69:20170821224643j:plain


人生で最長距離である。


でも途中で肩まわりの筋肉が張って痛くなり、左ふくらはぎがつりそうになったりして、歩いてしまった


こんな調子じゃ、フルマラソンなんて走れやしない。


もちろんペース配分も大事だけど、フォームとか脚づくりとか補給とか、改善すべきことが山積している。


f:id:you_key69:20170821224721j:plain

▲今回は自販機にめぐりあえず、コンビニでドリンクを買った



過去最長をはしったとはいえ、達成感より課題が浮き彫りになったランニングとなった。


フルマラソンまでちょうどあと半年。


こうやって反省をくりかえし、半年後には完走できるカラダづくりができてるといい。

美しくて面白い!桝形づくしの美江寺宿をなぞる │ 中山道サイクリング

f:id:you_key69:20170816231917j:plain


中山道めぐりの一つとして、美江寺宿に行きたかった。


でも、先週は台風で行けなかった。


クロストレーニングとして、30km程度のサイクリングをしたかった。


でも、先週は台風で行けなかった。


台風による延期でフラストレーションがたまっていたというのもあるが、美江寺宿のクオリティも相まって、ものすごく充実した中山道サイクリングとなったので、すこしでも分かち合えればいいと、ここに記しておきます。



大月浄水公園

f:id:you_key69:20170816232430j:plain


ふだんモレラ岐阜に行くときに抜け道でつかう道。


通るたびに整備された公園だなとおもっていたが、まさか旧中山道だったとは。


ただ、どう美江寺宿と縁があったのかは不明。


f:id:you_key69:20170816232559j:plain

なぜか案内板がしっかりとしつらえてあるので、ここで美江寺宿の全貌を頭にいれて本陣をめざします。


本陣跡地

f:id:you_key69:20170816232624j:plain

本陣は姿を消し、いまは民家となっていた。


美江神社


本陣跡地からさら北上すると、鳥居がみえる。

f:id:you_key69:20170816232658j:plain


道のつきあたりに鳥居なんて萌えるだろう。


美江神社の粋な計らいである。


f:id:you_key69:20170816232716j:plain


ただ、参拝してたら蚊にさされた。


境内には、秋葉神社が。


f:id:you_key69:20170816232739j:plain


宿場町だもんなぁ、秋葉は火除けの神様なのだ。


その役割を引き継いでか、ちゃんと「消防水利」がここにあるのも、粋である。


美江寺

美江神社のすぐとなりに美江寺がある。


f:id:you_key69:20170816232836j:plain


云わずもがな、これが宿場の由来。


この観音堂は信長の命で建てられたとか、そうじゃないとか。


桝形

何といってもこれがこの宿場町の最大の魅力じゃないだろうか。

桝形のオンパレードなのである。


f:id:you_key69:20170816232920j:plain


念のため説明しておくが、「桝形(ますがた)」とは、敵の侵入を防ぐために直角に曲げた道のことで、江戸幕府は宿場に防塞施設としての機能も持たせていたことから、宿場町の随所にみられる


ぼくはその桝形フェチなのである。


今は桝形のつきあたりも道路が開通してしまってはいるが、当時の趣もしっかりとのこしている。


f:id:you_key69:20170816233001j:plain


これはたまらん。


小簾紅園(おずこうえん)

f:id:you_key69:20170816233041j:plain


最後は、締めにふさわしい「小簾紅園」。


f:id:you_key69:20170816233059j:plain

1861年。仁孝天皇の娘、孝明天皇の弟である和宮(かずのみや)が、14代将軍徳川家茂に嫁ぐときのこと。


なんだか高校の日本史をおもいだす、懐かしい顔ぶれである。


京都から江戸にむかう和宮が、船で旧呂久川(現揖斐川)を渡る際、簾ごしに紅葉の美しい庭園をご覧になりたいそう気に入られた。


そのシチュエーションが「小簾紅園」の由来。


f:id:you_key69:20170816233214j:plain

▲たしかに紅葉の季節は気品が漂いそうな佇まい

そのゆかしい景色を望み、和宮は一句を詠まれた。


おちてゆく  身と知りながら  もみじ葉の 人なつかしく  こがれこそすれ

自身と紅葉に重ねられ、「木枯れ」「焦がれ」をかけたのであろう、俳句。


今ほとんどの人がタッチタイピングできるのと同じくらい当時はみんな俳句が詠めたのだろうか。


教養、リベラルアーツである。


f:id:you_key69:20170816232327j:plain

▲この8月でさえ、サルスベリと鯉の共演が雅やかである



この出来事を記念し、自治体が保存すべきと一致団結して整備してきたのが、この小簾紅園なのだ。


f:id:you_key69:20170816232303j:plain

▲左にみえる石碑に和宮の句が刻まれている



この和宮のエピソードにおいて、ひとつ腑におちなかったのが「揖斐川を渡りながら庭園を望むには、だいぶ距離がはなれている」という点である。


f:id:you_key69:20170816232228j:plain

▲これではいくら目がよくても見えないとおもう



しかし、呂久川の渡しの説明をみて、合点がいった。

f:id:you_key69:20170816232211j:plain


うねっていた呂久川は改修工事により直線へと整備され、現在の揖斐川とは位置が変わっていたのだ。


f:id:you_key69:20170816232150j:plain

▲だから面白いことに、本来、揖斐川をさかいに市境となるはずが、呂久川の名残で呂久地域だけ揖斐川の西側まで瑞穂市となっているのだ



くぅーーー


おもしろすぎるぜ、美江寺宿


まだまだ意外と見処がおおく、今回すべてを見きれなかったので、また訪れたい宿場町であった。


あっぷりへんしょん ~サイクリングの可能性~

サイクリングで30km弱走ってきたが、ほとんど疲労なく帰ってこれたので、療養にはなったかもしれないが、はっきり云ってクロストレーニングにはなっていないとおもう。


自転車で走るならやっぱりロングライドを目指さないとトレーニングにならないんだろう。


おせじにもペース配分や時間の有効活用がうまくできたとは云えないので、どこまで行くのにどれくらいの時間が必要なのか、を計画立てて臨めるようにしたい。


できればもう一度、美江寺宿をおとずれて五六川のほうまで足をのばしてみたい


ちなみに今回のサイクリング実績がこれ。

f:id:you_key69:20170816232039j:plain


目安としては2時間で30km程度


ランニングの1.5倍くらいのスピードとおぼえておこう。