あっぷりノート

あっぷりノート

大きなお世話を、小さなお世話に。

#4 名水 大手いこ井の泉緑地 │ 湧き水ジョギング

f:id:you_key69:20170225201526j:plain


ジョギングで自噴水を詣でてきました。


どうぞ。


#4 名水 大手いこ井の泉緑地

それは大垣共立銀行のおひざ元、OKBストリートの一角にあった。


OKBとはもちろん、OOGAKI KYOURITSU BANKの略称である。


“いこ井”は「憩い」とかかっているのだろう。


f:id:you_key69:20170226071623j:plain


ベンチも用意されており、OKBストリートでつかれた足をやすめることができる。


f:id:you_key69:20170226071919j:plain


緑地というほど緑が生い茂っているわけではないが、鯉が棲んでいたりと、まあ局地的に緑化が推進されているようにみてとれる。


f:id:you_key69:20170226074356j:plain


自噴水はこれ。


f:id:you_key69:20170226074419j:plain


と、あとこれもそうなのかな?


f:id:you_key69:20170226074438j:plain


自宅からちょうど往復10kmで、ちょうどいい距離でした。


f:id:you_key69:20170226074907j:plain


(了)

【DIY】チャンネルサポート(棚柱)で本棚をつくる #4

f:id:you_key69:20170224215040j:plain


今回は棚板の選定です!


どうぞ。


棚板をゆがみにくくすには?

棚板にふさわしい素材というのを、ずーっと探しつづけていた。


というのも、本棚の棚板ってしばらく使っていると、重みでゆがんでしまう。


以前うちでつかっていた本棚には厚さ10mm程度の化粧板がつかわれていたが、600mm程度の幅だったのに見事にゆがんだ。


5年くらい使ってたのかな。


その経験から、棚板がゆがむのを回避するには4つの方法があるとおもっている。


・棚板の幅を短くする
・棚板にのせる本を減らす
・棚板の厚さを増やす
・棚板をゆがみにくい素材にする


そしてそれぞれ、できる/できないがある。


その中から現実的な手段をえらぶしかない。



現実的な策は?

今回、棚板の幅は壁下地の幅に依存してしまうので、幅はせばめれない。


壁下地の幅にあわせて835~840mmの幅ですでにチャンネルサポート(棚柱)をとりつけ済みである。


では、乗せられる本の数は?


減らせる!


というより減らしたかった。


以前の棚板は、前後に本が収納できるように奥行が300mmほどあった。


だから前列に文庫本、後列に単行本というような置き方ができた。


できたんだけれど、そのせいでたくさんの本を乗せることとなってしまい、結果的に棚板がゆがんでしまったのだ。


だから今回は本は1列しか並べられないようにしたい。


200mm以下にしたい。


何よりその方が奥行を多くとらないので、圧迫感もないし部屋も広く使えるのである。


加えて棚板も厚くしたいと思っていた。


感覚的にだが、20mmくらいはほしい。


20mmあれば、なんとなくしっかりした棚板だなという印象があった。


これはもう直感的なものなので、根拠はない。


で、最後に。強そうな素材であること。


調べればもちろん、タモだったりウォールナットだったりと強そうな素材はたくさんみつかる。


でも、いかんせん、お値段がはるし、そもそも棚板自体が重いのだ。


棚板が重いとどうなるかというと、それを支えるブラケットだったり、チャンネルサポート(棚柱)が耐えられなくなり、最悪の場合、柱ごと崩れおちる。


ただでさえ本が重いのに、棚板も重いのではさすがのチャンネルサポートもサポートしきれないかもしれない。


そのあともまだまだ紆余曲折あったが、(話すと長くなるのでいっきに割愛するが)結果的におちついたのは「SPF」である。


SPFとは

SPFとは、Spruce(エゾ松)・Pine(松)・Fir(モミ)のことで、要するに松の仲間である。


SPFの何がいいって、手軽にホームセンターで手に入ることである。


また、SPF材はやわらかく、加工しやすいのでDIYにはもってこいである。


その反面、腐りやすく反りやすかったり白蟻に侵されやすかったりと欠点も多いようであるが、それは屋外利用での話


乾燥した屋内では、そこまで神経質になるほどではない(ようである)。


そして、ワンバイエイト(1 × 8)材なら、規格も決まっているので幅だけカットすればいい


ワンバイエイトなら奥行は184mm、厚さは19mmと決まっているので、あとは幅を好きなように調節すればいいだけである。


理想の本棚にはちょうどいいサイズ感である。


当初はネットで注文して指定のサイズにカットして、あわよくば塗装なんかもしてくれたりするサイトに頼もうかと企んでいたのに、ぜんぜん見当たらないのだ。


だからもう自分の足で買いにいってしまおうと、ホームセンターの在庫を買い占めたのである。


といっても6フィートが2本と、3フィートが1本しかなかったが。


f:id:you_key69:20170224215040j:plain



すみません。こだわりポイントだったのでつい長々と話してしまいました。


続きは次回!


棚板を切り出していきます。

木材をまっすぐ切るには?コツと道具とサービスを紹介します

f:id:you_key69:20170222212443j:plain


いえに余っていたツーバイフォーの木材をつかって日曜大工をしようとこころみた。


f:id:you_key69:20170217130635j:plain


余った端材をつかって ── とか、やり手っぽくてカッコいいだろう。


冷蔵庫にある食材だけで一皿分つくってしまうカリスマ主婦っぽい。


ただ、憧れるのは勝手だが、現実はそう甘くないというお話です。


どうぞ。


ノコギリで切った結果

知識もないうえにスキルがないと、こうなるという悪い例です。


ツーバイフォー材を4等分にしようと、線をひいてノコギリで切ったところ…


f:id:you_key69:20170217130607j:plain


断面が荒々しくなってしまったのだ。


にもかかわらず、とくに対策を講じずに組み上げたところ、


f:id:you_key69:20170219201753j:plain


なんか、ゆがんでしまった。


では、どうすればよかったのか?


その後、しらべてみると切り方のコツや道具がいろいろとあったようなので、紹介したい。


(1)木材をまっすぐに切るコツ

まず、手っとり早くスキルアップする方法。

・4つの面に線をいれる
・しっかり固定する
・自分の目の真下で切る
・1つの面だけでなく、4つの面にそれぞれ切り込みをいれる
・ギーコギーコとノコギリの刃全体をつかって切る

こうするだけでも違うらしい。

道具を買い足したりしなくていいのだ、すぐに試したい。

もし手元にあるなら直角定規をあてがって切ると、より直線に切りやすい。


(2)ノコギリをサポートする道具

世の中には便利な道具があって、たとえば ──

ツーバイフォー材なら、いろんな角度で直線に切れるマイスターボックスという便利グッズがある。

SK11(エスケー11) マイターボックス 2×4材用 鋸切断ガイド

SK11(エスケー11) マイターボックス 2×4材用 鋸切断ガイド

意外と安い。

あと、ソーガイドというものもある。

Z ソーガイド鋸セット 30105

Z ソーガイド鋸セット 30105

ただし、ガイドの溝に多少の“遊び”があるため、完全な直線とはいかないみたいである。


(3)速くてキレイ。だけど危険な「丸ノコ」

直線をカットする道具としては素人でもおもいつく丸ノコ

マキタ 電気マルノコ 190mm M585

マキタ 電気マルノコ 190mm M585

その精度や威力はバツグンらしいが、調べれば調べるほど危険な道具のようななので、素人は手をださないほうが賢明である、という結論にいたった。


(4)直線向きじゃないが便利な「ジグソー」

ノコギリの次のステップとしてジグソーが妥当かもしれない。

マキタ ジグソー JV0600K

マキタ ジグソー JV0600K

何せノコギリが電動になったようなものだからだ。


直線に切れるというよりも、“切る”という行為をジグソーにまかせ、“直線にする”ということに集中できるのが、ジグソーの良いところだとおもう。


ただ、この間ホームセンターで物色してみたが、ジグソーは図体がデカいのと値がはるので、直感的に「ほしい!」とは思えなかったが。


あっぷりへんしょん ~まずはコツを習得するだけでいい~

(1)のまっすぐに切るコツを仕入れてから、先週末はひたすら木材を切っていた。


すると人間は成長するもので、3, 4枚切ってるうちにだいぶ上達した気がする。


f:id:you_key69:20170222212244j:plain


ただ、これからの日曜大工計画として、木をのこり17回切らなければならない。


そうなってくると今度は人力じゃあツラいとおもうのだ。そんなときは…


そうだ!


ホームセンターのカットサービスにたよろう。


それがいちばん確実な気がする。

【経験則】花粉症を軽減させたいなら、外に出てかるく運動してみなさい

f:id:you_key69:20170220213256j:plain


今年も花粉症にもてあそばれています。


いちばんひどかったとは思春期のころだった気がする。


でも、そんなとき唯一、症状が軽くなるときがあった。


部活をしていたときである。



運動をしているあいだは鼻がとおる

小中高とサッカー部だった。


花粉の時期でも、サッカーをやってるあいだだけは不思議と症状がかるくなった。


防衛本能というのかホメオスタシスというのかわからないが、さすがに運動をしていて息ができないという状態にはさせないらしい。


それはランニングもいっしょで、走ってるあいだだけは鼻がとおるし、くしゃみも出ないのだ。


昨年のランニングでも何となく気にはなっていたが、今年のランニングでそれは確信にかわった。


鼻づまりやくしゃみに悩まされている貴殿・貴女。


花粉をあびないように室内にこもるのもいいけど、だまされたとおもって外に出てかるくジョギングでもしてみてください


意外とスッキリするかもしれませんよ?

【DIY】チャンネルサポート(棚柱)で本棚をつくる #3

f:id:you_key69:20170219201122j:plain


下地、石膏ボード、チャンネルサポートの奥行をしらべ、最適なビス(ネジ)の長さも確認した。


では次に大事なのは?


水平・垂直を測る

本棚にするためには、チャンネルサポートは地面に対して垂直でなければならない。


なので、いちばん上だけ軽くビス止めして、水平器ではかる。


f:id:you_key69:20170219201055j:plain


垂直の位置を確認したら、上から2番目のネジ穴もビス止めしておく。


2つ目のビスさえ留めてしまえば、もうブレることはない。


ここまでは簡単である。


むずかしいのはこの次である。


棚は地面に対して水平につけなければならない。


だから対になるチャンネルサポートは完全に平行でなければならないのだ。


よって、すでに取りつけたチャンネルサポートと同じ高さにもう片方も取りつけ、同じように水平器ではかっておく。


で、ここで余裕があれば、ブラケットを取りつけて棚をわたしてみて、水平かどうかも測っておくとよい。


f:id:you_key69:20170219201122j:plain


まだ、この時点なら取り返しがつくからだ。


で、同じ手順でチャンネルサポートを3本とりつけた。


f:id:you_key69:20170219201212j:plain


次からいよいよ棚板の取りつけである。


(続く)

#23 俵町薬木広場 | 湧き水ジョギング

行くまえは期待に胸をふくらませ、いざ着いたらこんなものかとガッカリする ──


ランニングをしていると、こういうこと、よくある。


景観遺産めぐりなんかでは、そんなことしょっちゅうあった。


今回、湧き水ジョギングでもそんなスポットに出くわしたので紹介したい。


どうぞ。


#23 俵町薬木広場

その湧き水は自宅からちょうど5kmほどにあった。


f:id:you_key69:20170219011403j:plain

▲片道5kmの距離だと、往復で1時間程度で帰ってこれるのでちょうどいいです



かつて江戸の時代に、飯沼慾斎(いいぬまよくさい)という薬草にくわしい学者が大垣にすんでいたという縁で整備された公園らしい。


f:id:you_key69:20170219012207j:plain



そこにたたずんでいたのが、この井戸だ ──



f:id:you_key69:20170219012145j:plain

?!


湧いてないじゃないか。


前日の雨水がたまってにごっているだけじゃないか。


どうもおかしいとおもった。


湧き水マップに「自噴」のアイコンがついていなかったのである。


f:id:you_key69:20170219012308j:plain


自噴じゃないから恣意的に噴水を止められると、こういうことになってしまうのだろう。


自噴マークがついていない湧き水(そもそも湧き水と呼ぶべきなのか?)をめぐるときは要注意である。


ちなみにその薬木広場に井戸がおかれた理由は不明であった。


(了)

【エッセイ】通販カタログ │ 語感とニュアンスのあいだ

ブログの棚卸をしていたら、自分でもつくったことを忘れていたブログに行き当たった。


たしかにかつては渾身のネタだとおもい、備忘のために書きためていたエッセイだか、今ここに満を持して紹介したい。

ブログ「あちゅぺディア」

詳細はここを参考されたいが、要はぼくの妻の“迷”言集である。


あちゅpedia


雰囲気で意味はわかるけど、厳密にはちがうからね、という微妙なラインをついてくる言葉たち。


4年ほど前の文章なのでやや拙いが、それでもクスッと笑えてしまうエピソードがいくつかあった。


今回はそのなかから名作のひとつを(一部加筆・修正して)以下に紹介したい。


【あちゅぺディア】通販カタログ

f:id:you_key69:20170215231457j:plain


私は仕事柄、夜分遅く帰宅するケースが少なくない。そんな折には当然夫婦別々で夕食をとることになる。さすがに新婚で孤食は寂しそうと察知してくれた優しい妻は、食事をとらないまでも私の晩餐に付き合ってくれる…缶ビール片手に。

あの夜も例に洩れず、私がテーブルの傍らでまさに夕食をたいらげようとしており、その向かいで妻が通販カタログのDィノスを眺めていた。新生活が始まって以来、一緒に家具を買い揃える休日が合わない我々夫婦にとって、通販カタログは貴重な情報源の一であるのだ。

食卓を彩るディナーを前に私がイスに腰を据え、「いただきます」を云おうかと一呼吸おいた刹那。カタログを手にしていた妻が、沈黙を破るかの如く、闇をつんざくかの如く、急転直下に「まんぼぅ!」といなないた。

「まんぼぅ?」長年の付き合いだ、私には察知できた。雑誌できっと掃除機コーナーでも見ていたのだろう。───妻よ、それはきっと「マンボ」じゃなくて『ルンバ』だ。


(了)