あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

三日坊主・器用貧乏は必読!やり抜く人は努力を2回する

f:id:you_key69:20170730153951j:plain


勝つのは天才派か努力派か?


ぼくは?


自分のカラダに問いかけてみました。


どうぞ。


「達成」を得るには「努力」が2回影響する

ひさびさに“刺さる本“を読んだので、おすそわけしたい。


その本というのが『GRIT やり抜く力』である。

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

アーティストやアスリートたちをみていて、常々気になっていたことがあった。


あの領域に達するのに必要なのは、才能か?努力か?


それを簡潔に示してくれたのが、本書である。

・才能 × 努力 = スキル

・スキル × 努力 = 達成


達成するためにはスキルが必要で、そのスキルを身につけるためにも、スキルを伸ばすためにも、努力が必要なのである。


努力を“2回”しなければならないのだ。


著者は云う。

各人がどれだけのことを達成できるかは、「才能」と「努力」のふたつにかかっている。

(中略)

「才能」すなわち「スキルが上達する速さ」は、まちがいなく重要だ。

(中略)

「スキル」は「努力」によって培われる。それと同時に「スキル」は「努力」によって、生産的になるのだ。


才能が少しでもあれば、あとは努力しまくればいいということか。

才能が人の2倍あっても人の半分しか努力しない人は、たとえスキルの面では互角であろうと、長期間の成果を比較した場合には、努力家タイプの人に圧倒的な差をつけられてしまう。


なぜなら努力家は、スキルをどんどん磨くだけでなく、そのスキルを生かして精力的に壺をつくったり、本を書いたり、映画を監督したり、コンサートを開いたりするからだ。


努力というより、その結果、アウトプットしまくることが大事ということであろう。

偉業を成し遂げた人たちに、「成功するために必要なものは何ですか?」とたずねると、

(中略)

「ひとつのことにじっくりと長いあいだ取り組む姿勢」


と答えるらしい。


努力し、アウトプットし続けるには、その忍耐力が大事なのだ。


じゃあなぜ、辛抱できるのか。

自分が本当に面白いと思っていることでなければ、辛抱強く努力を続けることはできません

(中略)

ただ好きだからといって、上達できるとは限らない。努力をしない限り、上達するはずがないのだ。


たしかに好きでもないと我慢はできない。

「痛みなくして得るものなし」


努力して何かを得るときは、すくなからず苦痛をともなうものだ。

好きでもないことは、なおさらうまくなれるはずがない。


著者はそう断言する。


そして、米国の特殊戦闘部隊グリーンベレーでは

何度やってもだめだったら、ほかのやり方を試すこと


と、訓練するらしい。


やり抜く人たちはとことんストイックなのである。


最後にエキスパートたちの「練習法」から引用したい。

1.ある一点に的を絞って、ストレッチ目標(高めの目標)を設定する


2.しっかりと集中して、努力を惜しまずに、ストレッチ目標の達成を目指す


3.改善すべき点がわかったあとは、うまくできるまで何度でも繰り返し練習する


まだ3分の2程度しか読めていないが、以上がぼくの琴線にふれた言葉たちである。


さて、これで終わりではない。


ぼくは努力しているだろうか?


いまの自分に問いかけてみる。


直接カラダに聞いてみたので、もう少しだけお付きあいください。


目的地をさだめないジョギングに耐えられるか

ぼくはこのブログにジョギングの記録をよくのこしているが、そもそも目標は何か?


その達成にむかって努力しているだろうか?


改善すべきことは?


こんなところで掲げるのもおそれ多いが、当面の目標は


ハーフマラソン 1時間45分

・フルマラソン 完走


であろうか。


そのトレーニングをつむなかで、景観遺産もコンプリートしたい。


ただ、そのためにどんな努力をしているか。


そういえば、先の『GRIT』にもうひとつ耳がいたい警句があった。

ラクな「練習」はいくら続けても意味がない


つまり成長するための負荷をかけつづけれなければならないのだ。


それこそが努力である、と。


さて、ぼくは自分自身に負荷をかけられているだろうか。


景観遺産めぐりや季節の花めぐり、最近では文化遺産めぐりなど、何か名目をつくってジョギングを楽しんでいるが、楽しんでるだけじゃないか。


たのしいのは良いことである。


でも楽しむだけでは、任意の距離を設定してトレーニングができない。


本当は20km走らなきゃいけないのに、季節の花が5km先に咲いているからそこで妥協してしまったりする。


もっとストイックにできないか。


今までの長距離ジョギング(20km)は名目なしにジョギングをしたことがなかった。


何かと良さげな目的地を見つけては走りにいって、目的地を愛で帰ってくる。


これを努力家ならどうするか?


目的地がなくたって、20km走ってくるはず!


と自分を奮い立たせ、走ってきた。


関ヶ原まで。


国道21号で垂井町を越えるはじめてのルート。


f:id:you_key69:20170730155149j:plain

▲実はこれ、ある伏線なんですが、それはまたいずれどこかで回収することにします


いつも行ってることだが、はじめて走る道は本当ワクワクするのである。


f:id:you_key69:20170730155158j:plain

▲途中おもしろそうなスポットをみつけたが、今回は快楽より目的意識です



おれは、今、努力してるんだッ


ということで約10kmの折り返し地点に到着。


f:id:you_key69:20170730155222j:plain

▲ちょうど関ヶ原町の入り口なんです


この町章をみてわかるとおり、天下分け目の戦い、関ヶ原の合戦がくりひろげられた、あの関ヶ原である。


f:id:you_key69:20170730155253j:plain

▲頭文字の「セ」を図案化し、古戦場由来の兜をかたどっています


もう少し走れるようになったら合戦場までいってみたいが、今回はここで折り返します。


f:id:you_key69:20170730160246j:plain

▲せっかくなので帰りは南宮神社をとおります


はい。

突然ですが、ここで夏のジョギングTipsのお出ましです。


前回のジョギングでは10km超えたあたりでもう水分枯渇で公園で水を飲んだ。


夏のジョギングはこわい。


今回は小銭をマルチポケットパンツにしのばせ、コンビニか自販機ですぐに水分補給ができるようにした


もちろん家から携帯してきてもいいが、スタートから500ml持ちはこぶより、途中で調達して飲んでしまったほうが走りやすい。


f:id:you_key69:20170730155359j:plain

▲多少コストはかさむかもしれないけど、今回はデイケアセンターの自販機にお世話になりました


その戦略が功を奏し、水分不足になることなく、快適に走ってくることができた。


f:id:you_key69:20170730160301j:plain

▲折り返し地点で記録を停止したままにしてしまったが、20km走ったはず?



あっぷりへんしょん ~努力するためのツールを手にいれよう~

マラソンのタイム達成や完走は、ペース配分がカギになるにもかかわらず、ペースの計測をしていない。


走り終えたときにペースを見るくらいだ。


ペースは走っている最中にモニターできなければ、調整ができない。


それを怠っていてぼくは努力してるといえるだろうか。



ふだんはスマホアプリのRunKeeperで計測しているので努力しようにも限界があるが、ランニングウォッチならばどうか。


努力するのに障壁画あるなら、努力しやすくなる環境をつくればいい



ということで、ずっと狙っていたGarminの230Jをポチりました!


これでダメだったらまた別の方法を考えよう。


グリーンベレーの教えである。

ノビヨに首ったけ!FINAL FANTASY × 吹奏楽『BRA★BRA 2017』はやっぱり最高でした!

f:id:you_key69:20170725203908j:plain


FINAL FANTASY好き、必聴!


吹奏楽好き、あつまれ!


BRA★BRA』はそんな皆さんにぜひともシェアしたい、オススメしたいイベントでした。


どうぞ。



BRA★BRA 2017 in 愛知

7月23日は『BRA★BRA 2017』の最終講演でした。


f:id:you_key69:20170725203856j:plain

▲舞台は愛知県芸術劇場@栄



最終講演のサプライズはあるかな、というワクワクもあったが、指揮者の栗田氏のくじ運で、まさかのサプライズがキャンセルに。


それはそれで面白かったのですが、そんなアクシデントとは無関係に最高に胸アツな公演でした。


個人的にもっとも魂をゆさぶられた楽曲は、オープニングアクトでもあったFF5の『メインテーマ』


これが圧倒的によかった。


シンバルが鳴るたびに鳥肌がたつ。


オープニングのあのバッツがチョコボにのって颯爽と草原をかける様が、吹奏楽の疾走感とリンクして、それはもう感涙ものでした。


公演中にはじめて知ったんですが、このセットリストは今年の3月に発売された『BRA★BRA 3』の曲目がメインとなっていて、FF5のメインテーマもそのアルバムの1曲目に大抜擢されているそうなのだ。


これはもうCDを買わねばなるまい。


そんな使命を感じたのであります。

でもそれだけじゃない。


もうひとつ、大事なことにふれておきましょう。



植松伸夫の魅力に触れられる貴重なチャンス

f:id:you_key69:20170725204611j:plain

植松伸夫氏(公式ブログより)


演奏もアレンジも良く、文句なしの名演でした。


でもこのコンサートの魅力って、


・作曲者の植松伸夫氏(ノビヨさん)が監修まで全面的に手がけていて

・曲の合間のMCでは植松氏が司会の山下まみさんとの軽妙なトークを繰り広げるところ

・さらに、植松氏の経験をもとにした深い話やおもしろエピソードを生できけること


だとおもうんです。


そんな機会なかなかない。


やっぱり植松氏の人柄でしょうか。


ただ、運や才能にめぐまれただけじゃない。


この人自身に魅力があるからこそ、彼の言葉に傾聴したいし、みんなも彼の音楽に惹かれるようになっていったんだとおもう。


その人柄は、歴代のFFシリーズのサントラを買っていると、ライナーノーツの端々からなんとなく感じとることはできた。


この人、ホントに作曲家なのか?とおもうようなふつーのエッセイを書く。


でも、やっぱり生だとちがう。


活字だけでは伝わらない、その文脈が人間性として伝わってくるのだ。


もう始終、植松氏の虜になっている自分がいた。


そんなひとときが終幕をむかえ、今はうつろである。


完全にノビヨロスである。


その空白を埋めるためにも、絶版となったエッセイでも漁ろうかとおもっています。

楽して暮らしてぇなぁ。

楽して暮らしてぇなぁ。

つぎにお目にかかれるのは、また1年後かな?


最後にその話をして終わりにしましょう。



あっぷりへんしょん ~毎年行きたい!そしてやっぱり吹奏楽が好きだ!~

f:id:you_key69:20170725203908j:plain


朗報です!


この当日、来年2018年の公演も決定したそうです。


しかも!


名古屋公演もあります、とのこと。


植松氏、自らが発表してくださいました。


これは、毎年行きたい。


やっぱり吹奏楽が好き。


希望者参加型の『マンボ de チョコボ、いつか共演したい。


ぼくはブラスの楽器がまったく吹けないので、ウクレレかなんかで参加してみたい。


あと、これは静かなる野望にして最終目標ではありますが、やっぱり吹奏楽曲をつくってみたい


こんな演奏聴いちゃった後には、ほんと畏れおおいんだけどね。


敬遠してるだけじゃ、もったいないとおもうんです。

夏の花!北公園のムクゲ(木槿)│ 季節の花ジョギング

f:id:you_key69:20170723222200j:plain


ムクゲってどんな花かご存知でしょうか?


漢字でかくと「木槿」。


大垣市北公園に咲いているらしいので、花見にいってきた。



ムクゲってどんな花?


はっきりいってムクゲがどんな花なのか知らない。


ただ、今の季節(7月~10月の期間であれば)北公園にいけば園内にも外周にもムクゲが咲き乱れているらしいので、とにかく行ってみることにした。




f:id:you_key69:20170723222314j:plain

▲北公園(野球場)です!



f:id:you_key69:20170723222227j:plain

北公園でさっそくムクゲらしきものを目にして、ぼくは一日前の自分を恥じた。


f:id:you_key69:20170723222200j:plain

ムクゲです!



というのも、前日に行った鈴鹿のアクア・アドベンチャーにて、同じ花をみかけたときに


「ああ、常夏の演出だなァ。ハイビスカスが咲いてるもん」


と、しみじみしてしまったからである。


なんのことはない。


ムクゲをハイビスカスと見まちがえていたのだ。


恥!


まじ季節の花とか語る資格ない。


f:id:you_key69:20170723222112j:plain

▲ちなみにハイビスカスはこんな花です(Wikipediaより)



もうくやしいからムクゲの柄をちりばめたアロハシャツを作って、仲間を増やしたいとおもう。



北公園のムクゲ

ムクゲはご覧のとおり、園内のいたるところに植えられている。


f:id:you_key69:20170723222050j:plain

▲10種 4,000本とのこと


種類がこんなに豊富であることにおどろかされる。


f:id:you_key69:20170723221956j:plain

ピンクが多く、


f:id:you_key69:20170723222002j:plain

白はアリにすごく人気だった。


他に紫や八重も咲いていた。


黄色のムクゲを拝みたくて探したが、この時期は咲いていなかったようである。


無念。


けれど、今回、ものすごく大きな収穫を得た。


先の案内板に記載されていたキーワードである。


もういちど読み返してみよう。


f:id:you_key69:20170723221918j:plain

▲赤の下線部分です


市内12箇所目となる「四季の里」として整備しました。


えっ、何?


四季の里って?


しかも12箇所もあるの??


めちゃくちゃ面白そうじゃん。


これはまたの機会にしらべるとして。


またひとつ、楽しみがふえたことには違いない。



あっぷりへんしょん ~暑さ対策と四季の里ジョギング~

今回は往復12kmだったが、朝6:00でももう暑い。


f:id:you_key69:20170723221807j:plain


曇天にもかかわらず日陰をさがしながら走ったし、帰路は渇きにたえられず公園で水を飲んだ


これで晴天にもっと長い距離を走ろうものなら、想像するだけでこわくなる。


しっかり水分を携帯して、もう少し早い時間帯に出走して、ランニング後のケアをおこたらないようにしなければならない。


今回、はからずして四季の里にもめぐりあうこともできた。


ジョギングがあらたなジョギングを呼ぶのである。


暑さにひるむことなく、うまく共生していきたい。

肩こり解消に!夏はプールではじけよう!

たのしく肩こりを解消できる、処世術のおすそわけ。


※ 昨日、7/21(金)の備忘録です



鈴鹿サーキット │ アクア・アドベンチャー

f:id:you_key69:20170722211305j:plain


恒例となった鈴鹿サーキットのプール「アクア・アドベンチャーに行ってきました。


まだまだ目ははなせないが、スイミングを習っている息子がひとりでだいぶ泳げるようになってきた。


それ自体は特筆すべきことではないが、こっちも面倒みる合間をぬって、軽く泳ぐ余裕がもてるようになってきたというのが大きい。


泳ぐと気持ちいい。


そして泳ぎおわったあと、プールのあとの授業とはちがった、すがすがしさがあった。


泳ぐことによって、肩こりが解消された気がするのだ。


水泳は肩こり解消に良いらしい

f:id:you_key69:20170722211519j:plain


ぼくは勝手に「すくない負荷のなかで、全身運動ができたからじゃないか」と結論づけそうになったが、ほんとうのところどうなんでしょう?


しらべてみると、どうやら浮力と水圧の中で、クロール(または背泳ぎ)するのが肩こり解消に良いらしい。


浮力によって、まず肩や腰への負担が少なくなる。


そして、ほどよい水圧が血行を促進してくれる。


クロールや背泳ぎは、肩甲骨をほぐすのに適した腕の動き。
(平泳ぎでもいいが、うまくやらないと首への負担になってしまう可能性あり)


とのことである。


そこまで積極的に泳いだわけではないが、きっとプールでの行水がすくなからず肩ほぐしに寄与したんだろう。


たしか水泳はマラソンのクロス・トレーニングにもなるはず。


ほら、ラン・バイクとあわせてトライアスロンができるようになるし、ね。


あっぷりへんしょん ~マリンシューズは最高でした。次はゴーグルがほしい~

f:id:you_key69:20170722211540j:plain


今回、マリンシューズをとりいれて、泳いだらものすごくストレスレスに泳ぐことができた。


▲マリンシューズ=水陸両用の靴のことです



つぎはモンプルにいく予定。


より快適に泳いで肩こり解消を目指したいので、それまでにゴーグルがほしい

どこにある?文化財「柏尾廃寺跡」とゆせんの里ジョギング

f:id:you_key69:20170719231046j:plain


本日、日本列島の広域にわたって梅雨が明けましたね。


今回はまだ梅雨明けする前のランニング記ですが、よろしければ見ていってください。


※7/15(土)のランニング記です


どうぞ。


柏尾廃寺跡

岐阜県文化財のサイトにあやしげな文化財(史跡)をみつけた。

f:id:you_key69:20170719225301j:plain

▲柏尾廃寺跡


廃寺跡というのもあやしげだが、写真が暗いのも気になる。


しかも載ってる住所「養老郡養老町柏尾表山」をGoogleマップで検索しても、ヒットしない。

f:id:you_key69:20170719225357j:plain


え?どゆこと?


のこす手がかりは「神明神社下の平地」という表記であるが、、近くに神明神社どころか神社もない。


まじ、どこ?


もう行ってみるしかない。



連日、雨続きだったが、今日の天気予報は晴ときどき曇!


と昨晩確認していたので、雨雲レーダーなんぞまったく確認せず外にとび出したら、ふつうに雨がふっていた。


f:id:you_key69:20170719225438j:plain

ツユクサ in the 梅雨。でもツユクサの「ツユ」は梅雨とは関係ないそう。



もう走る気満々で出てきてしまったので、後戻りはいたしません!


最近恒例になりつつある、養老町にくりだします。



f:id:you_key69:20170719225504j:plain

▲これが養老町の中心部



この雰囲気で、どんな規模の街であるか、なんとなく察しがつくんじゃないだろうか。


はじめて走るルートでひたすら柏尾地区をめざします。


f:id:you_key69:20170719230035j:plain


で、いちおう着きました。


f:id:you_key69:20170719230051j:plain

▲柏尾



さて、廃寺はどこでしょう?


神社や史跡のようなものも、みあたらない。


f:id:you_key69:20170719230119j:plain


いろんな路地にはいってみたが、やはりみつからない。


これ以上もったいぶってもしょうがないので結果を云ってしまうが、廃寺跡は見つけられなかった


下調べが足りなかったというのもあるが、ソースが少ないというのもある。


文化財であるにもかかわらず、情報が公式サイトのみって、もう少しみんなかまってあげてほしい。


そのうちこのブログがソースになってしまうかもしれないくらい、情報が少ないのだ。


いつかは文化財保護センターに問い合わせてでも探り当ててみようとおもう。



ゆせんの里

こんなこともあろうかと、保険をかけておいた。


タイトルにもあるように、目的地をもうひとつ設定しておいたのだ。


それが「ゆせんの里」である。


天然温泉にホテル、プールやグランドゴルフ場に宴会場などが集う、ちょっとした養老のリゾートである。


もちろん早朝ジョギングにつき営業開始前ではあるが、ぐるりと一周してすこしでもリゾートの雰囲気をあじわいながら帰路につきたかったのだ。


畦道をはしっていると、突如として

f:id:you_key69:20170719230343j:plain

田んぼの中にデデーンとその姿をあらわす。


f:id:you_key69:20170719230357j:plain

ゆせんの里です。


f:id:you_key69:20170719230409j:plain

温泉をはじめ、いろんなレジャー施設があります。


f:id:you_key69:20170719230429j:plain

ゆせんの里のまわりりは、景観をそこなわないよう、住宅の外観も統一されている。


f:id:you_key69:20170719230446j:plain

南欧をおもわせる外壁はすこしくたびれてきてしまっているが、まだまだ現役である。


f:id:you_key69:20170719230503j:plain

これがホテルなでしこです。


f:id:you_key69:20170719230539j:plain

入湯料は1500円とやや高めのリゾートプライス。


汗だくなので、温泉につかってリフレッシュしたい気持ちをこらえ、帰路につきます。

f:id:you_key69:20170719230602j:plain


かえる頃には雨はやみ、晴れ間が見えはじめていました。

f:id:you_key69:20170719230622j:plain


あっぷりへんしょん ~インソールを変えると劇的に走りやすくなった~

有痛性外頸骨のうたがいが出始めてから、休養を余儀なくされ、長距離のランニングもすこし不安だった。


が、先日手に入れたインソール(中敷き)をシューズに入れて16kmはしったところ、ぜんぜん痛みを感じなかったのである。


f:id:you_key69:20170719230928j:plain


これはすごい。


▲良すぎたので、仕事用にももう1セット買いました



でも、はしり終えたあとはやっぱり痛む。


ランニングのケアをしっかりしつつ、湿布とかサポーターとか色々ためしながら、一番快適にはしれる装備品を模索していきたい。

くるぶしの下がイタイ!有痛性外頸骨はAmazonで治せるのか?

f:id:you_key69:20170716225029j:plain


先日のAmazonプライムデーは大盛況だったそうですね。


景気がいい話です。


皆さんは何を買われましたか?


Amazonで買った健康?グッズ

ぼくが手にいれたのは、この健康グッズのようなラインナップ(とその他もろもろ)である。


f:id:you_key69:20170716225416j:plain


健康になりたい、といえば、そうなのかもしれない。


何せ、最近左足くるぶしの下が痛いのだ。


内側のくるぶしの下にある骨が痛い。


だから健康になりたいのだ。


しらべていると、どうやら「有痛性外頸骨」というやつの可能性が高い。


怖い。



有痛性外頸骨

有痛性外頸骨については、いろんなサイトが症状や原因・対処法を載せているが、うさんくさい記事もたくさん見受けられたので注意したい。


その中でも簡潔で分かりやすかった記事を以下にのせておきます。


http://www.sapporo-sports-clinic.jp/disease/296/


http://ne-stra.jp/3428.html



対処について、簡単にまとめると ──


対症療法

・すぐに冷やす
・マッサージ/ストレッチを入念におこなう

治癒

・療養(とにかく休むこと)

抑止

・インソール(靴のサイズや形があっていないので、中敷きで調整する)

再発防止

・下腿(膝から足首まで)の筋力強化


その対策としてぼくがAmazonに頼ったのが、先の3点セットである。


スニーカーにはインソール(中敷き)を入れ、


ランニング後は急速に冷やし

瞬間冷却スプレー 500ml

瞬間冷却スプレー 500ml


朝晩は強い足づくりに没頭する。

バランストーン 5本指エクサ ブルー

バランストーン 5本指エクサ ブルー


夏は暑いのでしっかり休養もとりつつ、走るときは足をいたわりながら走りたい。


あっぷりへんしょん ~幸せをはこぶプライムデーであれ~

今回のプライムデーGarminのスマートウォッチが値引きされるかも?という噂があったので、ちょっと期待していた。


ほしいモデルが値引きされるなら、お試し会員になってでも獲得してやろうと企んでいた。


が、実際にお値打ちになったのは違うモデルだった。


がーん。




ということで、プライムデーの恩恵に与ることはできませんでしたが、健康グッズとその他もろもろを購入したのでありました。


f:id:you_key69:20170716225540j:plain

▲その他もろもろのうちのひとつ、サーモスのタンブラーはまぢで逸品です


ふれこみ通り、入れたアイスコーヒーがぜんぜん冷めないし、結露しない。


これは夏のマストアイテムに電撃加入である。


うむ。


足がよくなりますように。

ワクワク!東京マラソンとおおがきマラソンにエントリーする

f:id:you_key69:20170714215600j:plain


東京マラソンにエントリーしましたッ!


そして、明日、おおがきマラソンのエントリーが始まります!


今日はその報告だけですが、よろしければどうぞ。



東京マラソン 2018

東京マラソンのチャリティー枠のエントリーが7月1日から始まりました。


2018年はチャリティー枠の定員が4000人に拡大しましたが、先週末時点で定員に達してしまったようです。


ぼくは何とかもてる人脈を駆使し、先週金曜日までに規定金額を募ることに成功し、参加が認められました!


f:id:you_key69:20170714215651j:plain


ありがとうございます!


はじめてのフルマラソン。


まずは完走を目標にします。


今夏ははしりこむぞ!


チャリティー枠のエントリーを逃してしまったかたも、8月1日より一般枠の受付が始まるので、そちらで奮闘してください!


おおがきマラソン 2017

f:id:you_key69:20170714215727j:plain


昨年、記念すべきマラソン(ハーフ)デビューとなった「おおがきマラソン」が今年も開催されます。


かなり運営側の考慮不足をたたかれていたので、どうなるかとおもっていましたが、無事開催されるようです。


それなりに改善されていることでしょう。


明日7月15日(土)からエントリー開始です。


大垣近辺にお住まいのかたは、ぜひ!


エントリーにはRUNNETが、便利です。



あっぷりへんしょん ~年に4回のマラソン参加~


2月の東京マラソン(フル)

4月の清流マラソン(ハーフ)

11月のいびがわマラソン(ハーフ)

12月のおおがきマラソン(ハーフ)


酷暑の時期を避けて、フル1回/ハーフ3回。


たるまず、消耗しすぎず、ちょうどいいインターバルじゃないでしょうか。


今からワクワクしてます。


生涯、こうやってワクワクできるといいですね。